雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 299ページ目

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

安定のジェイクギレンホール。。
邦題のイケてなさは遥か彼方に置いといて、中学生の男の子との掛け合いが素敵。
20歳以上の年齢差はあれど対等に接してくれるオトナに子供は惹かれるんだろなあ。

主人公の心情とスタイリッシュな自宅が乖離し過ぎてとりあえずDemolition するしか整理がつかないのはなんか分かる。
BB

BBの感想・評価

3.7
10月2日
人間的にどこか欠けた男性が妻の死を機に他人と関わりを持つことで変わっていく話
色んな物を壊しまくり、最後は修理する
yoyo

yoyoの感想・評価

3.6
いい意味でTo match じゃない映画。センス良くて好ましい。
少年の無垢な心が主人公の無くした心を揺さぶる感じが清々しい。

LGBTQに関して理解されていない現状が切ない。
異性だけでなく、人と付き合っていく上で「そもそも、この人を本当に愛していたのか」「どこが好きだったのか」というところが盲目になることがあると思う。
その場合、大抵はその相手と再び交流することで再確認することが出来ると思うが、その相手が死んでしまった場合、どのようにして確認すればよいのか…主人公と自分を重ねてしまう。とても素晴らしい
SP

SPの感想・評価

-
なんといったら良いのか、とてもとてもよかった、基本的に手持ちの撮影で、揺れゆく画面が不安定に浮遊しており、感情が見えなくたって行動で彼の受け止めきれなさや、自分というものを見失ってしまっているのが分かって苦しかった。喪失の先、苦しみの果てに行きつく場所のはなし。良い映画です。あと子役とんでもねえ
Katsumi

Katsumiの感想・評価

3.4
難しいかった、何度も見ないとダメかも

ジェイクギレンホールの雰囲気は大好きです
一回全部バラバラにして点検して組み立て直す
そんな簡単なことがなかなかできない

そして見逃してたことが少しずつ見えるようにる

主人公と一緒にメモを見つけた時は泣いた
脚本 4
演出 4
画作り 4
音 4
独創性 4
関心の持続 3
演技 5
陶酔感 4
言葉 4
バランス 4
自分にしては珍しく観たくなったヒューマンもの
割と満足できました

妻が死んで以降、徐々におかしくなっていく主人公。ついには自宅まで(物理的に)破壊していくんだけど、なぜか不思議と主人公が回復していくようにも観えるのが印象的だった。
tune

tuneの感想・評価

4.4
ジェイク・ギレンホール堪能映画

シリアスとコメディがちょうど良く織り交ぜられたテンポの良いストーリー展開

他人からの評価を気にしすぎて、自分を偽ることの馬鹿馬鹿しさ
自分に正直に生きることの大切さ

ジェイクの演技はやはり素晴らしい
何度も観たくなる映画でした