雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

妻が亡くなっても涙が出ないディヴィスが、心の整理をつけようと破壊、解体を繰り返した先で見つけた妻からの愛の証跡。
「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」
詩的で、眺めていて心地よい感じの映画でした。

が…

本当に無粋な感想かもしれないけれど、自分は主人公の気持ちに全く共感出来なかった(T_T)
FM

FMの感想・評価

4.0
失ってから気付くことって多いですよね。
Kirocu

Kirocuの感想・評価

2.0
邦題につられて観てみたけど、特になにも感じなかった。
wowowの番組最後の説明を聞いて、タイトルの付箋の意味は分かったけど、ほんで?って感じ。
最後あたりでいろいろ起こるけど、これもどう思ったらいいのかわからなかった。そもそもわき見運転しちゃダメ。
機械ものを分解したくなるのはよく分かる(直した後必ず部品が2~3個余ったりする)。共感したのはこのくらい。
アクションでもないのに、そんなに画面を揺らさないで
(+_+;)
タイトルに惹かれて鑑賞。

ボーッとしてたのか、あんまり内容が頭には入ってこなかったんだけど、ひたすら破壊するところが印象的。

人に関心を持つってことが、私にとっては当たり前なんだけど、それが当たり前でない人もいるんだなぁ、と。

それを当たり前だと思えてるからこそ、もっと大事にしたいね。
まるこ

まるこの感想・評価

3.7
最後の言葉は忘れられないな
人は多かれ少なかれ
秘め事を持って生きている
全てを曝け出す必要なんて無いし
する必要もない
知らずにすめばいい事だってある

観賞後、うまく言葉に出来ないが
すっきりしない、もやっとした
切ない感情になった

もっとシンプルに生きられたら
どんなに楽だろうか

夫婦ってなんだろうなぁ
dkdkhps

dkdkhpsの感想・評価

4.1
壊し尽くして行き着いた
starstars

starstarsの感想・評価

4.3
ただただ深い