esew

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのesewのレビュー・感想・評価

2.5
2018.05.17.

伏線とかメタファーを張り巡らそうとしてるのはわかったけど、うまく表現しきれてない感じがした。

主人公の主観から物語が描かれるけど、主人公自体が変調をきたしていき常識通りの予測が立たなくなるのにそれでも主人公主観が一貫してるので流れが漠としてしかわからず見ててきつい。つまり退屈する。

ここ数年こういう映画的な映画を見る本数が減ったので、映像表現を通した物語に対する自分の理解力が落ちただけかもしれないけど笑

浮気がしたほうじゃなく、されたほうの問題のウェートがかなりデカいと捉えるのは面白いなぁと思った。