雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 237ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

kdyk

kdykの感想・評価

3.0
ターキッシュエアラインの機内で見た。

原題はDemolition なのでもっと破壊する行為が中心になってるのに、この邦題は的外れなきがする。
may

mayの感想・評価

4.3
個人的にすごく頭に残った映画。

機内で鑑賞したけど、ラストで気づいたら泣いてた(笑)
上映されたらすぐ見にいく!

追記: 邦題何言ってるん…??
ジェイクってワニ顔?
何考えてるかわからんそーな感じも好き。
サングラスさりげなかったり、ひげぼーぼー様になるのってずるい。
少年おしゃれすぎ。
uc

ucの感想・評価

-
狂気と痛みと破壊ってこんなに美しいの?ってなった。カット割りがやばい、ハラハラするけどわくわくする。暗く穏やかな雰囲気でずっと物語が進むのに、すごく吸い込まれた、、とにかく美しい。
喪失の後には、破壊的な行動が付きまとうのか、たまたま没頭できることが破壊的だったかは分からない。理解に苦しむ点はあるが、心が動かされるのは確か。
あと、演技うまい。
妻を失った男が破壊衝動を通して再起していく不思議な物語。

なんだかとんでもないものを表現しようとしてよー分からんくなってる。

人間の感情の複雑さを、主人公の奇怪とも言える行動で表していたが、奇怪すぎて怖い。自動販売機の会社に自身の身の上話を書いた手紙を送ってる時点で怖い。

あの少年はすごい美しかった。おしゃれだし。
Keisuke

Keisukeの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

最後、少年が「破壊」されてしまうのはどういう意味があったんだろう。人の解釈を読むのが楽しそうな映画。
本当に大切なものを失った時、受け入れられず泣くこともできないのかもしれない。
おばけ

おばけの感想・評価

3.0
頑張って英語で見たから真髄をわかっていないかもしれないけど…
何かが壊れ、何かが生まれる。
そこに感動はあるのか、果たして。
想像してみよう、大切な何かを失ったことを。

何もかも壊したくなる、破壊欲。
少しは生まれるのかもしれない。

一見、主人公は狂ったように見えたかもしれない。
しかし、あれが通常の人間なのかもしれない。

感情を押し殺すのは難しい。非常に。