雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

HouRai

HouRaiの感想・評価

-
破壊をもって必ずしも再生につながるとは限らない。建前のない本質的な自己と向き合うことが重要なのではないか。
のみ取りをする猿の印象が始めと終わりでは別な印象に感じるように、主人公は亡くした妻と自分の気持ちに気がつき、また受け入れ、笑顔で走り出す。

この映画で何か救われた人は多いのではないだろうか。
Itsuki

Itsukiの感想・評価

3.8
「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」の付箋と中絶した事を知って奥さんの叫びを気づいたデイヴィスがメリーゴーランドを再建するのはエゴなのかもしれないが、この映画でひとつだけ彼が破壊ではなく修理したものがそれだった。心の分解と再建を試みる過程のいいストーリーだと思う。街中で音楽を聴くシーンでギレンホール好きになった。
miiya

miiyaの感想・評価

2.3
子供が可愛い。
その他はあんまり印象に残らなかった。


とりあえず クレーム担当窓口でこんな良い人居るわけない。

そして 綺麗な家がどんどん壊されていく、、 代わりに私が住みたい。。、
タイトルに惹かれて観た。
終盤にその謎が分かってドキッとした。
何で、苦情係の人にと思ったけれど、誰かに思いを書いて伝えるのは自分でもよくわからない感情を受け止めるのに有効かも。映画のような出会いはならないだろうけれどね。
ビス缶

ビス缶の感想・評価

4.0
とにかく集中して観ないと色々見落としてしまいそうになる映画、そのぶんすごく細かく作り込まれてる、、
愛の理解の難しさを集約した作品。破壊や母娘との出会いで純粋さを得て、徐々に変化していく過程がいい。タイトルの意味が理解できた瞬間やラストも素敵。
おげぺ

おげぺの感想・評価

3.8
これはただ壊して捨ててしまうんじゃなくて 1度崩して自分を見つめなおして組み直す。解体と構築。その過程なのだと思った。

何事も乗り越えて行くには 一度壊して見つめなおして築き上げていかないといけないのだと。そんなことを感じた。息子くんのことでも。

タイトルの意味を知ったとき ハッとする。けど ストーリー全体を考えるとちょっとズレてる気も。でもすごい好きなタイトル。
静かだけど余韻が深い。

妻が死んだのに悲しさを感じられない主人公が半端錯乱しつつも、色んなものぶっ壊しながら人生の再生をしていくお話。原題は「Demolition(解体)」なので邦題とはかけ離れているんだけど作品を観ると邦題のが寄り添ってるような。(はちゃめちゃな邦題になることも多い中稀有な例では)

母子との交流、っていうかクリスとの交流が始まってから俄然引き込まれた。クリスは一見問題行動の多い子供だけど、デイヴィスと交流を深めるにつれ心を開いていく。この2人のやりとりがまた良いんだな。防弾チョッキ着てる相手を的にして銃ぶっ放すシーンは慄いたけど、、、あれでぐっと距離が縮まったのも確か。
「僕ってゲイなのかな」に回答する正直だけどまっすぐで綺麗事じゃない回答も良い。

そして、とにかく劇伴が印象的。
音楽に疎い私が「素敵だな」って思うくらい!家を破壊するシーンは凄いなー。あれ、リハとかできないだろうな…


最後、サンバイザーの裏にあったポストイットを見つけて、ようやく本当は哀しかったことに気づいて涙する表情はぐっときた。想い出を蘇す映像の入れ方も上手すぎ。起承転結がはっきりあるわけじゃないので好みがわかれそうだけど私は結構好きだった。深夜に観直したい感あります。
主人公が自分を取り巻く物質を破壊、解体しながら、壊れていく自らの精神と向き合い、本来の自分をもう一度組み立て直す作業が淡々と描かれている。
すべてのキャストの演技が素晴らしく、隙がない。
防弾チョッキのシーンはいただけないが、クリスがデイヴィスに心を開いていく過程が上手く表現されていて、素晴らしいラストシーンにつながっている。
他にも街中でのダンスやメリーゴーランドのシーンなど、印象的なシーンが多く、味わい深く、後を引く。
ただ、邦題はこれで良かったのだろうか。このフレーズは亡くなった妻の叫び(願い)であって、ちょっとずれていると感じた。
肉

肉の感想・評価

-
何だこの邦題と思いながらも、主演のジェイク・ギレンホール目当てで観賞。

結果、難しくて何度か見直す事になりましたが、それほど惹き込まれる内容でした。

他者・自己を含め、愛情を自覚するって難しいよね。

描写は過激(?)でも内容は繊細、ここぞという時のフ○ックの使い方も学べる、素敵な作品です。
とても好き。ジェイク・ギレンホール好きなんだよなあ…。
服の好みがアレなのに、あんなピカピカの家と会社だけで生きてたら、そりゃ発狂するわなあと思いました。
恋愛よりも、女性の息子とのつながりが大きな意味を持ってくるのも、よかったな。
自分の気持ちを感じること、表現できること、それだけのことすらこんなに難しくて、人間ってのは哀しいねえ。わかるよーって思った。