雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

しー

しーの感想・評価

2.5
前半は号泣映画。
こんな、悲しみに向き合わせてくれる映画ってなかなか無いから、だらだら泣いた。

後半が説明不足でよくわからなくて、「雨の日は会えない、晴れの日は君を思う」の意味を考え中。

今のところの考え↓

奥さんは特別支援学級の先生だった。
あのメモを見てからカルーセルを破壊せずに子供たちのために修復した。
修復したカルーセルを特別支援学級の子どもたちに解放、義両親も呼んだ。


特別支援学級では物の使い方や名前を覚えるためにメモを使う事がよくあって、亡くなった奥さんは仕事以外の時間にも、子供たちのためにメモを作っていた。
もしくはメモを作ることが癖になっていた。その名残があの、サンバイザーをクイズにした「雨の日は会えない、晴れの日は君を思う」だった。
If it's rainy, You won't see me, If it's sunny, You'll Think of me.
↑雨の日は私はいらないけれど、晴れの日は私を探すでしょう。さて、私は誰でしょう?


夫は破壊活動をしながら妻との関係と向き合い、夫婦関係が破綻していた事を知る。わずかながら残っていた愛のかけらみたいなものも、妻の裏切りを知って全て壊れてしまう。

全てが破壊された荒涼とした心風景の中にあのメモを見つける。

唯一確かなもの、妻が大事にしていた特別支援学級の子どもたちと交流することで初めて妻の生き方、存在を理解する事ができた。
義両親も然りである。

そんな感じでしょうか。

あのメモが、妻が夫に当てたメッセージだと考えるのは無理があると思う。メッセージを送るほどの愛はなかったと考える方が自然。

いや、違うな。
彼女は母親からのプレゼントのタオルを勝手に返却している。そしてケンカ中。って事は、両親の押し付けに反発していた。
彼女本人ではない人の勝手な押し付け、解釈、イメージ付けに反発しているんだから、夫に対して愛があったか無かったかも、本人以外誰から見てもわからない、が正解なのかも。
それこそが喪失、人がいなくなるってそういう事。

なぞなぞの答えはサンバイザーだけど、ジェイクギレンホールが探している疑問の答えは永久に明かされる事はないのね。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.6
人間自分の辛さに気が付かないとダメだね。
で、ヤッパリ気が付いたらガーッ!と泣かないとダメだね。

壊れそうになった彼は、ものを壊して自分の破壊を食い止めたのか…
フラッシュバックの中で段々と自分を取り戻していき、最後には古いメリーゴーランドを直す事が出来た。
きっと彼の気持ちも修復出来ていくんでしょうね。

それにしてもこの邦題には頭をひねる。
Shogo

Shogoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

妻の死に対して悲しくないという主人公だけど、少しずつ精神が蝕まれ始める。物事を解体してその仕組みを知りたいという衝動が、物事を単純に破壊したいという衝動に繋がる。身の回りの余計なものを破壊し尽くした時に、実は存在していた彼女への愛を見つけたのではないだろうか。
またカレンとその息子の存在がお互いに不完全な要素を補完し、回復していく。
桜花

桜花の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

なぜ妻が死んでもなにも感じないのか?自分の心を知るため、破壊に次ぐ破壊を続け、その末知った事実にショックを受ける。そのあとあのメモを見てほっとして救われた気分になり、本当に妻の死を悼むに至る。
のを描いているっぽいが、描写が淡白でわかりづらいとは思う。
全体的に響かなかった。
タイトル惹かれすぎて雨の日に観てみたかった。

よく分からなかった(笑)
まず、観てて思ったのは、
男性の感覚と、女性の感覚って、全く違うんだなぁと思いました。
まぁ、男性女性問わず、表現したいもののアプローチはいろんなやり方があるんだなぁと。
私は映画をみていて、心がぐあんぐあん揺さぶられる、そんな映画が好きで。
これはどちらかというと、男性的というか、
男性が大切なものを失って、"大切だったんだ"と気づく過程が表現されてたなぁと。
心が揺さぶられるというよりは、頭で理解していく様子が描かれていたと私は思う。
結婚生活に縛られていたと感じるのであれば、素直にそう、行動すればいいと思う。
なにを我慢する必要があるのだろう。
いろんなことがあると思うけど、どんなに我慢しても無理なものは無理だと思うし、いずれしわ寄せがくると思うから。
素直が一番ですね。
miu

miuの感想・評価

3.6

幾重にも心が重なって、感じられる部分は奥底の方にあって。本当は心が色んな色に染まってるのに、それが溢れ出してこない。少し悲しい主人公の、奥深くにある愛のお話し。
泣ける訳でもほっこりする訳でもなかったけど、とっても良い映画だったなと思う。原題は破壊。邦題は、元になったシーンがあったものの、もっと柔らかな気持ちの部分に目を向けたようなタイトル。流れる音楽も好きでした。
ちょっと「永い言い訳」に似てる。特に盛り上がりもなく淡々とした内容だけど、芸達者なジェイク・ギレンホールだから最後まで観れました。奥さんが亡くなった後の若干逝っちゃってる感じがよく似合う。後、苦情係の職員があんな個人的な電話をして良いの?しかしあの少年の将来が怖い。
keigo

keigoの感想・評価

3.5
妻の死をきっかけに喪失感に囚われた男の再生を、宛ら精神分析治療の構造を可視化するかのように描き出す。自ら張った殻を壊しながらトラウマを探し、洞察と行動を経て対話の中でそれに触れる。徐々に軽くなっていく彼の心の動きの捉え方に加えてキャスティングも秀逸。
妻を亡くした。だが、泣けなかった。
そんな彼が涙を流したその理由は、、、


交通事故で妻を亡くした男性の心の変化を捉えた映画。
エリート銀行員として夫として満足な生活を送っていたはずの主人公。
だが妻を亡くしたその日から心の中にある抑えきれない衝動や葛藤が露わになってくる。
この作品の良さは単調なラブストーリーになっていないところ。

夫婦のお話ではあるが、それ以上に
「残された夫」「残された妻の両親」とのお話がメイン。

主人公が涙を流す理由にこの映画の全てがあります。