雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 238ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

「年齢は15歳、見かけは12歳、でも行動は20歳なの。」なクリスが健気で、カレンもデイビスも一生懸命でそれでも上手くいかなくて

自分の心を写してるように色んなものを壊して、修復して、の繰り返しに 観ててずっと苦しかった

けど、
ラストシーンのメモで心が洗われた気分になりました…ジュリアが本当はどう思ってたかは推測するしか無い映画だったけど、私はハッピー野郎なので、絶対にジュリアはデイビスの事がとても好きだったと思います。

メモでもグッときたけれど 私はお墓の前で鉢合わせた相手の運転手を一度も責めようとしないデイビスにグッと来ました。

いい映画だった〜〜
もっといろんなスクリーンでやればいいのに!
佳奈

佳奈の感想・評価

4.0
人でごった返す街中を音楽に合わせてノリノリで躍りながら歩く。っていうめちゃくちゃやってみたいけど出来ないことを、ジェイクがやってくれました。

妻が死に、ちっとも痛まない心と涙の出ない身体だけが残って、さてこれからどうする…?
妻に対する自身の無関心さ、あったはずの愛を疎かにしていたことを、ディヴィスは彼女の死後やっと気付く。
直すために分解し見極めた結果。
古いビルを壊してから新しいものを建て直すように、自分の心を上手く再構築できたらいいと思う。
クリス少年がとても好きだ。魅力的。
不思議な話だった。妻を亡くしたことをきっかけに主人公が新たな人生を切り開く。電車を緊急停止させたあたりめっちゃ面白かったが、あとは退屈してしまった。ジェイクギレンホールは頭おかしい役似合うなと思った。
鰻

鰻の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

「何かを修復するなら、まず分解してみる。それからまた組み立てていけばいい。」
彼は妻の死を機に、自分自身を修復しようとし、分解と、破壊を繰り返したのだろうか。いくら多くのものを分解しても、自分の中に妻は見えず、最後には妻と過ごした家を壊し、彼女の秘密を知ってしまったんだろうか。
そして、自分ではない他人への気持ちを知り、初めて彼女を感じたのか。推測することしか私にはできないけれど、
Iri17

Iri17の感想・評価

2.5
個人的にはイマイチでした。ジェイク・ギレンホールに感情移入出来なくて…
上半期ベスト決定!
自分の感情はどこにあるのか。主人公の感じる痛みが手に取るように伝わってくる。エモーショナルな内容の映画なのにルックはとても軽やか。音楽LOVEなところも◎。
TuneIshi

TuneIshiの感想・評価

4.2
ディビスのような心境や行動・衝動が
異常だとも奇妙だとも思わなかった。

映画の中で彼に起きる総てに揺さぶ
られ、そして共感した。

ギレンホールの演技・存在感も
素晴らしいが、クリスがとても
魅力的。
Y

Yの感想・評価

4.3
涙は全くでなくても、妻が亡くなったショックは大きかったんだろうな。
何もかもをぶち壊して細かいことに目が向くようになり、つまらない数字の中だけにあったデイヴィスの世界はとても広がったと思う。妻の死後っていうのが悲しいけど、それがなかったらデイヴィスはきっと数字の世界の中で死んでる。

クリスと一緒に子どもみたいに騒いで遊びまくり、街中をキレッキレで踊るシーンはお気に入り。
いつの間にか映画の中に引込まれていて、見終わった後も自分が映画の中にいるような感覚が残る。帰り道に踊りだしたくなるほどだった(笑)

鏡の前で泣く練習をするデイヴィスの気持ちはよく分かる。一般的に、こういう時には泣くもんだ、っていう考えがあるから。
ちょっと常識はずれだけど優しいカレンやクリスと出会ったことで、デイヴィスは自分がやりたいことを思うままにやれるようになり、自分を解放できた。最初は何もかもだるそうにしてるように見えたけど、彼らに出会って人生が変わったことで、輝くデイヴィスを見ることができた。

どうでもいいけど'遠い空の向こうに'で親子だったクリスクーパーとジェイクジレンホールが、この映画では義理の親子になってるのがちょっと嬉しかった。
リョウ

リョウの感想・評価

3.9
開始数分で妻を亡くすところから物語は始まる。悲しいはずなのに(悲しむべきなのに)涙は出ず、仕事には通常通り出勤する。自分でも自分の感情がわからない。
周りから不審がられ責められる程に冷静であっても、主人公の行動からは水面下でもがき苦しむ様子や、妻への思いが痛いほど伝わる。
心を解体し、全てを壊しながら再生していく。ジェイク・ギレンホールの名演技も光り、淡々と涙を誘う100分でした。観て良かった。
K8

K8の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

単純な美しい純愛物ではなく
失った側が壊すだけ壊して最後に真実の愛に辿り着くのが人間味に溢れていて好きになった。

主人公と義父の話がキーワード
スクラップアンドビルド

トランスジェンダーの少年と、
妻を亡くしてすぐにシングルマザーの母親に即効で惹かれるしょうもない主人公

全てに意味があって、