• Filmarksトップ
  • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの感想・レビュー

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:101分
    監督
    ジャン=マルク・ヴァレ
    脚本
    ブライン・シップ
    キャスト
    ジェイク・ギレンホール
    ナオミ・ワッツ
    クリス・クーパー
    ヘザー・リンド
    ポリー・ドレイパー
    ワス・スティーヴンス
    ブレンダン・ドーリング
    トム・ケンプ
    C・J・ウィルソン
    あらすじ
    妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

    「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・レビュー

    vanilla
    vanillaの感想・レビュー
    2017/05/17
    4.0
    君が死んでも世界は続く。僕の人生は昨日と何も変わらないように見える。果たして僕は何を失ったのだろう
    故障かな?と思ったら分解する。細部まで点検してふたたび組み立てる。何が原因かわからないから壊す、ひたすら壊す。
    ジェイクギレンホールの狂気が健在でなにより
    翠
    の感想・レビュー
    2017/05/17
    3.5
    話の進み方が独特のテンポで、最初は正直眠いなと思ったけど、そのテンポだからこそのリアリティがあったと思います。正攻法ではないけど、これも一つの再生の物語だと思いました。
    HiroEire
    HiroEireの感想・レビュー
    2017/05/17
    4.0
    繫ぎとめていた物が事切れた時、人はそれに価値を見出そうとする。
    abc
    abcの感想・レビュー
    2017/05/17
    3.7
    人を選ぶ映画。
    原題はdemolitionで破壊という意味。最近の小説っぽい邦題にひかれて見たら少し違うかもしれない。
    cyph
    cyphの感想・レビュー
    2017/05/15
    5.0
    映画らしい映画ではないのかもしれないけど観たいものを観たというきもちで本当によかった オールタイムベスト、わたしは『永い言い訳』よりこっちの方が好き 誇張して言えばあっちはジェットコースターこっちはメリーゴーランドだったと思う なにも気負わずなにも期待せず目を開いていればいいという安心感 すべてがメタファーになる感覚 矢継ぎ早に常に少しだけ上回っていくテンポもちょうどよかった この先も時々観たい
    まーや
    まーやの感想・レビュー
    2017/05/15
    3.9
    やっぱりジェイクはすごい
    と
    の感想・レビュー
    2017/05/15
    2.3
    邦題が好みだったので視聴。
    僕の感性が足りないからか、意味不明で曖昧なまま終了。

    妻を亡くした悲しさを涙によっては消し去ることができず、何かを破壊又は解体することによってようやく悲しさを払拭したというお話。シングルマザーとの出会いは主人公の破壊された心を再構築する役割を果たしたのだろう。

    ジェイク・ギレンホールの演技は素晴らしいし、時折ユーモアがあって良かったのだけれど、ストーリーが分からないのでこの点数で。
    kbt
    kbtの感想・レビュー
    2017/05/15
    4.0
    じわじわと心に残る作品。

    再生の方法には共感出来ないけれど、
    過程にはすごく共感出来る。

    ゆっくりおかしくなる主人公がリアル。

    突然の喪失に、ステレオタイプな反応をしないと変人に思われる。
    けれど、そんな共感は必要なくて。
    再生の方法や時間はそれぞれ方法でいいんだって思えました。

    再生の過程で過去と向き合えたことも救いでしたね。

    デイヴィスとカレンのプラトニックな関係性が羨ましかった。
    人との関わりで癒されていき、再生出来る。希望が見えた映画。

    えっ‼︎ってことが終盤ありましたけどね〜笑
    nyny
    nynyの感想・レビュー
    2017/05/14
    4.1
    邦題がしっくりこないけど、、、
    相性がいいのか結構刺さった、主演のジェイクギレンホールの演技が◎
    ryo
    ryoの感想・レビュー
    2017/05/14
    4.2
    予告みたときに『永い言い訳』か??と思ったし、どうしても比べてしまったけれど、当然同じではなかった。こちらのほうが好きかもしれない。

    言い方としてどうかというのは別として、ストーリーとは別で出てくる背景、風景、人物がやっぱりセンスがいいというか作品自体スタイリッシュというか。音楽、クリスのキャラクタ、ダンス、雑踏を踊りながら練り歩くようにすりぬける映像。そこにきて妻の秘密。やられた、と思いました。

    ほぼ同じティーンといえど、やっぱりお国柄というか絶対的な違いはあるなぁとクリスが魅力的すぎてコッチよりな感想でしたー

    内容とのリンクはあれだけど、邦題が素敵。