雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

wifin

wifinの感想・評価

4.5
妻が死んでしまって初めて妻のこと、そして周りのことが見え始める。なにかを見つけようといろんなものを破壊していく姿の裏に監督の思惑が見え隠れするのでそこも楽しい。
一歩踏み出そうとする人間のきっかけストーリー。邦題の意味がちょっとわからんかったのが悔やまれる。原題のほうがよくね?
MOC

MOCの感想・評価

5.0
これ、タイトル回収がさらっとし過ぎててびっくりする。以下ネタバレ








中盤で、車の日除け下げた時に落ちたメモを終盤で見る
「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」
これって、晴れの日にわたしを想ってねっていうメッセージですよね
さらっとし過ぎ、ほんと気づかないから
突然のタイトル回収だと思ったら、ちゃんと伏線張ってて、前もってメモ落としてた
yoyoyo

yoyoyoの感想・評価

4.1
ジェイク・ギレンホールの良さに尽きる。なんか好きで見ちゃう。
話は突拍子も無い....ジェイクギレンホールの演技はハマってますね。
ナオミ・ワッツのくたびれ感も作品の雰囲気をあげてます。

大きく盛り上がるシーンもなく、ただ淡々とストーリーは続きましたが不思議と最後まで観てしまいました。
観終わった後、しばらく考えさせられる作品でした。
空

空の感想・評価

2.9
んんんんんんん
んんんんんんんー
厳しい

妻が突然亡くなって、愛情のありやなしやや妻側の両親との関係、感情の吐露した先での新たな出会い

わかるんだけど、んんんん
なんだろうな

原題が「解体」に対する
この美しい日本語の題名

原題の言いたい解体が正しい
のかもしれない

美しいこの題名になったセリフは
一体どこに向けられたものだったのか

それを考えるとやはり解体ではないのか

日本語の美しい題名がなければすんなり入ったかもしれない

愛とは何か
損失とは何か
解体とは何か
再生とは何か

なんだか脳内で絡み合う感じがした
hello

helloの感想・評価

3.4
ジェイクギレンホールとジュダルイスが良い。役者やストーリーや雰囲気は良いが、何となく置いてかれたような消化不良な感じがした。タイトルやビジュアルに惹かれて見てみたら、英米版はかなり違っていて驚き。下手な「タイトルの意味を知ったときあなたは涙する」系の映画より良いタイトルでした。
tsuyo

tsuyoの感想・評価

3.4
主人公は感情を上手く表現できひん人なんやろなー、って思った。
何か不思議な映画。感想言うのがムズい(-_-;)
表現しにくいが、良い映画やとは思う。
嫁さんはどういう反応をするやろか?
yuya

yuyaの感想・評価

3.7
わかったようなわからないよう感覚。
ぶっ壊すシーンは爽快。ジェイクギレンホールのサイコな感じがやばい。
もう一回みれば、わかりそう。
Aru

Aruの感想・評価

3.8
これもまたジェイクギレンホールの演技の素晴らしさに驚く作品
ものすごく主人公の感情が難しいから感情移入できないけど、この映画は逆にそれが魅力的にさせられた気がする。主人公の気持ちが明白にならないからこそ読み取ろうとしてずっと見れた。デイヴィスは変わり者ではいるけれどもキャラ性にブレはないし定まっているからこそ気になって、、、
結局は難しいのだけれども笑
色々考察してこういうことなのかなって考えは出せた。誰かと語りたくなるような作品。
近いうち二週目もしたい。
けーな

けーなの感想・評価

3.0
妻を事故で亡くした男の物語。

原題は、「Demolition」で、「破壊」という意味。その方が、しっくりする。観る前から、何故、この邦題なんだろ?と思っていたが、劇中で、邦題と同じ言葉が出てきて、あっと思った。しかし、その言葉が意味するところを瞬時に理解することが出来なかった。後で、色々調べて、ようやく分かった。

なかなか難しい映画だった。