FutosiSaito

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのFutosiSaitoのレビュー・感想・評価

3.9
 いくつ感想を読んでも、また発見があり、いつくもの解釈を生む映画。
 それが、いい作品だ。そうやって、何度も味わえるからだ。
 主人公はエキセントリックに描かれているが、それはフィクションだからだ。程度の差はあれ、人はだれかを失うと混乱する。
 ジェイク=ギレンホールはこんな役をやらせたら本当に巧い。
 また、この映画には比喩も多い。
 壊れた心を表わす、解体。その逆の再生を表わすものなど。
 そして、そういうことを描ける監督は、何かを失ったり、心が傷ついた人々の気持ちがよくわかっているのだろう。
 役者もみな派手には演じていないし、ありがちな「叫ぶ」演技もしていないが、それがしみじみとした感動を生む。
 味わい深い。