雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

のーみ

のーみの感想・評価

3.9
妻の死に対して悲しむことができない夫。アメリカ版「永い言い訳」かな?
壊れたものは一度分解して組み立てなおすこと、そう義父に教えられたデイヴィスは次々と周りのものを破壊していく。直し方も分からないのに。そんな彼の行動にすごくやるせなさを感じた。

最後にタイトルの意味が分かると書かれていたけど私には理解できなかった。解説サイトで理解できたけど、初見で気付ける人すごい。

流れは淡々としているけど、色々考えながら観れてすごく良かった。
kogacola

kogacolaの感想・評価

4.0
登場人物少なくて観やすくて個人的には好きな映画。が、邦題はありえない。
その言葉は劇中でも1つのポイント。しょうもないネタバレ。この邦題だと映画が別のに感じる。原題がしっくりくるし、中身はけっこうイカれてる。
分解して組み立て直す。もうこのままいきすぎたらバラバラ殺人でも起こしそうな、、ギリギリそこまではいかず、カウンセリングじゃないけど、カウンセリングになって立ち直りましたと。
真夕

真夕の感想・評価

3.8
あー最悪だ
ルイ

ルイの感想・評価

3.0
9/22 demolition

やもめ、孤児、fuck、クレイジーフォー・ユー、見てたけど気に留めなかった。
破壊と再生。理解は出来なくもないけど・・・・ハマれない作品だった。Demolitionがなぜ「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」なんて詩的なタイトルになったのだろう?ジェイクギレンホールが途中ナイトクローラーの彼に被って観えなくもなかった。

直ぐに他の女に手を出して、その息子と仲良く妻と一緒に暮らした家を壊す?やはり殆ど共感は出来ない。その息子があんな状態の男に懐くかな?しかし観どころはその息子と主人公のコンビネーションの良さのような気がした。一体どこに共感すればいいのだろうか。
たくや

たくやの感想・評価

3.1
破壊と組み立て直し。

爽快なシーンがありながらも、終始考えてないといかんので疲れた。

こういう表現をより深く理解できるようになりたい
rob

robの感想・評価

-
2018/09/17

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」
このタイトルに惹かれて鑑賞。

今まで当たり前のように側にいた妻が亡くなるが、一滴の涙も出ず、自分は妻を愛していなかったと結論付ける主人公デイヴィス。そこから何かが少しずつ壊れていき、そして少しずつ再生へと向かうお話。

本当に辛くなった時、感情などでは到底表現できず、心が先に壊れてしまったりすることもあるのかなと…あまりに唐突過ぎて現実味もないかもしれない。
そういったデイヴィスの虚しさや葛藤が、表情や言動によく表れていたのでデイヴィスの奇行を見る度どこか辛くなった。

想像していた内容と全く違い、難解な印象を受けましたが、「あ、いいな」と漠然と思える作品でした。
ラストでやっと分かるタイトルの意味も秀逸。良し悪しは別として、こういう回収の仕方は洒落ていて好きです。
じんとくる。
もも

ももの感想・評価

3.7
最後に分かる邦題の意味にジーンと来た。
yamato

yamatoの感想・評価

2.5
妻の運転する車が事故で夫だけ無傷で助かる。夫は壊れ色々と破壊しだす。意味が分からず観て最後に色々と解かれていくけど…私には難しかった。終わった後は色々と考えさせられる映画だけど感動してた。