雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

PECO

PECOの感想・評価

-
“心の修理は車の修理と同じだ。まず隅々まで点検する、そして組み立て直す。”
Takk

Takkの感想・評価

-
タイトルの意味がまだ理解できてません!

でも、とりあえず好きですこーいう雰囲気の!

でも、どんな気分の時に観たらいいのか…

ジェイクギレンホールに憧れて、歳とってもティンバーが似合う男になりたい!
堂ノ本

堂ノ本の感想・評価

4.0
カットの嵐、流れる音楽とギレンホールの動きがマッチング。妻の死とかいうありきたりな感情表現をアクションのみで描き切る。ヴァレは信じていいんじゃないか?
寝子

寝子の感想・評価

3.7
ある日突然、愛する人が亡くなった時に、全然悲しくなかったとしたら
私も「自分っておかしいのかな」って思うだろう。
人の心に正解はないし、「こうあるべき」って考えるものではないのかも。

自分がおかしいから原因を探りたい、という気持ちから
ありとあらゆるものを破壊していくのだけど、そもそもそんなヤバイ行動をしているということこそが、心に大きなショックがあったという証。
妻だけでなく、自分とも向き合ってこなかったのに
死によって徹底的に向き合おうとしている姿が、切なかったり、コミカルだったりして、本来の人間らしさを取り戻していくのが良かった。
破壊の後には再生があると思えば、たまには色んなものを破壊するのも悪くないかな、と思った。
(ただ、人に迷惑をかけ過ぎちゃダメだと思いますが・笑)

色んなシーンで登場する付箋も、最初はあまり意味が分からなかったのだけど、奥さんが夫に話しかけたいのに居なかったり、聞いてもらえなかったりした時、「ねぇねぇ、、」って話かけるみたいに付箋を書いていたのかなぁと想像すると、奥さんの寂しさも伝わってきて、すごく切なくなった。
愛情ってそもそもなんだろう?って考えてしまうような映画でした。

あと、銃で遊ぶのは危険すぎてヒヤヒヤしました(笑)
hyonaism

hyonaismの感想・評価

3.5
2018.4.19/49

このレビューはネタバレを含みます

「愛はありました。しかし、疎かにしていました」
奥さんが亡くなったことで気づいた自分自身の壊れかけた心を、自らの手で修復していくような作品でした。

「修理の前には分解することが必要」という義父の言葉で、まずは冷蔵庫を分解し始め、その後は今まで気にもならなかった会社のパソコンなどまで分解し始める。
さらにはエスカレートして解体、破壊。
まるで自分自身の心を分解、解体、破壊してリセットしてるかのようでした。

冒頭の車内での会話のシーンから、冷蔵庫の奥さんからの付箋のメッセージは、ただ冷蔵庫を修理して欲しいというだけのメッセージではないようにも受け取れました。

そしてサンバイザーの付箋にあったこの作品のタイトル「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」まるでサンバイザーが発したようなこの言葉こそが奥さんの気持ちだったように思います。

ラスト自らの心の修理とメリーゴーランドの修理を終え、奥さんが尽力したダウン症の子たちを笑顔にする活動に触れ合ったことで、奥さんの心とも触れ合うことができたように感じさせられました。

全体を通して説明や台詞が少なく伝わってきにくい作品ではありましたが、何度か繰り返し観た結果、自分なりに全てを繋ぐことができたときに感動が込み上げてきました。

難しい作品でしたが素晴らしい作品でした。
yuko

yukoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

感情というものに、普通とか当たり前ってはないんだなと感じた。

主人公は突然の事故で妻を失う。周りが悲しみにふける中、彼は涙一つ出ない。妻を愛していなかったと感じた主人公は、義理父のある発言をきっかけに身の回りのものを次々と破壊していく。

破壊行為をしまくる主人公はどう見てもぶっ飛んでて、病んでるようにしか見えなくて。妻を愛していなかった、と本人は言うけど、明らかに常軌を逸した行動からは、やっぱり妻の死が主人公に何かしら影響してることは確かなんじゃないかなと思って見てた。

身近な人を突然失ったとき、泣いたり悲しんだり荒んだり塞ぎ込んだり立ち直れなかったり、多くの人はそうなるかもしれないけど、なんていうか、そうならないからと言ってその人に対する思いが無かったとか、小さかったとか、そう言うわけでもないんだなーと思う。

ふとした瞬間や、匂いとかで、忘れてた思いや感情が溢れることだってあるんだろな。この映画では例の付箋で主人公が感情を取り戻すと言うか思い出すと言うか、そうなったわけだけど、それまであんなに破壊行動してた彼が、あの涙を流すときの表情はジェイクやっぱ凄いなーってなった。

そしてナオミワッツも相変わらず素敵な演技をなさりまするなー。病院でのシーン、あなたは何も変わらなくていいから、でも後でたくさん説教するわよ、のシーンは胸に来た。

あと合間合間に流れる音学がすんばらしかった!!音学がいい映画はいい映画。

たどこの映画、一回見ただけでは、わたしには少し難しい映画だった。解説とか読んで見て、なるほど〜〜〜ってなることがたくさんあった。2回目見たらもっと胸に響きそうな作品。

ジェイクやっぱり好きだナーーーーーーーー!!
人が観ているのを途中から観、結末まで観たあとに最初から見始めた地点まで鑑賞した。そんな、映画を冒涜するような見方をしたにもかかわらず、ヨカッタ。まるで、漱石の『こころ』のような映画。漱石の文体は、美しい韻律を帯び、一文一文、一語一語が敷き詰められたパズルのパーツのようで、無駄がなく、他に置き換えができない。小説と映画で表現手法は異なるんだけど、とてもよく似ている。一つも適当に撮られたカットがなかった。砂浜で亡き妻と戯れる映像が、特にお気に入りだ。

ジェイク・ギレンホールの演技が目立つが、それに負けず劣らず、あの子役。あの子役の少年は、リヴァー・フェニックスの再来か?
09

09の感想・評価

3.8
また心地よい作品が増えてしまった

人はあまりにも突然に、そばにいて当たり前だった存在を失った時、
その人がもういないということに悲しみ、涙する前に
感情の行き場を失って、無感覚になるのだろう。ジェイク・ギレンホールが素晴らしくって、胸が詰まった。

私も、破壊(解体)したい衝動に駆られることが、時々ある。だけど実際には出来ないし大抵の人間はそれを隠して生きているはずだ。
今の世の中、現代の生活にはモノや情報が溢れ過ぎていて、本当に大切なものや必要なものが埋もれてわからなくなっている気がする。本当の豊かさって何だろうかと、時々考える。
妻を亡くしたというのに全然悲しくない自分はどこかおかしいのか?他の人間とどこかずれているのか?まるで自分自身を解体するかのように、調子の悪い機器を分解し始め、しまいには家中の物を壊していくデイヴィス。彼が気持ち良いくらいに家の中を壊していく光景は快感でもあったが、同時にどうしようもなく悲しかった。
冒頭からほとんど感情をあらわにせず、妻が亡くなっても涙を流さない彼の姿をみていて私が泣きそうになった。
何かを失くして初めて気がつく自分の気持ち。
スッポリと空洞になった彼の身体の中、何かに齧られた心臓。
その空白が、少しずつ取り戻されていく。
前と全く同じ姿形にはなれないかもしれないけれど、
彼はきっとこれから、前向きに生きていける気がする。
喪失から始まる物語だが、ラストシーンで光を感じた。全体を通して、美しいと思った。