雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.8

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

megさん

megさんの感想・評価

2.8
邦題が詩的で惹かれた
作品では、ジェイク・ギレンホールを堪能できる
ストーリーは単調で長い
いろんな人の絡みもあり、それはそれで味があってよいのですが、うーん 長いな
あんなことしないと 前に進めないのかなと。
mitumeme

mitumemeの感想・評価

3.5
スクラップ・アンド・ビルド
邦題詐欺かと不安でしたが…
終盤でやられました、こう言うことか…と
一度徹底的に壊して点検、拾い集めてまた再構成する。人の心もまた然り。
雰囲気が好きだったがたった数カ月で内容をほとんど忘れてしまった。
というのも映画の後半で重要なシーンがあり、そこで誰もがハッとし涙するのだが、私はそこに気付かず「何かのポイントっぽいけどどういうことだろう」とぽかんとしてしまったのだ。同行者に非常に呆れられた。解説してもらってやっとハッとした。
良い映画だろうにぽかんとしてしまい、悔やまれてならない。純粋に自分の理解力を反省した作品だった。
uk

ukの感想・評価

3.8
事態をよく飲み込み彼の気持ちを理解するまでに時間がかかり(もちろん全てを理解することはいつまでも出来ないが)、それでもちょっとした変化1つ1つが彼の表情や行動に表れていたように思う。特にあの美しい少年との関わり方が、お互いの言葉にはしない、目に見えないけど存在する信頼関係が感じられた。
kagikkt

kagikktの感想・評価

3.6
何か思っていた話と違っていたけど
バカ正直というか、
普通はそこまで破壊するかって感じですよね。

途中まではどうやって話をまとめるのか
先が読めなかった。

ジェイクギレンホールの
狂気も含んだような演技が秀逸でした。
ジェイクギレンホールのキャスティングありきの映画だと思う。
他にここまでハマる役者思いつかない。
切り取り秀逸なカット多し。
ジョンマルコヴィッチがエグゼクティブPやってた。
YNKHM

YNKHMの感想・評価

3.4
想像以上にクレイジーな映画だった。分解して、整理して、直す。車の修理も心の修理も同じ。主人公のディヴィスに共感出来た。
山本

山本の感想・評価

3.2
少年がかっこかわいい。彼と一緒に家をぶっ壊すところが記憶に残っている。楽しそうだった。最後の妻との事故シーンの再現は少し感動したかな。
かなり好き。
お金や肩書き、いい仕事、綺麗な奥さん、素敵な家。世間一般の「幸せの定義」に自分の指標を合わせているうちに、私たちはみんな知らず知らずのうちに自分の本当の気持ちや感情を忘れている。そんな型にハマった「幸せ」の一部を失った時、ほとんどショックを受けない自分と、それを訝る世間。自分は何かがおかしい。何がおかしいのか。
自分を知るため、自分が信じていたはずの「幸せの定義」を次々壊していく中で、自分だけでなく周りも自分自身に正直になっていく。どんどん自由になっていく。
よかったね、生きているうちに気がついて。人生は人のためとか世間のために使うもんじゃない、自分の好きなように自由自在に生きなきゃね ♪