雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

え

えの感想・評価

3.9
当たり前であったものを突然失っても、失ったという事実をきっと理解していなくて、涙なんか出なくて
それでも知りたくて、なぜ涙が流れないのか、本当に愛していたのか、なぜ、、
人間には本能的に破壊衝動があると聞いたことがあるが、デイヴィスは大切な人の突然の喪失によって、そうした疑問の探求のために、あらゆる方向に破壊衝動があらわになったようだった
狂ったように見えるけど、自分では気付かなくても誰しもああいう部分を秘めているはずで
私はデイヴィスに寄り添って観ることができたが、きっと人によって違うんだろうな、そんな映画は良い

音楽の使われ方や画の切り取り方も好き
子役の子もよかった、気になる
邦題は引っかかる
kyuki

kyukiの感想・評価

4.5
言い方が難しいが、主人公の行動には共感を持てた。悲しい内容?だけど前向きな気持ちが持てる映画だと思った。
mnm

mnmの感想・評価

3.7
去年見逃したからWOWOWで。

理屈じゃなくて、なんだかどうしようもなくなってしまう感情のときって、生きてるとあるよねって思った
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
悲しいすれ違い。心にゆとりを持って生きたい。
なんか印象に残らん浅い映画?って感じ
やばすぎる。
解体のところあたりはちょっとやりすぎじゃね?って思うけど気分がいい
見終わってから邦題をしみじみと噛みしめる…
7N3

7N3の感想・評価

3.7
靄がかかったような頭の中とは裏腹に朝はまた来て、淡々と過ぎる時間に順応していく自分を不気味におもう。
わたしにも死んだ大切な人が居るけど、もう正にそんなかんじだった。

本当に「かなしく」ないなら、分解する気にもならないし、壊したいなんて思わないよ。
喜ぶ方法や愛する方法と同じで、かなしむ方法が人それぞれなだけだし、自分でもそれを「悲しみ」だと認識出来ないときがあるよ。

付箋でそれに気づいたんだね。
よかったね。
かの

かのの感想・評価

3.7
よく分かんなかった。
ただ、心に沁みる映画ではあった。
何が?と聞かれれば、分からない。
ただ、何かが沁みた。

言葉で愛していないと言いつつ、壊れていく主人公。
夫婦って難しい。
恋人とは、180度違うものだなと思った。

「夫婦として、愛を疎かにしていた。」

改めて、私も恋人との愛を疎かにしてないかなって考えた昨日、とにかく抱きました。
それだけでも、よかったのかなと思います。
>|