雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

mizucci

mizucciの感想・評価

3.9
邦題の付け方のセンスwwww
って毎回思うのですが、これはこれでありな気がしました笑笑

なんでも壊して行く姿が爽快感通り越して、もうやめなよと止めたくなるほどw
情報量が少なくて観る側が主人公の感情に寄り添わないと消化不良な映画かな
kubohiro

kubohiroの感想・評価

4.3
事故に巻き込まれた妻の死にも涙を流せない空虚な男を演じるのはジェイク・ギレンホール

無関心、喪失、哀にしがらみを抱える事で
少しずつ気づける本当の妻への愛。

これを象徴するシーンの数々が
脈打つように心に刺さっていく。
分解、破壊への衝動を他人の家ですることで葛藤の揺らぎを
再生でメリーゴーランドを海辺に復興させることで気付きを

そしてタイトルの使い方が言い得て妙
「雨の日は会えない、晴れの日は君を想う」
グッときました。

また、コミカルさも促すことで
暗いテーマもより豊かに、観やすさも加えていて素晴らしかったです。
フォロワーさんが絶賛してたので気になって観賞

原題Demolitionを地でいくというか、破壊力満点でした

ほとんど八つ当たりの苦情メールからあんな風に繋がりが生まれるとは…
パンクにのって街中で暴れまわる姿はただ圧巻
自分が今まで繋がっていた人や社会を拒絶するように壊れていって、壊れきった先に残っていたものが妻への愛だった
そこから一気に再生されていく…

「ファックはいい言葉だ。僕も大好きだ。だが使い方を間違えるな。カッコ悪いしバカに見える」
デイヴィスとクリスの二人がまさしくパンクの如く家をぶっ壊していくシーンは大好きだ

ジェイク・ギレンホール初めて観たけど、なんというかスゴい味のある役者だな…
4la3

4la3の感想・評価

4.4
ジェイク・ギレンホールの演技が素晴らしい!
静かだけど、心にグッとくる。
描いていることは結構重たいのに、気持ち良く観れた。
最後のシーンは本当に良い終わりかだと思った。
mick

mickの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

妻の死さえ悲しめないほど感情が湧かない男が壊しに壊しまくって心を取り戻していく話。

大切なものは無くしてから気づくというが、この映画のテーマはまさにそれだと思った。

最後の書置きを見て泣き出すデイヴィスに震えた。ジェイク!あなたはやっぱ凄いよ!
ジェイクをもっと好きになった

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
ってそういう事ね!!


2018年7本目
lalala

lalalaの感想・評価

2.6
邦題が素敵でずっと気になっていた映画。

彼の破壊行為が、失った愛の大きさを物語っているが、本人は愛していなかったと…

だから何故こんなことをしたくなってしまうのか、何に満たされないのかがわからないまま、破壊し、心の拠り所を探す。

自分は無傷かのように振る舞う、自分がその傷のことを見えていないだけなのに。

それに気づく瞬間が愛おしい。
やはりこの邦題は素敵だと思った。
破壊と再構築、それぞれのやり方でつらさを乗り越えようとするんだと実感した。
can

canの感想・評価

3.4
こういう状況になったことあるかないかで
思うことに差が出そうな話。

原題全然違うんだね。
放題の付け方、素敵だなと思いました。
印象違いすぎるけど、
これをタイトルにしたくなるのもわかる。