雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.8

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

え

えの感想・評価

3.9
当たり前であったものを突然失っても、失ったという事実をきっと理解していなくて、涙なんか出なくて
それでも知りたくて、なぜ涙が流れないのか、本当に愛していたのか、なぜ、、
人間には本能的に破壊衝動があると聞いたことがあるが、デイヴィスは大切な人の突然の喪失によって、そうした疑問の探求のために、あらゆる方向に破壊衝動があらわになったようだった
狂ったように見えるけど、自分では気付かなくても誰しもああいう部分を秘めているはずで
私はデイヴィスに寄り添って観ることができたが、きっと人によって違うんだろうな、そんな映画は良い

音楽の使われ方や画の切り取り方も好き
子役の子もよかった、気になる
邦題は引っかかる
nao

naoの感想・評価

-
年が若いからかなー、まだ心情が理解できなかったな。また見返したいな
KUNI

KUNIの感想・評価

2.7
2017-132
たいした内容じゃない割に高評価過ぎ。
ジェイクギレンホールにこういう何考えてるか分からない役は凄くぴったりだと思うけど。
今の気分じゃなかったということにしとこ。

このレビューはネタバレを含みます

正直、あまり面白くないと思った。
主人公自身に、妻がなくなったのにも関わらず、悲しめないという葛藤はあったのだと思うが、それを自発的に意志を持って、解決しようとしたわけではない。

破壊的衝動がわいてくるというのも、気持ちとして分からなくはないものの、なんでそんなに?って思う。
刹那的な快楽に流されているように感じ。

やはり絶望的な状況に立ちあわせたり、自分自身の決断や努力をする場面がないと微妙だよなぁ。
yuya

yuyaの感想・評価

4.3
ジェイク・ギレンホール最高
hsmt

hsmtの感想・評価

-
公開時に行けず楽しみにしていました。
妻が亡くなっても哀しみがない主人公は、序盤から「永い言い訳」を彷彿とさせられました。
ジェイクギレンホール、ナオミワッツの表現力が後半にかけてグッときますね。
サントラも最高でオススメしたい映画です。
y

yの感想・評価

3.8
メタファーっぽいのがたくさん出てきたけど全部理解しきれなかった感

ジェイク・ギレンホールの演技素晴らしい
Yuta

Yutaの感想・評価

4.5
最後に壊れてわかった、妻への自分の感情。素敵じゃないですか。
あおい

あおいの感想・評価

4.5
めっちゃ泣けるわけではないけど、
ラストシーンは感動しました。
ちょっと難しい内容だけど
個人的にはすごく好きな雰囲気でした。
再生する過程が人間らしくていいです。
kimu

kimuの感想・評価

3.4
事故で妻を亡くして妻の大事さや物事を理解していく内容と手紙からのストーリーは飽きなく見れたけど、妻の最後の表情を見て本当に事故なのかとどうしても疑ってしまう……
確かに自殺だったら全然辻褄が合わない事はわかるけど気持ち的にはどうなんだろうと思う。
あの表情は中々見れないワンシーンでした。
>|