雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 238ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

主人公の奥さんが死んだあと変な人になっていくのが面白かったけどだんだんまじでこいつやべえなってなった。破壊神。
でも最後泣いてしまった。
HAL9000

HAL9000の感想・評価

3.0
ちょっと難しかったかも。いや、わかるんだけどちゃんとは理解できてないと思う。
めずらしく邦題が上手いなって思った。この文字に多分特に意味は無い。
けれど、そんな何気無い日常が(ここで虎舞竜が脳内でかかる)

奥さんを亡くした旦那が、自分がそれをとても辛い事だと自覚するまでの話し…になるのかな?
誰かが言ってたけど、「永い言い訳」と構造が似てるかも。
辛さ逃れで子供の世話して達成感得てみたりとか。

あ、ところで、この作品はショタコンの方々にお勧めできるかも。
子役の子、とてもハンサムで生意気でキュートだった。
破壊と再生
ふとした瞬間に蘇る記憶

てか、さ
解体中、足に刺さった釘大丈夫なの??笑
ナオミワッツめっちゃご無沙汰
老けたけど綺麗ね、年増アバズレなのは役のせい

久々に小さい箱で鑑賞、シネコンと違ってホーム感があるのがいい
@新宿シネマカリテ
せつこ

せつこの感想・評価

3.6
みんな違って、みんなクズ。
お母さんが言うほど21歳の精神はしていない。15歳にしても少し幼いくらいの葛藤を抱いていた。(セクシャルは別として)
けど見た目は本当に可愛い。
この作品のジャンルは何?と聞かれたら
「名作映画」と言う説明が一番適切な気がします。

好みが別れる作品だとは思いますが
ちなみに私は好きです。

2017年2月に映画館で観賞
Hiro

Hiroの感想・評価

3.6
導入部分には凄い期待できたんだけどなー!!
相変わらずギレンホールの表情、目、醸し出す雰囲気は最高なんだけど、全体のドラマとしては雑味が多かった。
自販機への苦情の手紙をきっかけに苦情係と交流が始まるってとこ、主人公が破壊衝動にのめりこむってとことか面白いし、そこをもっと引っ張って広げて欲しかった。一人の男として、夫として、自分に向き合う、亡き妻に向き合う、人生に向き合うって部分をギレンホールでどっぷり観たかった。
HiroyukiY

HiroyukiYの感想・評価

2.0
なぜこのタイトルなのか最後まで分からなかった。あらすじとキャストに期待しましたがストーリー進行がよく分からず感情移入出来なかったのが残念。
ジェイクギレンホール祭り。山田孝之的な良さがあると思う。
サウスポーでも奥さん死んでたなそういえば
itou

itouの感想・評価

4.2
去年アメリカで観て個人的な2016年のベストムービー。
邦題のタイトルにモヤモヤしながらも観たらタイトルの付け方理解した途端にかなりグッとくるものはありました。
まずジェイクギレンホールはドニーダーコからナイトクローラーまでで、かなり変わってる役が見事にハマるので今作でもバッチリハマってましたね。
ヴァレはキャスティングが絶妙です。
ダラスの時のジャレッドレトだったり。
今回はナオミワッツが絶妙。
マンハッタンはムカつくくらい映える
TOSHI

TOSHIの感想・評価

-
詩的な邦題からイメージしていたのとは、かなり異なる作品だった。
映画ファンの信頼も厚く、カメラに選ばれた俳優とも言えるジェイク・ギレンホールだが、本作でも特異な内面性の男を演じている。ギレンホール演じるエリート金融マンのディヴィスは、自動車事故で突然妻を失う。しかし悲しいという感情が起こらず、物事への感情そのものを失っているのが分かる。ディヴィスは妻の父であり、仕事上の上司でもあるフィル(クリス・クーパー)から言われた「壊れた物は一旦全て分解してみるしかない」という言葉に取り憑かれ、身の回りの物を壊して分解するようになる(原題は、Demolition (破壊)である)。
ディヴィスに取っては、妻もパソコンも冷蔵庫も中身が分からないという意味では同じだったというメタファーだろう。その事も凄いが、妻が亡くなった病院の自販機が不調で、メーカーへの苦情の手紙に、妻の死を巡るプライベートないきさつを書き綴るに至っては、狂っているとさえ感じた。
ディヴィスはメーカーのクレーム対応係であるカレン(ナオミ・ワッツ)から深夜に電話を受けたのをきっかけに、カレンとその息子で問題児のクリス(ジュダ・ルイス)と交流するようになる。ディヴィスとクリスはお互いに心に空洞を抱える同士で、不思議な連帯感が生まれる(ここまで来て、西川美和監督の「永い言い訳」にプロットが似ている事に気付いた)。クリスからiPodに入れてもらった曲に合わせて、ディヴィスが街中で踊りまくるシーンが圧倒的だ。
破壊欲求が頂点に達し、自宅をブルドーザーで解体するに至ったディヴィスは、妻のドレッサーから隠された秘密の証拠を見つける。そして墓参りに行った帰り車に乗ろうとして、妻の自分への想いが書かれたメモを見つける(邦題はこれに由来)。ディヴィスは妻への感情を再確認し、自分の心を取り戻す。エピローグと、ラストシーンが良かった。
ジャン=マルク・ヴァレ監督は「ダラス・バイヤーズクラブ」等、再生の物語を得意とするが、本作も一人の男の凄まじい破壊とその後の再生の物語であった。とても新鮮で、リアルな作品だ。

東京に住んでいて良いと思うのは、東京で観られない公開作は殆どなく、公開順も先だという事だ。本作は先ず東京・神奈川での公開で、順次全国で公開予定との事。