雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

じろう

じろうの感想・評価

3.2
飛行機にて。3分の2は正直つまらなかったがジェイクがマセ坊主と仲良くなるとこらへんから徐々にギアが上がっていく感じ。エンディング頃にはもしかしたらものすごく深い映画なのでは?とハテナがつくところで終了。demolition=解体
エモ

エモの感想・評価

3.7
最後の回想シーンで一気にジーンと心にきました。
主人公程ではないですが破滅欲に僕もかられたことがありました。
自分が人生のレールから転落しそうな時に出会う人々に救われたなと自分に重ねて思いました。
ほんとうの自分と向き合うのに、答えはないんだなと強く思いました。
azusa

azusaの感想・評価

3.4
空気感がすごく好き。

人は皆完璧じゃないから愛おしい。

静かに始まり静かに終わったけどすごい残る。
まる

まるの感想・評価

4.1
タイトルにもなっている妻からの付箋の意味が理解できなかったけど、理解すると、彼女のせつない愛情を強く感じました。
深い映画だなと思います。
ピュアにフラットに考えたり、感じたりできる人で、きっとそこに惹かれたんだろうとも、妻に共感もしました。
時間はかかったけど、したいことが見つけ出せてよかったなと思いました。
yu

yuの感想・評価

3.7
デイヴィスとクリスのやりとりが印象に残る。年齢は離れてるけど、くすぶっている2人が協力して色々ぶっ壊していくところがよかった。

デイヴィスの感覚、自分も大切な人無くしてからじゃないとわからんやろうなあと思った。ただ、向き合いきれてなくて実感がわかへんけど、ふとした何かでぶわっと溢れる感じはめっちゃわかる。

奥さんに結局同情しきらん部分があったから上手く感情移入できず。あのメモを残すのになんでそんなことしてんっていうツッコミが止められませんね。
そうせざるを得なかった、という感じはなんかわかる。

車のサンバイザーの件、いい。
nancy

nancyの感想・評価

3.6
それは、突然訪れた妻の死。
悲しみに暮れる…こともなく、その時、初めて彼女を愛していなかったことを認める。
人を愛し、支えること…
それが夫婦であり、家族であるのかもしれない、
しかし、それだけではない。
それならば、形だけの「結婚」をトコトン破壊する。
結婚だけでなく、それまでの自分自身も。
何度だってやり直せる、命ある限り。
雨の日は屋内、晴れた日は屋外で遊ぶ
>|