雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 237ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

この作品は、「永い言い訳」に似ているぞという事だったが、実際観てみると確かに驚くほど似ている。
必要以上に細かく捉えてみるならば、「永い言い訳」の方は、「奥さんの事、悲しくないんですか?悲しいんですか?どっちなんですか? 」という事をより見つめる内容になっていて、しかし西川監督の他の作品と同様この世界には色々な人が思いバラバラに生きている事が徐々に示されていき、観客は観終わった後に不思議と生きていく力を与えられた様な気持ちになり元気になるのだが、
今作品の方は、ある出来事により1人の人生の心の再生・再構築・転換期を迎えるという風な解釈をより重く見つめられているのではないかと思ったが、
あくまで僕の強すぎる思い込みに過ぎない。
とにかく、素晴らしい作品だった。
Yuta

Yutaの感想・評価

3.8
奥さんを突然、それも自分の横で亡くす喪失感って想像出来ない。壊れていくのは、当然で、それでも人生は続いて行くんだよね。「永い言い訳」に似た設定?原作読んで、映画はまだ見てないけど。
へろー

へろーの感想・評価

5.0
見る人の環境・状況によってどー見えるか変わりそうな映画。
今の自分にはびっくりするほど共感ばっかり。
予告にあったけど、なんか悩みや喪失感がある人が見ると良いかも。

デイヴィスには悲しくなれない自分がいて、破壊と分解から何かを見出だそうとした。
悲しくなれないってのが自分と合ってて、全部壊したくなる気持ちもわかるし、電車を止めたくなるのもわかった。
でもそれは簡単にできることじゃないから、「あなたみたいに正直に生きたい」ってのがすごく共感できた。

ラストもすごい良いってわけじゃないし、ストーリーも楽しいものではないかもだけど、デイヴィスと同じく気付きってのを体感できた。良い気付きだけではないけど、大事なことだと感じた。

印象に残ったのは「すべてが象徴になった」というセリフ。
色んな事は、あとから気付く。
今の日常だったり、普通にしてることも、環境が変わることで象徴となるって思うと、気付きという意識はやはり大事だなって思った。
それと「本気で何かを大切に思ったことは?」ってのがズシッときた。
slv

slvの感想・評価

3.6
事故で突然に妻を亡くしたが、悲しくもなく、泣けない男。

自分は妻を愛していなかった?
この結婚生活は何だった?
自分の本当の心は何処にある?

空虚な感情、壊れてしまった心の欠片を埋めるべく、彼は破壊行動に出る…。

上手く悲しみや現実と向き合えず、空虚さを持て余し、再生のために破壊行動に出ようとする気持ちはなんとなく理解出来る。

それでも、何かご都合主義なところがあるというか、上滑りな感じがして、うまく入り込めなかった。
共感出来るところもあるけど、何故だか心に響いてこなかった。。

虚ろでちょっと狂気を秘めたような演技をやらせたらピカ一のジェイクも、大人で上品な可愛いげのあるナオミ・ワッツも良かったし、カレンの息子役のジュダ・ルイスくんの小生意気さもとても良かったけれど。

「全てぶっ壊したい!」と破壊衝動に至るまでの、デイヴィスの感情の揺れや心の奥にある想いが見えてこなくて、感情移入できるほどの重さと切実さが伝わってこなかったように感じて、少し残念。。

ただ、ふとしたきっかけでのデイヴィスとカレンの出会いから、心を繋げていくさまは、ドキドキするようなロマンティックさがあってとても良かったな。
音楽に乗せて、デイヴィスが心を解放したようにして街の雑踏で踊るシーンも秀逸でした。

題材が似ている『永い言い訳』に打ちのめされ、唸らされた身としては、こちらは何か物足りなく感じたというところ。個人的には。

いろいろと解りづらいところがあったので、もう一度観て、感じて、解りたい作品です。
ジェイクギレンホールとナオミワッツ。これは見るしかない。と思って鑑賞。

個人的に今年見た中でトップクラスに好きな作品だった。
とりあえず、ジェイクギレンホールのあのどことなく何かがおかしい感じの演技のうまさは最高。
そして、ナオミワッツが良すぎた。

車内で、仕事の会話をするデイヴィスと、音楽をかけながら運転する妻ジュリアのシーンから始まる。仕事のことしか興味なく、車内の音楽を止めてほしいデイヴィスと、冷蔵庫の水漏れを直すことや椅子以外に座ることに興味がないのねなどと、告げる妻ジュリア。
まず、冒頭のこの会話での何気ない夫婦の会話からの関係の脆弱性、そして、後々の話の伏線。実に巧妙。
そして事故が起こる。

走馬灯のようなカメラのカット割りでの細かいシーンの連続。回想シーンでの細かい断片的な映像も素敵だった。

そして、自動販売機でM&Mが出てこないことからのクレームの手紙から、ナオミワッツ演じるカレンとの交流が始まる。

妻が死んでも、泣けないデイヴィス。会社社長で妻の父のフィル。フィルの名前いじりから手紙は始まるが、その手紙で、自身の境遇を話すことで、鑑賞者にも説明する演出。

手紙のやりとりをする。そして、妻との愛を探る。フィルの「分解しろ」という会話。駅で毎日会うおじさんとの会話。そして冷蔵庫の水漏れ、気になるトイレのドアの軋み。フィルの家の電気のチカチカ。すべてが気になり、破壊、分解衝動に走るデイヴィス。
そこから、どんどん破壊分解していくさまが実におもしろくて爽快。
ほんとは、やってはいけない妄想をしながら破壊をし続けるデイヴィスは、やがて、ナオミワッツと直接会うことになる。
そして、子どものクリスと出会って、お互いに心を通わせていく。

時折、流れる妻ジュリアとの回想シーン。
どこか、破壊分解をしていく感情が通じる、カレンとデイヴィス。
そして、終盤、自宅を壊すシーンのカタルシスたるや。面白い。

途中の、巻き戻しの雑踏のシーンや、音楽にのりながら町を練り歩くシーン。確実になにかがおかしいデイヴィス。何かが欠けてる。ちょうどマイマイガにかまれた心臓みたいに。

タイトルの雨にあるように、水が流れるシーンが多い。
シャワーシーン、スプリンクラー、最後のパーティでの雨、そして涙。
印象的だった。

そして、家の解体により、妻の秘密を知るデイヴィス。妻との愛を探るうちに本当に妻を愛していたのかどうかを深く考え始めるが、けっして、それについてこの映画は深く言及することはない。ただ、その愛を探る過程での破壊・分解衝動による、一人の壊れた男の生き方を描いている。

車でずっと追いかけてくる男の伏線や、ニホンザルの毛づくろいを見るシーンや、かけっこの伏線。ささいなところでのセリフや演出がとても好きだった。

そして、最後のメリーゴーランドのシーン。少年とのかけっこのシーン。

時間の流れもぶつぶつ切れている印象があった。
釘をふんで、足を痛めたからか、少し前のシーンでは足を引きずっていたり、、
もう一回じっくり見たい作品。
もう一回見ると、本当によくできた映画であることが再確認できるだろう。
ぴち

ぴちの感想・評価

4.0
基本的にBGM無しで、たまにクラシックがかかるような作品が大好物なので満足です。ジェイクギレンホール大好きなので、良かった…
yuko

yukoの感想・評価

2.5
2017.4.10 札幌シアターキノ

分解と破壊のシーンが多く、心が荒んでしまった。
denkikanにて。

序盤からテンポのいい構成で飽きずに楽しめました!
ジェイクギレンホールにハズレ無し!!!!!!
ねこぜ

ねこぜの感想・評価

3.3
どうせ理解出来ないくせについ見ちゃうこっち系の映画。

やっぱりよくわからなかったけど、エンディングで流れてきたHalf Moon Runが全てを美しくしてくれた気がした。
やぶ

やぶの感想・評価

4.7
主人公は金融業だし、ジェイク・ギレンホールだし、アメリカンサイコやナイトクローラーが頭をよぎったけど爽やかなラストで安心!

邦題の一文にしても、セリフの一つ一つがとてもよかった