雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 273ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

事故で突然妻を失っても泣けなかった男の再生物語。話の起点は『永い言い訳』と同じやけど、機械が故障すれば分解して組み立て直すように、家や身の回りの物を破壊、解体するという再生の過程は異なる。破壊行為は清々しさと哀しみが同居しててツラいし、無自覚に世間から少しずつズレていく主人公を見てるのも痛々しい。それでもあの母子がいてくれてほんまに良かったし、モヤモヤを溜め込むだけじゃなくて外に発散できるのはうやましくもあったり。心の穴を埋めてくれるんも、やっぱり人なんやなと思った
iori

ioriの感想・評価

3.6
雨の日は会えない、晴れの日は君を想う
監督 ジャン=マルク・ヴァレ

主役のジェイクが好きだったから観に行きました。
やっぱりいい芝居します。
表情も豊かだし、上がり下がりの微妙なニュアンスも好きです。
ストーリーは
タイトルだけだとラブストーリーっぽいですが、全く。
素敵なヒューマンドラマでした。
abenob

abenobの感想・評価

-
奥さんを交通事故で亡くしたエリートのデイヴィス(しかも、奥さんの父親がやってる投資会社に勤めてる)が、色んなものを「破壊」していって、最終的にどうなるか?というお話。

邦題は賛否両論あると思うし、あってしかるべきだと思う。原題の「Demolition」は「破壊」とか「打破」という意味らしくて、確かに、そういう意味では合ってる。だから、邦題の無駄にロマンチックな感じで見始めると、途中まで「なんじゃこりゃ」感が強い。

正直に白状すると、僕は途中まで「くそ映画」の認定をしかけていた。単に、僕の好みではない、ということだけだけれども。

奥さんが亡くなって、(なんか知らんけど)色んなものをぶち壊したくなって(実際にぶち壊して)、ひょんなこと(ホントに「ひょんなこと」だ)から知り合った女(しかもシングルマザーの彼氏持ち)とデキて、自分の生活や義理の両親との関係もぶち壊しかけて・・・このまんま、「ハイ、奥さんとの間には愛はなかったけど、真実の愛を見つけたよね~テッテレー」とかなったら、ホントにくそ映画認定しようと思ってた。

しかし。そこは「ダラス・バイヤーズ・クラブ」のジャン・マルク・ヴァレ。きっちりひっくり返してきた。

というか、デイヴィスに(しかも、義父に向けて)「愛はありました。おろそかにしていただけで」というセリフを言わせるがため、そして、あのメリーゴーラウンドのシーンを見せるために、これだけの前振りをしてきた、というこのすごさ。壮大な前振りからの、エンディングへなだれ込む感じ。うん。嫌いじゃない。というか、知らないうちに泣いてた。

色んなものをぶち壊し、ぶち壊して、やっとこさそこにあったものに気付く。そして、再生していく。

万人受けする映画かどうかはわからない。ただ、「自分がくそみたいな男だ」という自覚のある人は、観ると良い。たぶん、少し救われる。なぜなら、僕がそうだから。

自分のライフステージと微妙に重なるところがあって、思わず涙してしまった。決して分かりやすい映画ではないし、ホントに終盤までは「オイオイ」感がスゴイので(ただ、それだけに終盤の畳みかけがゴッツリ来る)、我慢強い人にはおススメ。あと、倦怠期のカップルで観ると良いかもしれない。
全てがメタファーに見える、かあ。

誰だってみんなどっか狂ってて、それに気づかなかったり、それを気取られないように誤魔化していたりする。
ディヴィスに限ったことではなくて、明日にはあの中の誰かの箍が外れているかもしれないし、もともと互いにズレてるから揃って見えてるのかもしれない。みんな歪だけど、理解できない人はたぶんいなかった。

破壊と解体、モノを介して無感情に記録されていた繋がりを否定して、中身に、心に接続していく様が解放的でありながらひどくかなしい。あぁ、この人は音楽を聴いてこなかったんだなあとも思った。

件のメモは、ディヴィスから最高の泣き笑いとともにありとあらゆる感情を引き出したけど、同時に実は壊れていっていた亡き奥さんが、自分を繋ぎ止めるための、静かなSOSのためのツールとしてでもあったのかなとか。日よけなんてのは、宿ってしまった新しい命っていう眩しさから目を背けたい象徴かもしれないとか、余計な深読みが進む。

曇天、欠けた心臓、メリーゴーランド…
ものの見事に整理できなかったし、疲れた時にもう1回観たいです。
不慮の事故で妻が突然亡くなった。愛していなかったと言っているが少しづつ壊れていき気になったものを壊していく。そんな男に惹かれていく心に傷を負って壊れた女とその子供。破壊が更にエスカレートして妻との思い出のある家も破壊。そして最後ようやく妻を愛していた事に気付き、皆が素直になる。捉えどころの無い物語だけど最後にスッキリ。
今週末から京都でもやるけど我慢できんかったから大阪へ〜平日は疲れるw
てなわけで良い映画やったけど思ったよりムズイし感想もムズイ。
妻が死んでも心が動かなかった男の壊れた自販機から始まる自分探しならぬ心動かしw
壊れた原因を探るには解体からってことで破壊にそれを見出そうとするけど元に戻す手順がわからないから足掻くしかない。簡単に治せないから苦しいし結局、人との関わりが最短やったりもするのかな〜。
〝ナイトクローラー〟とは全然違うけどこういう心を拗らせちゃってる役はもうジェイク・ギレンホールの右に出る人いないんじゃないかと思うぐらい迫真。ほんの一瞬目で魅せる表情とかドキッとする場面が多々ありました。主演がジェイクじゃなかったらだいぶつまんないか、ここまで迫ってくるものはなかった気もする。ファンって言う目線抜きでもw

モヤモヤするところもあったしガッツリ共感、理解できた訳じゃないけど自分の知らない自分を知りたいという欲求に向かって足掻く。その姿は少々荒っぽい方法であっても感じるとこはあった。でもやっぱクセあるし1回観ただけじゃ全然足りないのでレンタルされたらまた観ようと思います。
sukimnk

sukimnkの感想・評価

3.8
ジェイクギレンホールの破壊っぷりがクレイジーすぎる。ダンスシーンぶっ飛んでてかっこいい。少年が繊細でめちゃくちゃいい。邦題のムダに長い感じ好きだし綺麗に纏まってて悪くないけど、ラストまでは違和感しかなくて邪念が入る。とりあえずm&m's買って帰る。
Kogarath

Kogarathの感想・評価

3.4
妻を事故で失ったのに悲しみが沸かなかった男が、感情を取り戻していく心のスクラップ&ビルド。
やさしげな予告編とふわっとした邦題から受けるイメージとは裏腹に、なにかと突拍子が無くてヘンな映画だった。
短いフラッシュバックやちょっとした小道具に背景や心情をさりげなく語らせたりしてるので、しっかり観てないと気付かない描写も多そう。自分もいろいろ見落としてるかも。

ジェイク・ギレンホールはこういう静かに狂ってる役が似合うなあ。主人公の行動がどんどんイカレてくるんだけど、そんな彼が交流を深めるシングルマザーの親子もまた不器用でズレてるところがいいなと思った。
数々の奇行すら温かく見守るような、丁寧な撮影と音楽も好み。街中のダンスシーンも楽しかった。
そして主題歌めちゃくちゃいいな…
みや

みやの感想・評価

3.3
この映画ギレンやナオミワッツ出てない外国映画だったら、かーなり重い映画だったでしょうね…

人って色んな悩みを抱えて生きているから、いつぶっ壊れるかわからないです。

自分はあんな家を壊す様な事はしないだろって思ってても、やっちゃうのかもしれないね…!
Kouhei

Kouheiの感想・評価

3.8
2017年19本目

ジェイクギレンホールの演技がすんごい
もう一回映画館で観たいなー

次で200本!