雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

trueyou

trueyouの感想・評価

2.8
最後は良かったけど、中盤は全く共感できない。というかあれで何が伝えたいのか理解出来ない。
ジェイクギレンホールはこんな役ばっか。
妻が死ぬ系なら"永い言い訳"の圧勝
ファック‼︎

このレビューはネタバレを含みます

題名と表紙に惹かれて鑑賞。
主人公が家を破壊するシーンはもはや美しかったです。
何はともあれ、交通事故には注意やで⚠️
Hissan

Hissanの感想・評価

4.3
不謹慎だけど私は家族が亡くなったらこうなりそう、分かりがある 好き。
コブラ

コブラの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

悲しむ、の代替行為としての破壊。その破壊からの再生という酷くわかりやすいお話の様でいて、そんなシンプルな話でもなかった。

ガキの「チンポ舐めたい」発言辺りから始まる物事の裏側の話が始まってからが本編か。
ナオミワッツは素敵な年の取り方してますね。
Emma

Emmaの感想・評価

4.0
邦題の意味が理解できなかったのがなんか悔しい。
ストーリーの流れはすごく好みでした。
ryo

ryoの感想・評価

3.5
結構複雑だけど
内容は分かった
最後らへん
まじかよってなった笑
nekop

nekopの感想・評価

2.7
タイトルいいから楽しみにしてたけど期待ハズレ…
奥さん亡くした男の混乱と再生の話
ジェイク・ギレンホールの演技力
Sun Visor
西川美和監督の永い言い訳みたいな設定だなくらいの認識で観ました。ジェイクギレンホールは本当素晴らしい役者さんで魅力的です。身につけてるものもオシャレで、この作品のとは違うけどマーシャルの四角いヘッドホンを買おうと思ってましたが今作ででてくるヘッドホンを買おうと思いました笑ただ邦題はダサいので原題のままでよかったような・・ナオミワッツはこんな役多いような・・free/mr.bigも効果的。
男ならというか自分も結構、妻の話流し聞きしてるのでいかんなぁとちょっと思ったりも。
社会生活を送っていくうちに自分の感情を押し殺してしまうことは珍しくない。その代償として愛する人の死でさえも悲しみを感じない、あるいはすでに愛はないのかもしれないが、自分の気持ちを把握できない。そんな状態から身の回りの物を破壊し(原題:demolition)、思い出を破壊し、自分の殻を破壊して再生する物語。

という大枠には感情移入できるけど、中絶エピソードの意図がわからない。ネットで検索すると障害云々という説が散見されるけど、根拠は薄い。中絶しておきながら支援したいと言うのは矛盾では? でも不倫を示唆するエピソードは皆無。やはりわからない。

ところで海辺のメリーゴーラウンドはすぐに錆びてしまいそう。