雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

ANNA

ANNAの感想・評価

3.8
心が、壊れそうな時、オススメ
多方面の立場から観れる。
心が、壊れそうな時はいっそ壊した方が
前を向いていける。
タイミングよく出会えて良かった。
冷めた心が温かさを
取り戻せそうな気がした。
千屋

千屋の感想・評価

3.2
妻を喪った男の再生の物語というよくある話ではあるが、(物理的な)破壊を伴って自分を癒やす、という展開は珍しい。当初のクレーム手紙連発からは別の展開を予想してたけど、こっちに転がるのか。亡き妻からの愛を自覚したあとの義父との会話は、ああ、こういうのってものすごくよくあるシチュエーションなんやな、と思った。大なり小なりね。当たり前であることに慣れてしまうっていうのは映画でも描写としてよく使われるし、日常でもよくあるなって。
Eee

Eeeの感想・評価

4.1
Demolition

取り壊し、破壊、打破

芸術的に巧い!映画でした。
メタファーと役者の妙。

周りから見たら完全にサイコだし痛々しいのに、崩壊する自分の感情に寄り添えないジェイク。どう考えても感情移入し難い設定だと思っていても、ふとした瞬間に腑に落ちたり 共感したりする瞬間があるような。
破壊衝動って結構根本的な本能だったりする。

ふいに曇った過去を見詰めるような 分かれ道で立ち止まるようなジェイクの表情が切ない。取り繕った笑顔も悔しいほど良い顔だったり、空気感や微妙な眼の色でここまで演技できる俳優、凄い。年々奥深さが増してゆく気がします。

多少難解ですが 最後まで辛抱強く(?)追いかけていると、割にストンと収まってくれたのが良かった。
この手のオマージュ進行映画は中途半端な回収放棄が多い気がして多少疲れを感じていたので。

挿入歌で印象付ける登場人物のイメージも面白かった。
現実なのか幻想なのか曖昧な線引きや、間に挟まれる奥様の映像は、インセプションのそれと重なるものがあったり、、

突如変わる日常→破壊衝動→解放(つまり打破)
まさに demolition

最後のメリーゴーランドと駆け出すジェイクの清々しい笑顔、微笑みに変わる妻、にやりと笑うクリス(これまたダ・ヴィンチのサライを彷彿とする中性的美少年。素晴らしかった)。
周りをちゃんと“見る”って意外と難しい。

見えて、よかったね。

思いがけず新鮮な面白さを感じる作品でした。
みじ

みじの感想・評価

3.9
想像してたのと……全然違う。。
な前半~中盤。

珍しく、何も見ず読まずに見ました。
てっきり、違う感じの崩壊~の再生と思い込み…( ´Д`)チガッタ。

少し、いや結構もやもやして見てましたが……中盤以降は、去年のブツを見つけたくらいから、雰囲気が。。
ラストなんて、何故か少しスッキリ!

( ゚д゚)ハッ!良い映画でした……
素敵な終わり方だなぁ( ´∀`)
EMIRI

EMIRIの感想・評価

3.9
すっっごく良い映画で好きなんだけど、今だに伏線に気づけてない悔しい
多分二回目から理解できるかも
原題"破壊"の方がしっくりくるよ、、
ただ何もかもを破壊していくところは本当に胸がつらかった。不鮮明な喪失感が破壊に繋がる気持ちは分かる
思ったより頭おかしい映画だった
えなさ

えなさの感想・評価

3.8
結末の意味がわからなくて見終わった後、批評観てやっと理解。笑
もっかい観たい。ジェイクギレンホールの中では私的に1位
Canape

Canapeの感想・評価

4.3
何にも感情も関心もない男の再生の物語。ジェケットで悲しめのお話かと思ってたら開けてびっくり!こんな魅力的なジェイク・ギレンホール見たことない!!今まで気付かなくてごめんね!ってくらい男の色気が溢れていたよ!ターミネーターのエドワード・ファーロングを彷彿させるそ中性的な美少年ジュダ・ルイスの強烈なインパクトにノックアウト。この2人が向き合うことでそれぞれの人生に向き合っていく感じも良かった。終始風景や色が美しいけど、ラストに向けて更に花開くような美しい描写の連続に口元が緩んでしまう。人生っていいね。何にも考えずにこの世界にダイブしてほしいくらい素敵な映画だった!!解釈はネタバレに。ちょっと内容のネタバレもあるので見てから読むことをお勧めします。
ジェイクの新しい魅力を発見してちょっとだけ点数高め。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.5
日常のなかにあって突如現れた非日常。そこから先はずっと非日常。日常に戻ろうとするも非日常。失った自分に気づかない。もはや非日常が日常なのに。むしろいままでも非日常だったのではないかと錯覚しはじめる。だからいままでのことを書き出してみる。

デイヴィスの沸々とした感情を感じる。誰に話してよいかどこまで話してよいのか。失敗した!マジかどうしようエイっ!衝動的になるものだ。恥ずかしいから。

自分自身でさえ分からないでもがいているのに周りは当然。『あなたが分かりません。』って顔をする。願わくば気付いてほしい。

自分探しの旅は楽しいもんじゃない。観光なんて期待できないしむしろトラブルばかりだ。高級料理なんてないし自炊だ。食材探しからはじめる。毒キノコを食べておなかを壊し、『このキノコには弱いんだ、食べたらいかん』と学ぶ。木登りが得意かもしれないし狩りが得意かもしれない。山菜採りは人に任せようとか。

楽ばっかしても苦労ばっかしても喜怒哀楽を無くす(感じなくなる)。感情一色にしようとするものなら、七色の美しさを忘れる。社会人に少なからず建前は必要だが、どうか忘れたくない。

イエスを百万回言おう()
y

yの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

全然理解出来ていないのに見終わったあと雨が上がったみたいにすっとする映画。

悲しみがすんなり頭に入って来ない時ってありますよね。もう2度会えないのに空気の様になっていたから居なくなるのが実感出来ない、居なくなる実感がないから悲しくない。あとはぱっと手の平から取られてしまったから無くなったことが分からない、ちょっと出張に行っている感じ。でもこれは幸せも一緒なんだろうな。いきなり手の上に置かれても理解出来なさそう。

あのいつも家に周りにいたり付いて来ていた車は事故を起こした人だったんですね。

デイヴィスも義父フィルもモレノの息子クリスも最後には心から温かい気持ちが持てて良かった。

邦題の意味はなんだったんだろう?これから感想巡りをしたいと思います( ´◡` ).*
うどん

うどんの感想・評価

3.8
雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
これちゃんと伏線回収できないと観てもあんまり意味ないかなと。
この言葉が2人の全てだよ!
当たり前を当たり前と思っちゃあいけん
当たり前を大切に当たり前に一緒にいる人に想いを伝えなきゃだめだね

もうちょっと伏線回収わかりやすい方が良いのでは?😇