risao

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うのrisaoのレビュー・感想・評価

3.8
主人公に共感出来ないまま最後まで進むけど、最後に原題と全く違う邦題の意図することがわかった瞬間、はっっっっとした。
失ってから大切なものに気付くなんて悲しい避けたいけど、作中で気づいて得るものがあったから、失うことが全て悪いわけじゃないのかもしれないと思った。当たり前の幸せについて考え直された作品。なんか台風19号の後のタイミングに見れてよかったです。