雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

ゆき

ゆきの感想・評価

3.8
突然事故で妻を亡くしたデイビィス。
カレンと知り合い親しくなっていく中で、自分の気持ちに正直に向き合うようになっていく。
それまでは心のどこかが欠けていて、感情を押し殺していた。
クリスと音楽を共有して、街中を自由にダンスするシーンはさすが、ギレンホール!
ラストは自分を解放して、本当に妻の望みをかなえてあげることができる。
ここまで来るまでに何もかも破壊したり、回り道もしたけどねー。
義父とも和解しあえて良かったー。
それと、クリスも良かった!
何年後かにめっちゃ有名になってそう。
えいと

えいとの感想・評価

3.8
自動車事故で妻を亡くしたデイヴィス(ジェイク・ギレンホール)は妻の死後、無関心だったものに異常な関心が沸き立ち身の回りのあらゆる物を破壊していく。


何もかもをぶっ壊していくデイヴィスの行動は常人からすれば奇行にしか見えないが清々しいほどに豪快な解体っぷりが蟠りを解いていくようで解放感のある作品
愛する人の死を目の当たりした男の心情と無関心な物への破壊を巧くリンクさせ破壊と再生が描かれている。直し方なんて分からない、そうだまずは分解してみよう。
面白いのは分かるけどもやや精神アダルト向けの映画。

起承転結よりも、エゴイスティックな内容を理解出来る人は楽しめるんだろうなぁ
mtcck

mtcckの感想・評価

4.5
不登校少年と主人公の友情が最高によかった。
私も家ぶっ壊して、友情育みたい。

タイトルはたしかにそこ?て感じだけど、Demolitionの方が断然いいとは全く思わないけどなあ
hanabira

hanabiraの感想・評価

3.5
じんわりしみわたるような作品。
真剣に向き合ったら結婚生活が終わってしまいそうで。向き合うのをやめて真剣に相手を見ず目を閉じていたら、しだいに心まで閉じてしまったのかもしれない。
結婚生活を上手く続けるには片目を閉じる事が大切だとは言うけど…
たまには両目を開けて相手を見つめてみようかな。
1234

1234の感想・評価

4.5
徹底して小説的なアプローチをとっていて驚いた ブライン・シップて誰?
以下ねむいので明日書く
Reina

Reinaの感想・評価

3.5
お互い無関心で愛していなかった夫婦、しかし最後まで鑑賞するとゼロではなかったとわかります。
何というか大人な作品で、色々悩んだ時に見たいなと思いました。
人生に予期せぬことが起きたとき、どうなってしまうのか。自分でも心の反応はわからない。

そんな時、見ず知らずのデイビスとカレンは繋がり、互いの人生が交わる。
デイビスが抱えた空虚の行方、それが物語。

愛する人の死に直面したとき、
その悲しみを誰かと共感したいなんて思わない。
その人とふたりで過ごした時間は二人のもの。だから事情を知らない誰かの方が楽な時もある。

不格好に見えても無骨な姿は、かっこよく見える。
自分を見失った時こそ、本当の自分が現れるんだなと思えた。
いい映画。
『ダンス』


32分53秒のリアクション、デイヴィスの顔の表情。

モレノとデイヴィスが肉体関係を持たないで、夜を満喫するベッドシーン。観ているこちらがキュンとする。
そんな夜も素敵やん。。

モレノの息子とデイヴィスが刺激しあう関係がたまらなくいいね。
モレノの息子がドラム叩く、デイヴィス踊る。

ストーリーの最初はデイヴィスは都会の匂いに包まれすぎて、どこか無機質な人間になりさがってました的な。
でも、モレノやモレノの息子に刺激を受けて、ココロハジけるーみたいな本能を刺激され変わる。

ぼくは好きねー
Yayoi333

Yayoi333の感想・評価

3.8
何このタイトル!?内容とほぼ関係ない。こんなにポエティックな作品じゃないし。原題の「Demolition」のほうがすっと入ってくる。心に負った大きな傷や喪失感は、時に己の感情に率直になることでしか癒されない。正直になるってどんなに大切か。そういう意味で観ていて爽快というかすっきりするものがあった。