雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

自分もこういう境遇になったらこうなるのかもって思ったりしました。
ギレンホールはまたこんな役なんだな、、、とも。

邦題は原題とズレすぎてて微妙です。“Demolition“のつもりでもう一度観たいです。
好きな人がいなくなった時、降られたときに見る映画として保管。
全部壊れればいいのにを実際にぶっ壊していく映画。
Billy

Billyの感想・評価

3.9
なんだろう、不思議な作品。
訴えかけてくるメッセージが難解なので、探り探り観ました。
なんとも表現しづらくて、
明確な感情もわからないけれど、
でも終わりには涙が止まりませんでした。

交通事故で妻を亡くしたディヴィスは悲しみを感じていない自分に気付く。そればかりか、今まで気にならなかったような日常生活の些細な存在が気になって仕方がない。
理解するためには破壊し、破壊してから組み立て直す。
物理的に破壊行動を繰り返すディヴィス。
そんな最中に出会う人々に影響されながらも彼も心の中を破壊し、理解し、再生していく。

中盤まではキチガイっぷりを発揮しまくりの主人公ですが、
なるほど。1度見終わってみると全く印象が変わりますね。
もう1度作り直すためには、例え痛みを伴っても破壊しなければならない。
何度も見て理解を深めたくなる作品です。
「ほう…。」
エンドロールでため息がもれる作品。
アート系映画です!
妻を亡くした夫が主人公のストリーであるが、感情輸入がしにくく消化不良かなと思いました。

そもそも、英語の原題は「Demolition」(爆破、破壊)だそう。
邦題の「雨の日は会えない、晴れの日は君を想う」がモヤモヤする原因の一つかもしれない。笑
だけど、私たちがモヤモヤとフラストレーションを溜めていたように、彼だって自分の中にモヤモヤがあったから、それを投影した電化製品や家を、物理的に壊してみたかったのかな。

彼は何を求めて破壊活動をしているのだろうか?ということを考えながら観ると、違った受け取り方が出来る。
ただイカれてしまっているわけではなく、イカれてしまっている自分に戸惑い、必死に自分の心を探していたのだ。
心を亡くしたことなどない自分には、なかなか彼の気持ちはわからなかった…。

クリスを演じるジュダ・ルイスが美しいです。中性的な美しさは、子供の頃は特に迫害されることも多いかもしれない。
クリスの場合は事情もあり…
美しいということは、素晴らしいことなのにね。

ジェイク・ギレンホール主演の『ナイトクローラー』も、狂ってるから手を出すのが怖いけれど(笑)、観てみようかな!
iku

ikuの感想・評価

3.5
雨が降ってるときは、あなたは私に気づかないけど、晴れたら私のことを考えるよ。
些細な彼女のユーモア。
存在していた何かに気づく。

翻訳もどうかと思うけど、それをタイトルにしちゃった事で、色々ミスリードしてるところが残念。
これはもう一回観たいな〜。
ファックはいい言葉だが多用すると価値が下がるは名言だと思います。
ひろ

ひろの感想・評価

3.8
ジャン=マルク・ヴァレ監督によって製作された2015年のアメリカ映画

今までに見たことがないアプローチで愛と再生を描いた作品
ある日突然、妻を亡くした主人公
それなのに何も感じない自分
彼は分解と破壊という行為に身を置く
彼が行き着く答えが胸を打つ

ジェイク・ギレンホール演じる主人公
妻を亡くしたのに何も感じない男
あまりにも身近な存在って時に空気みたいになってしまって、あって当たり前だからその価値が分からなくなる
この作品はその価値を見出すための過程がユニークだから面白い
ジェイク・ギレンホールの最近の出演作はレベルが高い

亡くした妻と向き合うだけの作品ではなく、シングルマザーとその息子との交流も大事なシーンだ。人は他人との交流から自分を見つめ直すこともある
本当の自分の心内なんて分かっているようで分かっていないものだ

起承転結の起承転までが斬新で、いったいこの物語はどこに終着するのだろうと心配になる。おそらく主人公も自分がどこへ向かっているか分かっていない。そんな主人公を見守りながら最後に彼が見せる新しい自分、いや本来の姿。それが心に残る作品だ
LIAM

LIAMの感想・評価

4.5
個人的には2017年一番好きな映画だった。破壊の中で再生していく主人公がすごく印象的で、見てから暫く経った今でもだいぶ鮮明に映像が浮かんでくる。DVDやストリーミングで配信が始まったので、噛み締めて何回も観たい。
『”ファック”はいい言葉だが多用すると価値が下がるしバカに聞こえるーーバカに聞こえるだけで腹も立たない』


■ あらすじ ■
デイヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、エリート銀行員として富も地位も手に入れ、美しい妻との裕福な結婚生活を送っていた。だがある日その日常は突然壊れる。妻の運転する車で通勤中、不運にも交通事故に遭い、自分は軽傷で済んだが妻は助からず、命を落としてしまう。とんでもない事が起きてしまった。はずなのに、デイヴィスは涙ひとつ流せなかった。悲しみに浸ることもなくいつも通り出社しいつも通りの生活を送る。ただそこに妻の姿が無いだけ。周りはそんな彼の様子を見て心配する。
そんな中、デイヴィスは妻の死をきっかけに、今までは見向きもしなかった色々なことに興味がわいてくるのを感じていた。主に、”破壊・解体”である。義父が言っていた「何かを直す時はまず分解し、見極め、そして組み立てる」という言葉。それをあらゆる物に行い始めるデイヴィスだが…


■ 感想 ■
『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』
(『Demolition』)

個人的にとても好きなジェイク・ギレンホール主演のヒューマン映画。
あぁ〜、すごく好き。こう、色んな意味でグサッと突き刺さってくる映画だった。
愛する妻が死んだ。普通は嘆き悲しむはずで、そうあるべきなのに、涙ひとつ流れない。ひとりトイレで泣き真似してみたりする。やっぱりダメだ。悲しむフリすら上手にできない。どうしたんろう。
自分でも混乱する彼がとった行動が、原題でもある「破壊・解体」。悲しむわけでもなく突然会社のトイレのドアを解体したり、あれを解体して部品を並べてみたいとかボソッと言ったり、工事現場に入り浸って解体作業を手伝わせてもらってたりと、周りから見たら彼の行動は些か奇妙で異常なものなんでしょうが、ちゃんとそこには意味があるんだよね。解体していくことで、彼は自分の心も一度バラバラにして、よく向き合ってみようと思ってる。そうして正しく組み立てられたら、きっとこの感情の正体や意味も、分かるはずだと。行動原理はそこにあるんだよね。
「胸にぽっかり穴が空いてしまったみたい」なんて表現をよく聞くけど、彼の状態はまさにそれの究極版といったところでしょう。本当にぽっかり抜けてしまって、自分はどうしてしまったんだろう、とひたすらに不思議で仕方ない。だから一度分解して、中を見てみないと分からない。別に彼の頭がおかしくなってしまったわけではなくて、(周りから見たらおかしくなってしまったとしか見えないんだろうが)なんとか答えを見つけようとただもがいてるだけのことで、それはやっぱりとても苦しくて悲しかった。最後に彼が言う言葉の一部、
「ただ おろそかにしていただけで」
これがこの映画の全てだと思った。全部そう。仕事にも、妻に対しても、自分の感情にも、全部に対して彼はただおろそかにしていただけ。だから突然日常からぽっかりと何かが抜け落ちてしまった時に、しっかり向き合ってこなかったから、どうしていいか分からない。よく考えてみたら、妻のことよく知らないじゃないか、と混乱してしまう。
それってどーなの、と思う人もいるかもしれないけど、なんかこれ、すごい分かるんだよなぁ。全部に正直に向き合える人なんていないし、だからやっぱり彼と同じように、いざそういう場面に立たされた時、あれっ?どうしたらいいんだっけ?ってなることは、実は日常でもあったりする。人の死ほど大きなものじゃなく、もっと些細な事とかで。
だから最後の彼の表情には涙を堪えきれなかったし、人の感情ってここまで難しくて面倒で、だけど何よりも分かりやすいものなんだなぁと、そんなことをしみじみと感じる、密な映画だった。やっぱりジェイク・ギレンホールは表情の作り方が絶妙に上手い。素晴らしい演技でした。
有酸素

有酸素の感想・評価

3.6
' 解体 'してく姿がよく似合うジェイクギレンホール。日常のなかでちいさな仕掛けに気付く人生か気付かない人生かは瀬戸際。愛とは受け取らなければ穴の空いた瓶に水を注ぎ続けるものなのかもしれないね。