• Filmarksトップ
  • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの感想・レビュー

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:101分
    監督
    ジャン=マルク・ヴァレ
    脚本
    ブライン・シップ
    キャスト
    ジェイク・ギレンホール
    ナオミ・ワッツ
    クリス・クーパー
    ヘザー・リンド
    ポリー・ドレイパー
    ワス・スティーヴンス
    ブレンダン・ドーリング
    トム・ケンプ
    C・J・ウィルソン
    あらすじ
    妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

    「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・レビュー

    けん
    けんの感想・レビュー
    2017/05/12
    4.0
    タイトルとフライヤーがどストライクだったので見てみた。もう一度じっくりみたいに映画
    AdBalloon
    AdBalloonの感想・レビュー
    2017/05/12
    4.0
    難解/爽快 これらの両立を達成する作品はなかなか珍しい。
    murataku
    muratakuの感想・レビュー
    2017/05/12
    4.0
    壊して直すよりも、日常の中で寄り添う気持ちをということを、丁寧にスカッと描いてくれた。面白かった〜。

    心の衝動もすごく共感できた。
    いよ
    いよの感想・レビュー
    2017/05/12
    4.0
    ありったけ分解する主人公かっこいいよ
    アリサ
    アリサの感想・レビュー
    2017/05/12
    4.0
    潔い、素晴らしい!ララランドの直前に観たの後悔したほどにはよかった。
    maa
    maaの感想・レビュー
    2017/05/11
    -
    記録
    hiro
    hiroの感想・レビュー
    2017/05/10
    3.5
    主人公の狂いっぷりが最高でした。

    少し前に永い言い訳を観ていたので、そのギャップに戸惑いつつも。
    心の傷を回復するためには人それぞれの方法があるのだなぁと思った。
    ShogoSuzuki
    ShogoSuzukiの感想・レビュー
    2017/05/09
    3.4
    空っぽの男おもしろい
    やまもと
    やまもとの感想・レビュー
    2017/05/09
    3.7
    目の前で妻を亡くしたのに、涙はおろか悲しみすら湧いてこない。ただ、心にはずっと違和感の様なものが。それを理解しようともがく男と彼に出会った人たちの話。

    説明的な台詞があまり無く、登場人物の心情理解に多少の読解力を必要とする作品。特に主人公の妻ジュリアには最後まで明確にされない事柄もいくつかあるが、その辺は推して量るべし。

    男が自身の抱く違和感の正体に気付いていく過程はとても”映画的”であるものの、どことなく共感できるリアルさもある。ヘッドホン音楽ガンガンで街を踊り歩くのとか家財道具をぶち壊すのとか妄想では自分もやった。

    主人公とモレノ親子や義父との関わりを見てると、やはり大半の人間は孤独じゃ生きられないんだなと実感させられる。それは亡くなった妻も同じだったのだろうか..

    何ともやるせない気持ちにされられつつも、その中に見出す前向きな感情に救われる映画。