雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

理解が難しい抽象的な映画。かなり集中して観ないと置いてかれます。(私は置いてかれました……)

妻を亡くした男の再生の物語。と、大筋だけなら単純ですが、いかんせん解釈が難しい場面が多い。
デイヴィスの行動や発言に疑問符が付いている間に話はどんどん進む。
幼少時代のかけっこ、海辺の妻とのシーン、会社のトイレの解体……
挙げるとキリがないのですが、私みたいに、あるシーンに理由を求め過ぎて、かつ想像力が足りない人だとこの映画は楽しめないかも……

自分の力不足でこの作品の魅力に気づけないのが悔しい。
機会があればまた観たいと思います。
あ、雰囲気は割と好きだったので、飽きずに観れました。
ヤバすぎる映画
果てしなくグロすぎてとても受け入れきれませんでした。なんかすごい主人公に自分が入り込みすぎちゃった。 感情ね、。
評価できるレベルじゃない
Tenn

Tennの感想・評価

3.7
登場人物の心理描写や物語のテンポもよく見やすい映画だった。
挿入歌のセンスも物語の不思議な空気感に合ってて〇
めの字

めの字の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最後車をぶつけちゃった人との対面で暴れないかどうかドキドキしてしまったけど、ちゃんと落ち着いていてホッとした。その後は車に戻ってちゃんと悲しんで泣くことが出来てよかったな、と思う。悲しいんだ、と気付いて涙を流せるって大事なことなのかな、と思った。
不思議な映画で、不思議なかんじで終わってって、面白かったけどなんだろな〜と思ったけど、ネットの解説読んでめっちゃしっくりきた。
とても面白かった
基地外じみているがどこか理解できるそんな映画
交通事故で妻を亡くしたのにその死を悲しめない夫が自分の感情の欠落に気づき、母子との出会いをきっかけにだんだんと心を取り戻していってついに妻の死を悲しめるようになる話。

いや、いい話なんだけど。

修復可能なものと可能でないものが世の中あるっていう提示から主人公の精神の再生につながってくるんだけど、ラストのオチまで持っていくために家をぶっ壊しまくったり会社のパソコンを壊したりするパフォーマンスが誇張されすぎているように感じてしまってあまりのめり込むことができなかった。
そもそも、あの家は2人が買った家なの?会社のパソコンて自分のものじゃなくない?会社のトイレ壊して大丈夫?
といらん心配をしてしまった。
笑える要素なしにそういうことが起こっているからちょっと「えっ?!」ってなってしまったかな。
邦題はすてき。
Mocha

Mochaの感想・評価

-
ホームでサングラス咥えて手紙書いてる姿最高

ロケ地の海どこだろう素敵!

ジュダルイスくんが最高
takumi

takumiの感想・評価

4.3
理性よりも感覚にダイレクトに届いて来る感じの映画。

ジェイク・ギレンホールの、繊細な表情からイカれた動きまで演じ切る演技力、すごい。『サウスポー』とは少し違うが、再起を果たすキャラクターが彼には似合っているなと思った。

会社のオフィスから家具から色んなものを分解してみたり、いきなり踊り出したり、やってる本人もよく分からないような行動。大麻中毒の女性とそのクレイジーな子供との関わり。ちょっと変わった内容だし、正直一回観ただけじゃ分からない部分もあったが、とても面白かった。音楽や映像の雰囲気も監督よセンスが感じられる。

この手の映画にしては尺も短めだし、適度に笑えてわりかし観やすい映画。もう一回観たいと思える作品だった。
dee

deeの感想・評価

3.7
ジェイクギレンホールの目力ってミッション8ミニッツで初めて見たときはゾッとしたのに、なんか最近見る映画見る映画で見かけすぎて慣れてきたしなんか癖になってきたよ。

苦悩してる役を演じてると、なんとなくブロークバックマウンテンを思い出すね。