雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

mei

meiの感想・評価

3.9
タイトルを見たときから、ずっと気になってた映画。

自分の心との向き合い方、自分なりの再生の仕方、見てるのが苦しすぎたけど、たくさん考えさせられる作品でした。

クリスが、デイヴィスの口角を上げて「こうだよ」って言うシーンが心に残ってる。
海岸のメリーゴーランド、いい画。
どんな気持ちで観たらええねん!笑
て感じの映画。
やけど全体の雰囲気は好き。

メモどっから出てきたねん!思うけど、考察見てそーゆーことね、と理解。

自分の大切な人が死んだ時、僕はどんな感情を表すのかなあ。

自分以外の人間が死んでも、自分の人生は続いていく。むずいいい。

この邦題はまあまあ好き。
Maiko

Maikoの感想・評価

3.6
アメリカ映画には珍しい空気感。
あまりハマらなかったなあ、、、理解が足りないのかしら

このレビューはネタバレを含みます

最高。100点。
愛することを疎かにしてしまったから。
これは合わんやったなー。
結局妻のことを最後は愛しとったんか?
Miyu

Miyuの感想・評価

3.7
大きすぎるものを失ったとき、誰もが必ずしも同じようにショックを受けるとは限らない。

毎日泣いて、泣き腫らして、分かりやすく落ち込むわけではない。

「その時」が訪れて、初めて全てに向き合うことができた。
ああ、すごい良い。染み渡るこの感じ、下流に漂う感情。