• Filmarksトップ
  • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:101分
    監督
    ジャン=マルク・ヴァレ
    脚本
    ブライン・シップ
    キャスト
    ジェイク・ギレンホール
    ナオミ・ワッツ
    クリス・クーパー
    ヘザー・リンド
    ポリー・ドレイパー
    ワス・スティーヴンス
    ブレンダン・ドーリング
    トム・ケンプ
    C・J・ウィルソン
    あらすじ
    妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

    「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

    観終わった直後は、やっと観ることが出来た感慨の方が強くてぼーっとしたまま劇場を後にした。でも外に出て歩いているうちに、心の底からゆっくりと湧いてくる感情で胸が一杯になって、逆光の街の景色が綺麗で、半分泣きながら歩いていたのを思い出している。

    自分の感情に対してあまりにも不器用なデイヴィスが抑え込んでいた感情に辿り着くまで。ジェイクはやはり上手かった。
    脇を固めるナオミ・ワッツ、ジュダ・ルイスの親子、クリス・クーパーの義父もとてもいい味わいで。

    風変わりだけど、優しい作品だったな。
    とても好きです。
    邦題が好きじゃないし、ラストの和訳も いまいち理解できなかった。ネットで意味を知って納得できた。折角の作品が和訳で勿体ない
    ジェイクの演技は光っていると思うけど、邦題からイメージするところの哀愁を帯びたリリカルなストーリーではない。

    まず分解してみる というのはわかるにしても、家をそこまで壊すっていうのはどうかと。
    人とはたぶん悲しいもので、断片的や部分的にはそれが滑稽に見えたり、理解のできない行動に見えたりするのでしょう。それでも、カメラを目一杯引いた時に、そこには優しさが映っていて欲しいのです。
    いくら分解してみたところで理屈なんか分かるはずのないものに囲まれた日常で、いつも隣にいたはずの人も同じだったんだと気がついた時に、車のサンバイザーなんかに貼られた、なんでもないメモにもう取り返しがつかない時間を想うのです。
    この作品も映画館で観れてラッキー!
    昨年でしたよね?
    邦画の「永い言い訳」とカブるけど、公開時期はどうやったんやろ?
    こちらはガンガンと思い出の詰まった電化製品や家具や家などをぶっ壊していくのは、妻が死んでも何の感情もないと言いながらも痛々しかった…
    観てるコッチの感情が溢れ出してくる…
    そんな時にふと見つけてしまった妻の妊娠を示す紙とエコー写真。
    しかも、あなたの子ではないと義母から言い放たれ、愕然とする。
    本当に妻の事を愛してたんだなぁ〜と気付くのが遅過ぎた…

    悲しくて、悲しくて、めっちゃ悲しい作品でした。
    苦しくなってしまった。
    やっと気付き始めたのに
    もう会えないこと、
    声を聞けないこと、
    愛していたこと。

    なのに、
    子供が出来ていた?
    中絶?
    違う男の子供?

    それを知って
    どうして
    愛していた
    おろそかにしていた
    なんて言えるの
    許してしまえるの

    教えてほしい
    人の何を知って
    人を愛すればいいのか

    思ってたのと違った

    けど、

    大切なものをちゃんと大切にするのって難しい

    ってわかった
    セリフとして語られないメッセージが映像の中に溢れていて、1度観ただけでは理解出来切れないシーンも多々あり。改めて2〜3年後にもう一度見ゆっくりと鑑賞したいと思わせてくれる映画。
    原題”Demolition”は映画内容を端的に表したタイトルだけど、映画の雰囲気から邦題も悪くないように思える。