雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

ケイ

ケイの感想・評価

3.5
ジェイクギレンホールのもの悲しい演技がグッときた。アウトローな少年と仲良くなれて良かった!
みょん

みょんの感想・評価

3.3
こういう屈折した作品は好き!
でも、今のわたしには少し難しかったというのが、正直な感想。

妻が亡くなっても涙が出ない。
なぜ。

突然、当たり前の日常が崩れる。
頭で考えることなく流れる結婚生活。
これに欠かせない人がいなくなったことを理解するための時間の長さには個人差があるはず。

主人公にはそれを理解するのに多くの時間がかかったし、なんとも言えない徐々に増していく違和感を解消する術か、癒す術が必要だったのだと思う。

解消する術がDemolitionであり、癒す術があの親子だったのだと。


苦情の手紙があんなにも発展するなんて、"普通は" ありえないし、家をあんな風に壊すなんて"普通は" 考えられない。

きっとそこで、主人公も私たち鑑賞者も気づく。


"普通"じゃないんだ、と。


妻はいない。
今までの日常もない。
今までの自分はもういない。


変わっていいんだと。
変わらなくちゃいけないんだと。


きっと、実際に前に進むのにはまた時間がかかるはず。


でもそれも自分らしさで、それでもいいんだ、それに気づくといいな…


人は傷つけあう。
でもどうしようもなくなったとき、寄り添えるのも人なんだと思える作品。


補足ですが、意外と主人公の義父が話のわかるおじさんでした。笑

このレビューはネタバレを含みます

妻の死後、今まで気にならなかったあらゆるものが気になり始める。義父の「心は自動車と同じで解体して隅々まで悪いところを探すんだ」という言葉を思い出し、気になるもの全てを解体し始める。
気になるものは自分の心を投影した象徴であり、悪かろうが良かろうが手当たり次第に自分の心を解体していくのだ。

解体と並行してナオミワッツ親子とも関わっていくことで徐々に妻との思い出と伴に本来の自分も見え始める。
そんな中自分の家を解体している途中、引き出しのメモから妻が妊娠していたことを始めて知る。
妻を偲んで作られた奨学基金のパーティーで妊娠のことを義父母に問うと、自分だけ知らされていないことに気づく。実は自分との子どもではなかったのだ。

結果として妻との関係は破綻していたかもしれないが、色々な後悔の念からやっと涙が溢れでてくる。けれどもそこには確かに愛はあったという思いから自分が本当に妻にしてやりたいことを義父に持ちかけ改めて妻との死別に向き合うことができた。

見ようとしなかったものと向き合い、そして自分はまた新たに進み始めるのであった。


こんな感じのストーリー。
主題歌が気に入った。
LuneMatin

LuneMatinの感想・評価

2.5
「雨の日は会えない、晴れた日は君を思う」という題に惹かれてずっと前から見ようと思っていました。
心に静かに落ちてくる映画というか、意外と私好みの映画でした。
特に、主人公の表情が好き。
何も言わなくても表情だけでひしひしと伝わってくる感じ。何とも言えませんでした。
もう一回観たい。
そしたら理解できるかな?
でも、良かった!
Axlhage

Axlhageの感想・評価

3.7
地味なようで、突き刺さる作品ですね。
ギレンホールを見るのにムーンライトマイルと併せてオススメですね。
Haru

Haruの感想・評価

4.0
難しかった。でも私は嫌いじゃない。

いつか、すこしでも内容が理解出来る日が来るといいな。
Takamitsu

Takamitsuの感想・評価

4.1
ジェイク・ギレンホールさんが出てるということで楽しみにしていた作品でした。


良い役者さんです、ほんとに。

目の前に何もないかのような暗い表情の瞳がとても印象的でした。
最初から最後まで瞳で語る演技は必見です。


ただ、
残念なのは邦題のセンスがよくわからなかったこと。
それ以外はズッシリと重厚なストーリーと演出、
素晴らしい役者さんたちに彩られ楽しめる作品です。
じゅんP

じゅんPの感想・評価

4.2
大人の『インサイド・ヘッド』。

日常の中で麻痺して凝り固まってしまった感情を解体してぶっ壊して少しずつ再構築していく、その「接着剤」に当たる部分がやさしくて、二度と取り戻せない喪失の話でありながらどこか居心地がいい。
まお

まおの感想・評価

-
ジェイクさんの演技がすごすぎた
ロックにはまっておかしくなるとことかすごかった