雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

え

えの感想・評価

3.9
当たり前であったものを突然失っても、失ったという事実をきっと理解していなくて、涙なんか出なくて
それでも知りたくて、なぜ涙が流れないのか、本当に愛していたのか、なぜ、、
人間には本能的に破壊衝動があると聞いたことがあるが、デイヴィスは大切な人の突然の喪失によって、そうした疑問の探求のために、あらゆる方向に破壊衝動があらわになったようだった
狂ったように見えるけど、自分では気付かなくても誰しもああいう部分を秘めているはずで
私はデイヴィスに寄り添って観ることができたが、きっと人によって違うんだろうな、そんな映画は良い

音楽の使われ方や画の切り取り方も好き
子役の子もよかった、気になる
邦題は引っかかる
ほぼ初めてインディーズ系の映画を観た。ストーリーが凝ってて、心にくるものがあった。自分と向き合い、周囲の人と真剣に向き合おうと思った作品でした。
makowonk

makowonkの感想・評価

5.0
良き マンチェスター・バイ・ザ・シーより全然
なんだろうね、スゲー良かったよ。

ジェイク・ギレンホールのナイト・クローラーでのゲスキャラ・イメージがやっとなくなったというか、薄らいで、それでお試ししたらね、スゲー良かった。
スゲーよジェイク。

どこかぶっちぎれているというか、危うい、でも悲しいぜみたいな表情が、もう、切ない。
消化不良です!って空気感が醸しに醸し出されている。
でもなんつーか、悲壮っていうよりも、ブランクというか、白紙な感じ。
何考えてるかわからない演技ホントうまいな。

愛して止まないファイトクラブのノリで、これはエドワード・ノートンの方が合ってたんじゃないのー?とかも思ったけど、それじゃまんまファイトクラブだもんね 苦笑
あのナオミ・ワッツとの距離感は出せなかった気がする。
ジェイクでよかったよ、ありがとうジェイク。

男女の距離感とか、彼女の息子との友情や、全部含めてとても平和な物語だと思いました。
なんだろね。
悲惨なんだけど淡々としているというか、どっか平和なんだよね。

「幸せってなんだ!!!?これでいいんか!?」っていう大層な問いかけ方でもなく、なんつーか、「こんな考え方もありなんじゃないすかね?」くらいのテンションで、そっと机の上に書き置きしといてくれるみたいな、そんな作品でした。

好きだ。

あ、ニホンザルはあくまでニホンザルとしか思えなくて、ちょっとなんつーか、何を言いたいのかはよくわかりませなんだ。
あれ、たぶん温泉だしね 笑
…ほっこりするわ!
変な日本描写挟むのやめてけろ 笑
千秋

千秋の感想・評価

4.0
最近考えてることとリンクしていたので
寄り添ってくれる映画だった。
繊細な感情に振り回されるくらいなら
閉ざしてしまいたい、けど悪いことだけじゃないんだよなぁ。
ジェイクギレンホールは物ぶっ壊すのが似合う俳優だと思った。
お話は畳み方自体はあんまり好きじゃなかったけどそれ以外は好み。フラッシュバックみたいな編集も好きだった。
ちょっと主人公の自由さ羨ましい。
>|