雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

よし

よしの感想・評価

3.7
メモ 1人で

見終えて、良かったー、と思った。好きな映画

破壊や銃をもつ場面は、ややドキドキした。悩み多い親子との出会いで互いに影響し合う様も醍醐味だった。

「永い言い訳」と、どこか似ているような。
全然思ってたのと違った!もっと真っ直ぐな作品だと思ってたらいい意味で裏切られた

なんか内容的に奥さんがナオミワッツだと思ってたから金髪じゃないと雰囲気全く違うなーと思ったらやっぱり違うよね笑笑思い込みってすごい


やっぱこの男はちょっといかれた役似合うなー!本当に天才だと思う。分解男はこの男しかいないね笑笑破壊楽しそうだったいいなー笑

とにかくジェイクギレンホールの銃の片手打ちかっこよすぎた!

一見わかりづらいアート的な作品だったけど彼に感情移入できればすごく楽しめる!
タイトルに惹かれました。
雨の日でも、晴れた日でも結局君には会えない。天気を理由に君と会えない理由を作っているのがいじらしくて、繊細な感情を持った人間の話かと思いました。
対して繊細でもなく、大雑把です。タイトル負けです。
ココ

ココの感想・評価

-
クソよかった
観た後に少し考える映画がクソすき
妻を交通事故で亡くしたが、涙が一滴も溢れず、すぐに仕事にも復帰して普段のように働く主人公。しかし、だんだんと異変が出てくる。
大事な人がいなくなる時って、悲しくて泣くというより、まずなんとも言えない違和感みたいなものに襲われる。そういうのがすごくよく表現されていた。
なんでもないようで、いろんな奇行に走る主人公が再び前を向いていくまでの流れがとても好き。
あと、何か問題が起きたら、何事も分解してから考えるという考えがよく共感できた。
うーん、な感じ。
部分的に好きではあるんだけど、自暴自棄になる件はあんまり好きではない。
結局、彼は愛されてたんでしょう。気づいてまともに戻る話。
やっぱわかんねえや。
Daichi

Daichiの感想・評価

3.6
破壊と再生
やっと観賞。
ねむねむ、、、やったけど、まーそういうことか、と。
雰囲気あるジャケットとタイトルに喰われた。