雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 273ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

aya

ayaの感想・評価

-
疲れてるけど今こそ観たい と思って映画館に行った 1回目に音楽が大きくなったあたりで急に『好きじゃないかもしれない』と思ってそうしたら急に眠くなって寝てしまった
DVDになったらもう一度観てみよう
特に印象に残ってるシーンとかすごい魅力的な登場人物とか思いもしないストーリー展開とかはないんだけど、
ひとつの物語になって、登場人物がそれぞれ関わりあって、いくつかの展開が重なっていくと、
とてもいい物語になって行く。

町中で踊り出すところとラストシーンがすごいよかった。
つぐみ

つぐみの感想・評価

4.0
はあ…ジェイク…好き…
日本の若い男の子は柳腰だけどジェイクのあの胸板も腰回りも幅あってでも太ってないところほんと最高…ヒゲあってもなくても好き…


もっと感動的にもっとねちっこくドラマチックに描くこともできるのにジャン=マルク・ヴァレ監督は語らない、見せない、引き算することで伝える人なんだ。
その一方で「え、このエピソード要るか?」みたいな変なところもあるんだけど、喪失と再生をこんなに飄々と描く人ってまあそんなにいない気がする。
そしてとにかく絵(映像というより絵)が綺麗で、撮影監督調べたら「わたしはロランス」と「ブルックリン」も撮ってた〜〜まじ〜〜!!

クリスがあの年頃の男の子にしかない妙な色気でショタの気は無い私もちょっとこれは…!!って開眼しそうになりました。
でも次の作品では多分別人になってるんだよなー、そういう一期一会感もたまらない。

しかし、息子はデヴィッド・ボウイ好きで、恋人はジョイ・ディヴィジョン好き(多分Unknown PleasuresのジャケのTシャツ着てた、500日のサマーでトムも着てたやつやで〜)なカレンは不幸体質としか言えまいよ。
minami

minamiの感想・評価

3.5
大好きなジェイク・ギレンホールの新作。
これもずいぶん前から公開を楽しみに待っていた作品。
邦題も素敵なので期待大☆での鑑賞。

絶対大好きな作品なはずなのに、大好きな要素満載なのに…見事に置いてきぼりをくらいました。

え?
なに?
なんで?
どうして?
どうやって?

ってずっと??ってなりながら観ていたので、全く誰の感情にも寄り添えない間にエンドロールを迎えてしまいました。

壊れたものを一旦分解してから直すように、
見失ってしまった心も、一旦思い出を破壊しながら改めて思い出して気持ちを修復していく。
そんな心の再生の物語。

言いたいことも解るし、撮りたいものも伝わってくるのに、
各シーンまで分解してくるもんだから、理解するのに頭の中で時差がうまれてしまうよ。
カット割りも早すぎてついてゆけない…

もう一度観たら、びっくりするほどスっと受け入れられる気がする。
一緒に泣ける気がする。
一緒に笑える気がする。
一回目と二回目ではレビューもスコアも全く変わりそう。

というわけで、今日のスコアは3.5。
再鑑賞した際にはまた書きたいと思います

設定·主題★★★★
物語·脚本★★★
映像·演出★★★
配役·演技★★★★
音楽 ★★★
mma

mmaの感想・評価

-
どうしても「永い言い訳」を重ねてしまう。主人公がだんだんと冷静さを失い、破壊行為を爆発させるときは、心の中でもっとやれと叫んでいた。壊して壊れて、やっと感情と向きあって。何回も見返したい。
KuboKei

KuboKeiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

注意力散漫なので最後のメッセージの意味とか、ラストシーンの意味とか分からないところが多かったですけど、それ抜きにしてもとても良い映画でした。知らない人に良く分からない手紙を書いてしまって、そのまま不思議な物語が始まってしまうところとかとても好きです。不思議な始まりだし、どういう関係なのかはよく分からないけど、お互い心を許している関係は見ていて気持ちが良い。カレンが空港で、恋人越しに手紙にかいてあったことを思い出して、想像してしまうシーンのわかる感じ。自分の感覚に合ったものは、無意識に思い出してしまうんだよな。そして微笑んでしまう。
目の前の恋人は、しっかりしていて、男らしくて、お金を持っていて、私の事が好きだから私も好き。
そういう理屈を軽く超えてくる好意に出会う瞬間、ある。
そういう細かな心情が見えるシーンが多々あってとても好きな映画だった。

物語の本筋自体も、破壊と再生という希望の持てるものでとても良かった。何にも興味のなかった主人公が、妻の死をきっかけにあらゆるものが気になり始めるのも、極端で良い。周りのものに興味を持つと色んなものが見えてきて楽しくなるよね人生。
yuki

yukiの感想・評価

3.5
2017年劇場鑑賞19本目。

原題からよくこの邦題になったな、というぐらい分解と破壊を繰り返す主人公。
妻の死で感情を失ったのではなく、その前から失っていて妻の死はそれに気づくきっかけ。よくある喪失からの再生物語というより破壊からの再生物語になっていた。

ストーリーうんぬん、前半はカットが細かいのがすごく気になってしまった。しかも同じシーン内で割ってるわけではなく場面も飛ぶためじっくり見ることができずもっとゆったり見たかったなと。

主人公に寄り添うナオミ・ワッツ演じるカレンが完璧で素敵な女性というわけではなく、彼女もまたどこか人間的欠陥があり映画のキャラクターとして魅力的。クレーム入れてきた顧客に深夜に電話するあたりまともじゃないし。
その息子とのやりとりが顕著で主人公にプラスに働く。主人公自身に銃を向けさせるシーンはよかった。

ただ基本的に表現がメタファーなので一言で言えばめんどくさい映画でもあるんだけど、そこにこだわりすぎて結末に辿り着くまでに大事な部分が欠落しているように感じた。破壊からの再生なのは大いにわかるし結末も好きだけど、それでも唐突に感じる。もう少し丁寧に描いてほしかった。

晴れた日はサンバイザーをおろす、邦題の元になってるここはうまいなぁと思った。主人公の無関心さを見てきてるためよかったなと。
逆再生の中ひとり再生される描写もいい。
ƎOM

ƎOMの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

‪最近観た中では唯一あ〜面白かった!という後味を感じられた一本だったかも。‬
‪俳優・キャラどちらもみんな良い。‬
‪息子、最初はたしかに幼いな?と思ったのだけど美しくてかっこいい、内面も含めて好きだな‬あ
‪だから終盤の思いもよらぬ展開にはつられて私も心が痛んだ…どうか後遺症なく全快しますように、と思った‬

‪余談ですが、何でもかんでも解体してしまうというところでジョジョのウェザーリポートのことを思い出した。そして勝手に冷や冷やしていた。
迷惑行為起こすしストーカーまがいの行動もするし この容姿だからよかったものの、と思ってしまったところはあるよね

結果的に一線?は踏み越さなかったからよかったね?と思ってたけど 暴力とか犯罪以外の線は超えまくってたか?
お金持ってるキチガイだなあ

‪もっと関係ないけど Crazy On Youのタイトルを聞いてジョジョ4部のクレイジーダイヤモンドのこともなんとなく思い出した。‬
‪奇しくも破壊させたかと思いきや再生させる能力だし…関係ないけど‬

‪ただ予告編がなかったのか?余裕ぶっこいて入場したらすでに本編が始まっていて冒頭少し見逃してしまったのがとても悔しいです。重要なところだったのに!!‬

‪あと邦題なぜこんなに長いそしてわかりにくい?こんなほわほわした映画じゃなくない?!‬素敵だとは思うけどさ!

‪邦題はラストの一筋から取っているということは観る前から知っていたのですがあの言葉の意味を読み取りきれず、解説を読んでへぇと思った‬
‪雨の日はあの日除けを降ろさないからメモが見れない、対して晴れの日はメモを見て思い出せる という意味が込められていたんですねぇ…。‬
ムック

ムックの感想・評価

4.5
笑って
考えさせられて

で、また笑わされてw

最後には素直に泣かされた…
良い映画です(^^)

劇場を出たら雨が降っていて
傘持って無かったから
つい
フ○ック!って呟いてしまいましたw

使い方は間違っていないと思う…
٩( 'ω' )و
mmmm

mmmmの感想・評価

3.6
日本語字幕がなかったからちゃんと理解してないと思う
壊すシーンが痛みもあるけど、なぜか清々しさもあるのは、子供との関わりもあるからだろうか。