雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

見終わったあと「???」ってなったので解説を読んでみたけど「ん〜〜・・・」ってなりましたww理解するには、もう少し人生経験が必要ですね。
かめら

かめらの感想・評価

3.5
わからなくなると破壊したくなる気持ちよくわかるけど、ここまで自由に振る舞える人間いるのだろうか。
megumi

megumiの感想・評価

3.8
失ってから実は愛がなかったんじゃないかって考えて、もう一段階(ある意味)失ってから本当の気持ちに気付く
それじゃおそいよね、でもそういうもんなんかな。
微妙に狂ったジェイクギレンホールが見れます。とても良い。子役の子もめっちゃ綺麗だった!
あと、カメラがゆらゆらするのがたまに気になる。
ぷよ

ぷよの感想・評価

-
余計なことに気を取られて本編が頭に入って来ないことがある。
まさにこの映画がそれで、ガールフレンドの家にいきなりジェイク・ギレンホールみたいなのがきたら嫌だろ!「マディソン郡の橋」のクリント・イーストウッドみたいな感じで。
そりゃ冴えない彼氏(夫)なんか、いい人だけど愛せないみたいになりますわ!
接客業をしているので、あんな長文の感想(クレーム?)、よっぽど好みじゃない限りあーはいはいで終わるよ。

子役の子がすごいかわいいし、他の役者さんも好きだけど苦手な映画でした。
あめり

あめりの感想・評価

3.5
結構難しい話だったなあ。自分も結婚したら見方が変わるかも。ラストに余韻が残る感じは嫌いではない。人それぞれ解釈が違いそうだから、他の人の解釈も聞いてみたい。
ジェイクギレンホールが役柄にぴったりだった。孤独な男みたいな役似合いすぎる。エンドロールの曲も良かったです。
もざん

もざんの感想・評価

3.0
ごめんわかんないわw
はま

はまの感想・評価

3.5
《W杯決勝2日前に書いてたレビューです。他にも観たんですが しばらく何も書く気になれないので他のはスコアだけ付けます。すみません。》



こんなに長い間映画を観れなかったのは何年ぶりか… 激務・豪雨・そして一番はW杯(⌒▽⌒)←
ゴーゴークロアチア!!!!!!!!!


ということで映画を見るのが久しぶりすぎて少し見方が下手くそになってしまった(?)ような気がしてるんですが、それでもなかなか面白かったです。
全然感情的な部分理解できてないかもしれないけど…

妻を交通事故で亡くしてしまった男性の、内側から湧き上がる衝動。原題もそのまま『デモリッション(解体・破壊)』

「妻を亡くした悲しみを全く感じていない」と感じる彼が取る奇行の数々は、最初こそ理解しがたいものではあったけど、始まり方として面白いなぁと思いました。
苦情の手紙から始まるお話とは…

公開時に予告を観ていましたが、ただただジェイクが何かを破壊してるシーンの記憶ばっかりが残ってて「一体どんな内容なんだ…?」って印象だった映画で…
う〜〜ん私は好きな映画だったな〜〜✨

起承転結が結構突拍子ない内容なので、結局理解しきれないところもありはするんだけど、美しいもの(絆や涙)は美しいと思うわけで、観終わった後に残る感じはみんな悪くないと思います。

でもほんと、今作のジェイクみたいに身近な何かをただひたすらぶち壊してみたい衝動は非常によく分かる←
こんなこと思うって危ない人間かもしれないけど(笑)、でもこれ共感してくれる人いっぱいいると思うんだよなぁ…!
seiji

seijiの感想・評価

4.0
終盤までコメディかと思わせるほどの主人公の壊れっぷりにワクワクしたが、奥さんの付箋のシーンでは涙が溢れた。
そしてラストのスッキリとした爽快感。元気と勇気をもらった。
ちろ

ちろの感想・評価

-
最後のあ〜はすきだけど色んなもの詰め込んだ感がすごい