雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.8

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

止まって自分と周りの社会をみて見る
メタファーだらけの素敵映画.

これからサンバイザー見る度に思い出しそう.
Kino

Kinoの感想・評価

4.3
今日は雨だったのでふと『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』を思い出して、観た。

亡くした妻のことは何も知らなかった男の“解体と再生”。

つくりも回想やフラッシュバックの交え方、心の機微の描き方どれも素敵。ただただ素晴らしくて、好き。
何故劇場で観なかったんだろう、悔やましい。
期待していただけになかなかすっきりしない映画だった。出たしのつかみは見事。だけど終着点が難しい。
いろいろな破壊が見れたが、1番びっくりしたのは銃の試し打ち。街中で踊り出すのは観ていて楽しかった。
主人公もぶっ飛んでるけど、顧客係のカレンも割とおかしい。
観終わって自分としてはこの邦題で良かったと思う。そこまで的外れじゃないし、破壊、解体ってタイトルじゃ観る気はあまり起きないかな笑。
88ij

88ijの感想・評価

3.7
メリーゴーランド
imnr

imnrの感想・評価

3.2
妻が死んでも泣けない夫。
愛していたかどうか分からない人間の喪失でも、心の空虚を埋めて前を向く為のスクラップ&ビルド。
完全に初動で主人公の行動にファッ○置いて行かれたのが致命的。
お客様相談窓口との相互ストーカー行為も普通引くだろって話なので、進展するのがフ○ック共感出来きず。

作中になぞらえて無理矢理ファ○クをねじ込んでみました笑
フ○ッキングッドなサントラに内容が追い付いていない。
徹子

徹子の感想・評価

3.2
外国版永い言い訳
全てをぶっ壊すシーンはスカッとした
yugyug

yugyugの感想・評価

3.9
交通事故で妻を亡くした夫が、妻の死や自分自身、その周りの人々と向き合っていく物語。ひょんなきっかけで、自動販売機の会社のカスタマーサービスとして働く女性と連絡を取り合うことに。そして、そこかしこに張られた伏線は少しずつ回収されていく。物語の輪郭はあえて明確にはされていないので、解釈は人それぞれに分かれるのかなと思う。私には、愛の物語だった。ただ、非常によくできた作品で、深く考えなくてもテンポよく面白い。きっと次に観た時は、違う感触で楽しめるんだと思う。ジェイク・ギレンホールは、ますますいい俳優になったなと。ひとつだけ、原題を見逃していて、観終わって調べてみた。『Demolition』だと知ると、ストンと腑に落ちるものがある。邦題も中々いいんだが。
Erika

Erikaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

私は邦題の方が好きです。

後半に出てくる 奥さんが残したメモ
"If it’s rainy, You won’t see me,
If it’s sunny, You’ll Think of me. " で
あぁ、ズルイなぁ… と、、涙。

人生は素晴らしい訳ではない
人生は悲しくて美しいものだ by監督
かつみ

かつみの感想・評価

3.7
今まで無関心だった物事に亡くした妻を通して、剥き出しになっていく様は見ていて迫るものがあった。狂気じみてるけど他人事には感じない