雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

本当に大切なものを失った時、人はどんな気持ちになるのだろうか。

これはその中のある一つの可能性を提示したものだと思いました。

この主人公の行動や、感情があまり表に出ない性格に共感できるか否かで評価が分かれると思います。

自分は意外とこの主人公に近い性格なのですんなりと物語に入り込めました。

自分の心を解体するように、ドンドンといろんなものを解体していく様は見ていて圧巻でした。でも終盤にいくにつれて、ドンドンと解体規模が大きくなりすぎて、最後はちょっと引いてしまいましたが、、。笑

最後に、ジェイクギレンホールはホントに芸達者やなーと思いました。
みずき

みずきの感想・評価

3.5
もともと邦題に惹かれてたけど、内容もよかった。ジェイクギレンホールは良い俳優さんやなぁとしみじみ。あと、クリス役の子がめちゃくちゃ良い。
m

mの感想・評価

4.6
どう考えても最高だった。ディヴィスが亡くなった妻を愛していたのかと悶々とする様子をまざまざと見せられて、正直しんどい。でも音楽がそうさせないバランスをうまく保ってて、どこかキャッチーでお洒落なんだよ。たとえ偶然の出会いだとしても、結局必然なんだと思わざるを得ない丁寧な映像が嬉しかったな。ラストシーンは自分でもわけのわからない感情で、なんでかもう超泣けた。
takesho

takeshoの感想・評価

3.8
一回では難しい。話は淡々と進んでいくし、見る人によって解釈が違う場面もある気がする。

「雨の日には私に気付かないだろうけど、せめて晴れの日には私のことを考えてね」って解釈でようやく理解できて泣けた。

当たり前の日常について考えさせられる映画。
たまご

たまごの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

鑑賞後の気分としては悪くないけど、まだ靄がかかっているような気がするのでもう一度見たい。以下ただの記録
・疎かにしていただけで、愛はあった
・デイヴィスの家破壊シーンは見てるだけで少しストレスを発散できるような、自分にとっては気持ちのいいシーンだった
・クリスが自分を出せた後のシーンは痛々しかったけど、自分に正直になれてよかったねという気持ち
・海辺のメリーゴーランドはきれい
ルリー

ルリーの感想・評価

3.5
題名にひかれてDVDレンタル
破壊して再生 日本的にいえば一からやり直す、、ことができたのかな
切身

切身の感想・評価

3.9
永い良い訳の外国版(レビュー真似したわけじゃないんです、本当にそう思った)。
ギレンホールいいねぇ。妻を亡くした男(やもめ)の演技にはもってこい。

自動販売機会社とのやりとりっていう設定が秀逸。
mihofujita

mihofujitaの感想・評価

3.8
失ってから、時間が経って、やっと大切さに気づく
カラーは違うけど永い言い訳と似てる
ラストシーンが良かった!
ラストシーン、好きだった。でもあんなにぼんやり生きてこれてしまう人もいるのかな…。
なかなか同じ境遇には至らないけど、似た境遇の時にはすごい響く映画だと思う(笑)
建て直すには取り壊して、とことん解体してまっさらにすることが必要。物理的にも精神的にも。家の解体シーンは見ていてスカッとしました。最後も収まりがいい感じで、愛がありました。
クリスクーパーは最近切ない役柄が多い気がする…
邦題は全然気にしてなかったけど、映画見きる頃には気に入ってました(笑)