• Filmarksトップ
  • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの感想・レビュー

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:101分
    監督
    ジャン=マルク・ヴァレ
    脚本
    ブライン・シップ
    キャスト
    ジェイク・ギレンホール
    ナオミ・ワッツ
    クリス・クーパー
    ヘザー・リンド
    ポリー・ドレイパー
    ワス・スティーヴンス
    ブレンダン・ドーリング
    トム・ケンプ
    C・J・ウィルソン
    あらすじ
    妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

    「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・レビュー

    filmore
    filmoreの感想・レビュー
    6日
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます


    ずっと一緒にいた人とのいきなりの別れを経験した直後、色んな事に気付きはじめ、全部が壊れ、また再生して行く1人の男性を上手く描いていて、今の自分と照らし合わせてしまい怖かった。。

    今回のジェイクギレンホールは、サラッとクレイジーで、軽くドニーダーコ感あって良かった。
    エンディングの子供達と一緒に走ってて、映像が停まった時の表情がベストショット✨

    ナオミワッツが演じたカレンとの出会いも面白く、カレンは登場するなり面白い女性(息子も面白い)。
    動かなくなったメリーゴーランドのおじいさんの所に、物々交換しに行くシーンが最高で、エンディングで動いてるメリーゴーランドに繋がる所とか神✨

    色んな複雑な感情を投げかけても最後は解放してくれる、ジャン=マルク・ヴァレらしい傑作。


































































    教えてくれてありがとう。
    えんちゃん
    えんちゃんの感想・レビュー
    6日
    3.0
    ジェイクギレンホールの狂った演技ほんと好き
    感情移入できず理解できてないところ多いからもっかいみたい
    fuka
    fukaの感想・レビュー
    2017/05/22
    4.2
    ダンスシーン
    音楽がとてもよかった
    ジョンマクレーン
    ジョンマクレーンの感想・レビュー
    2017/05/22
    -
    徐々に伝わる映画でした。
    気づけば私もディビスと一緒に心を解放していました。

    印象に残ってるシーンが、沢山あるんですけどやぱり物を壊すシーンが爽快ですね、、だって普段の生活であんなに大胆に思いっきり壊さないですからね。笑

    あと邦題がなかなか、良いなと思ったんですよ[雨の日は会えない、晴れた日は君を想う]って
    鑑賞した後になって、後々あぁ深いなと。
    てつはる
    てつはるの感想・レビュー
    2017/05/21
    4.0
    狂った役のギレンホール🙆‍♂️
    ミドリン星人
    ミドリン星人の感想・レビュー
    2017/05/21
    4.5
    心の傷とどう向き合うかを丁寧に描いた作品。
    ジューダ・ルイス演じる少年とのやり取りのシーンがどれも最高。

    死及び死人を美化せずに描く姿勢も良かった。

    タイトルの理由がわかった瞬間、落涙。
    ちな
    ちなの感想・レビュー
    2017/05/21
    4.5
    今の自分にぴったり映画でした。
    きっといい映画、悪い映画とかでは無く、好きな映画嫌いな映画を含め、そういう事はその人の心境や人生経験で決まるのだと思っています。

    最近、あまり良くない噂が広まり、周りから白い目で見られているであろう私。
    そんな時にみたこの映画は私をそっと穏やかにしてくれるものでした。

    時にあの少年との交流シーンが最高でしたね。

    破壊してもう一度組み立てればいい。

    大人になってどんなことがあっても立ち直れる。

    わたしはきっと大丈夫。
    Bigs
    Bigsの感想・レビュー
    2017/05/21
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    非常に心に残る映画でした。。。

    あまりに理不尽な出来事に心の整理がつかない(というよりそれまで色々なことに無関心だったので、自分の心の状態がわからない)主人公が、なんとかもがいて心を解きほぐし(実際に物も解体しながら)、再生していく様は非常に感動的でした。何故ここまで感動するのかと考えると、どんな絶望的な状況に陥ってもまたそこから再生できるという、人間性への微かな希望を描いているからだと思います。(この点はヴァレの過去作ダラスバイヤーズクラブも同様。)

    浮世離れした感覚の主人公をジェイクギレンホールが好演してました。やはり彼の出演作は良い作品が多いですね。
    RYUP
    RYUPの感想・レビュー
    2017/05/20
    -

    成る程…
    鑑賞前には『不幸から立ち上がる再生の物語』だとばかり思っていた。
    しかしこれは自我以外には無関心。
    自分の事すら解っていなかった
    ”子供大人”が自身を分析→構築して創造して行く物語。
    感情を置き去りにでは無く、元より感じていない所から始まっているのではないだろうか。

    自分の殻を破る様に機械という機械をぶち壊し、自身を模索する様に分解する。
    同じ価値観の理解者、
    同じ目線の少年等と交流を持つ中で得る”涙”。
    物語の残り時間僅かのラストでようやく人間らしい一歩を踏み出すデイヴィス。

    自身もそうだが、
    不器用な人間って気付くのが本当に遅い(苦笑)
    もう少し早く答えに行き着いたら違う豊穣な夫婦の姿もあったんじゃないかな…

    雲に覆われた『雨の日』はデイヴィスが心を塞いでいる比喩と読み、太陽が顔を見せる『晴れた日』を開けた心と読む。

    彼はようやく妻(君)と正面から向き合い、その日々想い出す事が出来たのである。


    監督 ジャン=マルク・ヴァレ
    CAST ジェイク・ギレンホール ナオミ・ワッツ クリス・クーパー ジューダ・ルイス etc

    原題 『Demolition』
    2015年 アメリカ 101分

    http://ame-hare-movie.jp/

    Mr. Big 『Free』
    https://youtu.be/Azkef2lXW88

    M. Ward 『Watch The Show』
    https://youtu.be/Q210f6ltnQ0

    Half Moon Run 『Warmest Regards』
    https://youtu.be/phccFqQS4fs
    オツキ
    オツキの感想・レビュー
    2017/05/20
    4.4
    1回観ただけでは少し理解に苦しむところはありましたが、パンフレットやレビューを読んである程度スッキリしました。


    実際に身の回りのことや身近な人たちのことも、たいして理解してないように思いました。それをカレンとクリスと出会い、破壊を通じて自分自身を整理することによって変わっていく様がとても良かったです。


    家を破壊するシーンはとても見ごたえがありました。その他にも町で踊ったり、最後の子供相手に走り抜けたり、印象的なシーンがいっぱいです。


    それと邦題が長すぎるので席を取る時とパンフレット買う時にいちいち言うのが面倒で恥ずかしかったです。笑 あと観終わった後にM&M買いました。笑