雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

富も地位も手にしたデイヴィスは、ある日突然の事故で妻が他界。
しかし、一滴の涙も流すことができず、悲しみにすら無感覚な自分に気付いたデイヴィスは、本当に妻のことを愛していたのかもわからなくなってしまう。
そして身の回りのあらゆるものを破壊し、自分の心の在り処を探し始めたデイヴィスは、その過程で妻が残していたメモを見つける。


大切な人が亡くなって、その立ち直り方は人それぞれだが、亡くなったことを受け入れられない人もいる。
亡くなってからその人の大切さに身が沁みたり、その大きさに気づく。
デイヴィスもその一人で、妻が亡くなったのに「妻を愛していなかった。辛くもなんともない」と言い、泣くことすらしない。
そして壊れた物を破壊し分解することで、ゼロからのリセットだと思い込みたかったのかもしれない。

親族よりも他人からの影響や素直な子供といった、事と離れた他人から案外思いも寄らぬ影響を与えてくれ、良い道へ導いてくれることもある。
何事にも人は一人では生きていけない。
つらいとき苦しいとき手を差し伸べてくれる人が必ずいる。
偶然出会う人こそ出会うべくして出会った人なので必ず何か意味がある。その人との出会いを大切にして、はじめて自分の心と向き合うことができるのかもしれない。
破壊こそが自分の心を取り戻す道だったのだ。
PI

PIの感想・評価

3.8
最後に気付いてくれて、泣いてくれて良かった。
やる事激しい!
でも、やっぱカッコいい!
ファッキンおもしろかった。
最後に「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」の言葉の意味がわかってもうはぁぁ〜ってった。
ジェイクのダンスもみれてよかった。
f

fの感想・評価

3.6
ナオミワッツの熟した色気と漂う哀愁が良い!現在の様々な問題をチクチク刺す脚本でLGBTまで取り上げる幅広さも秀逸でした。再構築して見方を変えるってのは何も人間関係だけでなく普遍的なことなので良いテーマだなと。ラストの爽やかな演出は味わい深く余韻に浸れるので観終わった後で感動してしまった
それにしてもジェイクの顔芸から過去作の流れもあってモノを壊すとか常識外れな行動にも何の違和感も意外性もないのがなんとも笑えるw
tieasy

tieasyの感想・評価

4.7
どうこの感覚を表していいのかわからない。
純粋にいい作品に出会えたってことかな。
深く考えず良かったという感覚。
久しぶりに味わえました。
観終わった後から、じわじわといい余韻に浸れる。
難しい作品でしたが、また観たくなる。
とてもいい作品でした。
Blu-rayが欲しい!
kotoe

kotoeの感想・評価

4.5
好きでした。ギレンホールの演技良い。そしてかっこいい。大切なものに気づくのって、遠回しだし時間かかるし、何か犠牲になるかもしれない。色んな経験とか感情が人生を彩るんだなって、なんかステキな言葉になったけどそんな素敵な言葉言いたくなる感じの映画でした。

映像も綺麗で、音楽も素敵。
分解して解体して破壊して、組み直す。
TAD

TADの感想・評価

5.0
ジェイク・ギレンホールの輝く演技が際立つ良作!さぁ…もう1度この人生をファッキン楽しもうか。

このレビューはネタバレを含みます

俺の中の壊し屋…
またしてもJ=M・ヴァレの魔術を堪能。

主人公の行動が不可解だったけれど段々と、その暗いところに目が慣れてくる。
この男、巳の城塞を壊して取り憑いた虚無を振り払おうとしている怪獣だな。
交際相手の息子と拳銃を撃つ場面はゴジラとミニラの趣き。
狂っているけれど、見ている自分の影のようにも思えてくる。
演じるJ・ギレンホールが濃い顔で繊細。素晴らしい。

邦題が良いような悪いような。一番グッとくるところを捻ってきている。
考えたな。考えすぎかも。
オッカ

オッカの感想・評価

3.9
ジェイク・ギレンホールにハズレ無しだなぁ
YUkaKO

YUkaKOの感想・評価

3.5
妻が死んで愛してなかったと自分を責め段々とおかしくなっていく。感情がないようである演技は素晴らしい。
泣くことは大切で泣けて良かった。