雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

妻を交通事故で亡くしたが、涙が一滴も溢れず、すぐに仕事にも復帰して普段のように働く主人公。しかし、だんだんと異変が出てくる。
大事な人がいなくなる時って、悲しくて泣くというより、まずなんとも言えない違和感みたいなものに襲われる。そういうのがすごくよく表現されていた。
なんでもないようで、いろんな奇行に走る主人公が再び前を向いていくまでの流れがとても好き。
あと、何か問題が起きたら、何事も分解してから考えるという考えがよく共感できた。
うーん、な感じ。
部分的に好きではあるんだけど、自暴自棄になる件はあんまり好きではない。
結局、彼は愛されてたんでしょう。気づいてまともに戻る話。
やっぱわかんねえや。
やっと観賞。
ねむねむ、、、やったけど、まーそういうことか、と。
雰囲気あるジャケットとタイトルに喰われた。
わかるけど、しっくり来てない感じがあります。もう一回観れば、もっと感情移入するかな~。
妻の死をきっかけに、それまで自分を構成していた、否、拘束していた社会的価値観、現代的な習慣などを破壊し、そこから本来の自分を取り戻していく男の物語。

正直初見だけでは色々取りこぼしている気がして、いまいち主人公に寄り添いきれなかった感じだったのだが、映画の雰囲気がとても好みだった。主人公がまさに子供のような純粋な情動から始まって、自分を再生していく過程を眺めている内に、自分自身の心も癒されていくような、赦されていくような不思議な感覚になったのがとても印象だった。

また、もう一度見たい。次は字幕版で。
柱時計を解体し、夫婦家族を解体し、家を解体し、記憶を解体し、自分の心を解体する解体映画。バラバラの欠片をモンタージュするかのように、各シーンも敢えて断片的に構成されている。ギラついた眼と狂気のギレンホールは妻を突然亡くした後、自分のどこに何がどうあったのかを必死で知ろうとするが、周囲にははた迷惑でもある。そんな彼にシングルマザーの苦労人ナオミさんが共鳴し救いとなるかと思わせて、実はその息子と連帯を育むための触媒であった。息子もまた自分を知ろうともがく解体仲間。その辺りから面白くなるのだが、あくまで主人公のインナースペースを旅する映画。やましさと自己破壊衝動を抱え、同情を一切拒絶するけど、孤独ではない。その姿は同じくジャン=マルク・ヴァレ『わたしに会うまでの1600キロ』と重なる。そしてこれもひとつの喪の仕事と言えそうだけど、最後はきれいに収まり良すぎるような気もした。そういや、クリス・クーパーはまたギレンホールの父だ(義父だけど)。
映画JP

映画JPの感想・評価

3.0
雨の日は会えない、晴れた日は君を想う。これ以上、これ以外の説明はいらない。タイトルが洒落た作品。
ちょこ

ちょこの感想・評価

3.0
どう触れて良いか分からない
とても繊細な芸術品のようだった。
近いうちにもう一度見たい。
毬藻

毬藻の感想・評価

3.5
もう少し歳とって、社会人経験積んだり結婚したり子供ができたりしたら見直したい作品。

全てを壊して、壊して壊して壊して、そうして辿り着いた先で見つけた再生への道。
いやもう本当にぶっ壊してた。
美術どんだけお金かかってるんだ。笑

ジェイクが出会う母子が、特に息子くん最高だった。
ビジュアルがもう最高だった。思春期真っ盛りの美少年で、15歳だけど見た目は12歳、行動は21歳。
片親で育った彼が、最初は警戒しながらも次第に友達のように父親のようにジェイクを慕う姿が微笑ましくて。

ジェイク・ギレンホール本当にいいなぁ!
見れば見るほどハマってしまうわ。
こやま

こやまの感想・評価

3.3
結婚は墓場なのか天国なのか。一見すると分からないものですね。