雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

sin182

sin182の感想・評価

3.3
一見幸せで、一見満ち足りた
生活の中、実際は虚無の世界で
生きている。

妻の死をキッカケに、
破壊という行為(必然)の
中で失っていた心を
取り戻して行く。

皆が、それぞれに失い、
見ない、気付かない事実を
取り戻して行く。

淡々と進むストーリーが
心地よい。
良かった!この俳優、ナイトクローラーでもそうだけど、頭おかしい役ハマってると思う笑
この映画を鑑賞するすべての人へ、
「クソ楽しんで」
ごめんなさい。
全く理解できなかった😅
ん~でも映画の雰囲気は好きです。
妻を愛していなかったことにすら気付かないほどの空っぽだった心を分解して、並べてみる。そうしてようやく見えてくる本当の自分。
痛みを知るには少しばかりの勇気が必要だったりする。けれどそれをきちんと感じられたとき、人は前に進めるのだろう。
aya

ayaの感想・評価

3.7
壊して壊して、やっと主人公が気付いたこと。その気付いた瞬間のシーンがとても好き。
YokoGoto

YokoGotoの感想・評価

3.6
<無くしてから、存在を探す旅>

ジェイク・ギレンホールとナオミ・ワッツが共演した映画ですね。
どちらも大好きな俳優さんなので、映画館に行く予定でしたが、タイミングを逸してDVDスルーとあいなりました。(すみません)

ジェイク・ギレンホールは、何をやらせても画になりますね。
演技が上手いのは言わずもがな、やっぱり、俳優としての佇まいが素敵なんですよね。長身でスーツ着てるだけで画になる。

最近は、振りきれてしまっている怪演が多かったので、普通のエグゼクティブ感漂うビジネスマン役がかっこ良かったな〜。

ストーリーは、突然妻を亡くした男性の、喪失感と再生への物語なので、西川美和監督の『永い言い訳』にもテーマが似ています。
男性の置かれた状況も、設定も似ているので、少し内容がかぶりました。

全体的には、とても軽やかな感じで観やすかったのですが、期待値を超えなかったかな...という印象。

個人的には『永い言い訳』の方が好きです。
ヨウ

ヨウの感想・評価

3.9
原題〈demolition〉意味は解体。
虚無な日々を送っていた主人公デイヴィスの妻が突然に事故死する。
妻の死をきっかけに、デイヴィスは日常を取り巻く様々なモノを破壊していく。壊れても、分解してまた組み立てたらいい。
電化製品は解体して内部を知れば、仕組みも問題も見えてくる。
だけど壊れた人の心は複雑で、解体を繰り返すデイヴィスの姿は痛々しくも思えてくる。
ジェイク・ギレンホールの芝居が魅力的かつやっぱしちょっと狂気をはらんでいて惹き込まれる。
一度観たあと内容を解釈しながら観るといろいろ腑に落ちてくるかも。
喪失、破壊、再生を描く切なくも優しい映画。
詩的な雰囲気でしっとりした後味でした。

いつかもう一度観るときは、
邦題の意味を確かめながら鑑賞したい!
RisaFukuda

RisaFukudaの感想・評価

4.5
こういう、いかにもお涙頂戴じゃない映画は好き。
観ているこちらが、ちょっと引いてしまうほどの無関(感)からの破壊行為。
ただ、この破壊行為こそがラストの安堵感を引き立てていた。
愛していたということを…
愛されていたということを…
愛する人を突然喪った時に男は・・・


財閥の娘と愛し合い結婚した男が事故で突然妻を失う。失ってみて彼女の事を良く知らなかった事に初めて気が付き生きる希望を失う。


自分を喪った彼は自らを、そして周囲を破壊する荒れた生活に明け暮れるが、改めて人生を見つめ直して・・・・


ジェイク・ギレンホールの演技に最近、注目していたのですが、改めて良い役者になったと思いました。“ディ・アフター・トゥモロー”で高校生役で出演していた時は、想像出来ませんでした。“ナイトクローラー”や“サウスポー”などの演技でも注目していました。


これからも注目して行きたいと思いました。