雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

Shoko

Shokoの感想・評価

3.5
90本目。雨の日は会えない、晴れた日は君を想う見ました(タイトル合ってる??)
タイトルだけでなんとなく見たいと思っててレンタルしましたけど、全然単なる恋愛映画じゃなくてびっくりしました。なんかこう、もっと切ない恋に胸を痛める系男子の映画だと思ったのに…
一言で言うと「奥さんが死んで奇行に走っていい感じの女子と仲良くなってその息子とも仲良くなったけど最後に衝撃の事実が…夫婦とは…愛とは…?!!?!!」みたいなかんじです。(一言?)
面白かった。
ジェイクギレンホール、あんまりちゃんと見たことない(と思ったらノクターナルアニマルズに出てたね…)けど、良さがすごいあります。顔もいいし、絶妙な按配。
ナオミワッツも良かった。

とにかく話がね、じんわりと良いです。派手さはないけど、なるほどね、ってなります(?)
日本の小説読んだみたいな回りくどさがよい。
MAIKON

MAIKONの感想・評価

4.3
生産性的な破壊行為?
なんだか危険でギリギリのラインを歩いてるんだけど、川に流れてる葉っぱを観てるような静寂感?

なんて言ったら良いかわからないし、観る人100通りの解釈がある気もする。
ゆっくり壊れていくのかと思えば、ゆっくり育ち直している気もするし。
主人公でなくとも、出演してる人の誰かには必ず共感できる何かがあるような。
思い当たる節があるような、ないような気持ちにさせられる映画。

愛はある。疎かにしていただけで。
fuckは多用してはいけない!
使い方が難しいけど、便利な言葉!!
んんーーー、くそエモい。
e

eの感想・評価

2.6
ひたすらに惹かれたタイトルと
佇む男の人で観た

しかし,タイトルにそぐわぬ
まさかの事故後妻を愛していないと気付き悲しくないという夫
嘘だろうそんなことあるのか?
いなくなったら存在の大きさに気付くとかではないのか観ているこっちが悲しく妻の両親や周りの人と一緒で怒りさえ感じてしまうくらい 🙍🏻‍♂️🤷🏻‍♀️
次の日には出社って!しかも全部分解したくなるって会社の時計分解したいってそりゃ社長の妻の父は怒るよ...

謎めきが凄い
 いくつ感想を読んでも、また発見があり、いつくもの解釈を生む映画。
 それが、いい作品だ。そうやって、何度も味わえるからだ。
 主人公はエキセントリックに描かれているが、それはフィクションだからだ。程度の差はあれ、人はだれかを失うと混乱する。
 ジェイク=ギレンホールはこんな役をやらせたら本当に巧い。
 また、この映画には比喩も多い。
 壊れた心を表わす、解体。その逆の再生を表わすものなど。
 そして、そういうことを描ける監督は、何かを失ったり、心が傷ついた人々の気持ちがよくわかっているのだろう。
 役者もみな派手には演じていないし、ありがちな「叫ぶ」演技もしていないが、それがしみじみとした感動を生む。
 味わい深い。
Kansuke

Kansukeの感想・評価

4.2
公開当時から気になってたのにずっと見てなかった作品

すごく良くないですか?
音楽とか、セリフとか、装飾とか、
1つ1つの行動とか

あと、ジェイクギレンホールじわじわと好きになってます
Ta

Taの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

寂しさとは、、感情とは、、
人が亡くなり、特に配偶者の死が与える衝撃。

主人公は、悲しみを感じられず、何かを思い出すように破壊に走っていたのだと思いました。

それを周りの様々な立場の人が、どう思っているのか。

観ていた私がどの立場であったのか。
おそらく観る人の性格、経験で感じ方の異なる映画であったかと思います。

最後に原題と邦題について、あんまり作品内容を表したものではなかったように思います。
邦題の英訳自体にはホロッときますが、、
悠

悠の感想・評価

3.7

雨の日。
壊れた冷蔵庫。
壊れた関係。

晴れの日
ピカピカの家。
一流企業に勤める自分。

雨の日にちゃんと今日は雨だって分かることができてたら、晴れの日に思い出すんじゃなくて、ちゃんと会うことができてたんじゃないのかなって解釈。

雨の日にも会える。
晴れの日に君のことを想う。

難しいけど、良い映画でした。
azumi

azumiの感想・評価

3.6
難しかった…どんどん周りのものを解体していくジェイクギレンホールを見ていてとても苦しくなった。失ってからはじめて大切なことに気付くって切ないね。
koooshin

koooshinの感想・評価

4.0
主人公にどこか自分に似ている点を感じてしまう
個人的には好きだった
原題はDemolition(解体)です。

確かに男がある事をキッカケに解体にハマる変態アナスイ的、ダイバーダウンでもぶちかましてやろうかと思うような物語です。

妻を事故で失くすも、涙が出ない、悲しみを得られないデイビス。
デイビスは妻の事をよく知らなかった。
気持ちに整理がつかないデイビスは身近にあるものを壊し出す。
やがてその行為はエスカレートして…。
夫婦愛、親子愛、裏切り、青春、破壊と再生の詰まった作品です。

観た後に色々壊したくなる。

解体しまくるジェイク・ギレンホールの演技は圧巻。
一つの事に固執する不気味な姿を演じるのがうますぎる。(いい意味で)

破壊は再生であり、
再生は破壊への道程と思わされました。
傷ついた者たちが、何を破壊し、再生したのか?
答えは多分、観た人に委ねられるのでしょう。

是非ご覧ください!