雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

え

えの感想・評価

3.9
当たり前であったものを突然失っても、失ったという事実をきっと理解していなくて、涙なんか出なくて
それでも知りたくて、なぜ涙が流れないのか、本当に愛していたのか、なぜ、、
人間には本能的に破壊衝動があると聞いたことがあるが、デイヴィスは大切な人の突然の喪失によって、そうした疑問の探求のために、あらゆる方向に破壊衝動があらわになったようだった
狂ったように見えるけど、自分では気付かなくても誰しもああいう部分を秘めているはずで
私はデイヴィスに寄り添って観ることができたが、きっと人によって違うんだろうな、そんな映画は良い

音楽の使われ方や画の切り取り方も好き
子役の子もよかった、気になる
邦題は引っかかる
あんな

あんなの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

* 記録用 *





ちょっと難しかった。

奥さんが亡くなっても泣けないでいる姿。
結婚生活を破壊していく姿。


やっと泣けた時の姿。


どれも人間らしいなぁって思った。
どれも観てて苦しくなった。


そして人は人によって変われるし
変わっていけるんだろうなぁって思った。

またちゃんと歩きだせるんだって思った。
Kazuchika

Kazuchikaの感想・評価

4.1
普段当たり前になってるものや、なんの違和感も感じないことが突然無くなったり、変わったりすると、それをキッカケに今まで気づかなかった新しいことに気づくように。興味が湧いてくる。もっと知りたい確かめてみたいって思うようになる。
映画ではいろんなものを破壊していきながら、今あるものを0にして、忘れていた好奇心に身を任せて新しいものを見つけようとする。
そして、ふとした時に無くしたもの失ったものに気づく。それが自分にとってどういう存在だったかを知る。
それが全て詰まった、タイトルにもなってるあのシーンを観た瞬間は考えさせられるものがあった。全体的に儚く進むストーリーとも相まってのラスト。なんとも美しい映画だった。
Techno9012

Techno9012の感想・評価

3.8
フランス映画的
#時間のある時記録
TeoDAce

TeoDAceの感想・評価

2.9
えっ、こんなん嫌だ!俺には難し過ぎたんか?もっとハッキリさせても良かったんちゃう??最後の終わりまでの展開について行けかった。終わった後、嫌やーってなってしもうたやん…
chikichiki

chikichikiの感想・評価

3.0
なんだか、いい映画な気もするけど
いまいちよくわからない映画だった。
破壊シーンはすごく気持ちがスッキリしたけど
途中結構飽きてしまった。
しお

しおの感想・評価

3.2
最後のワンシーンのための映画ということで
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」
劇場で見逃しBD買って鑑賞したが何故こんな邦題になったのか疑問だったが本編を観たら解決した。テーマの発想が風変わりで今までに無いドラマ性が有り破壊で感情を出し自分を見つめ葛藤し現状を変えようとする男の描き方にユーモアがあって魅力ある作品だ
trueyou

trueyouの感想・評価

2.8
最後は良かったけど、中盤は全く共感できない。というかあれで何が伝えたいのか理解出来ない。
ジェイクギレンホールはこんな役ばっか。
妻が死ぬ系なら"永い言い訳"の圧勝
ファック‼︎
>|