雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

rosas

rosasの感想・評価

4.2
雨の日は会えない、
晴れの日は思い出す。

置いてきた距離を急に詰められるほど感情を動かしてきてないし、あなたを思っていなかったわけでもない。
輪郭まどろむ、まるで濡れたシャツを着ているような居心地の悪さに、壊すということだけが確かな感覚を教えてくれる。
破壊衝動の規模がえげつなくて冷静な葛藤が痛いほど伝わってくる。

雨の日には見えなかったものが、晴れの日には目に入ってくる。いろんなところにジュリアとの感情があって、それが愛だかわからない。だから叩いてぶつけて必死に何かを探して。。
マイマイガに心臓を食べられた時のが衝撃的な顔してておもしろかった。
神崎

神崎の感想・評価

3.5
難しい映画だったなぁ
おこめ

おこめの感想・評価

3.5
彼の築き上げた人生ごと解体して、
バラバラにして、
そしてまた1から組み立てていくんだろうな
自分の価値観がどのあたりにあるかでこの作品の評価が変わる。
視聴してみて、なんとも歯がゆい感覚が出て来る。この心情に理解できるまでの体験をしないことには共感しづらい。
もし同じ立場だったら見方が変わるかも。
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
邦題から勝手にイメージしてたのと違い過ぎたのでもう1回ちゃんと見たい。

とりあえずいろんな物破壊するのがもったいない。
sakura

sakuraの感想・評価

3.5
ジャケ写と邦題に惹かれた
とてつもなく何か大切なものを失ったような気分
はるか

はるかの感想・評価

4.5
日々があまりにも当たり前に流れすぎて、見落としていることは多い。

彼に一体どれほどの感情が襲ってきたのだろうか。終盤、車内で感情が溢れる瞬間、私が想像もつかないほどに苦しかったと思う。全てを知った上で、彼女に対し愛があったと言える。何とも言えない切なさでいっぱいになったが、彼は前を向いて進んでいた。
悲しさという感情は、人を強くさせるのか?ディヴィスはすっきりとしていたが、私には謎を残していった。自分の感情だからといって、自分がその感情を理解出来ているわけではない。悲しさや喜び、愛、と言っても人の数だけ形や考えがある。感情の複雑さに共感し、まだ自分の経験したことがない感情に未知を感じた。

そして、密かに楽しみにしていた、クリスが予想以上に美しかったです。正直な自分で生きたい。
>|