• Filmarksトップ
  • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:101分
    監督
    ジャン=マルク・ヴァレ
    脚本
    ブライン・シップ
    キャスト
    ジェイク・ギレンホール
    ナオミ・ワッツ
    クリス・クーパー
    ヘザー・リンド
    ポリー・ドレイパー
    ワス・スティーヴンス
    ブレンダン・ドーリング
    トム・ケンプ
    C・J・ウィルソン
    あらすじ
    妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

    「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

    始めから展開が早くてあれっあれっと思っている間に話進んで行く~って思ってたら早いのは始めだけであとはユルリと進んで行く…
    家を破壊したり物を解体するシーンは面白くて好きだった♪
    妻を家に残して1人で映画を見に来ているから今こうしてる間にも事故かなんかが起きてどうにかなってしまったらどうしようと思った。僕はジェイク・ギレンホールなので。

    僕は曲がり道でガードレールに突っ込みたくなるし、扇風機に細い棒を入れて止めたくなる。無意識の精神性に起因してるんだろうけど、それがなんでなのか解明したいとはあまり思わない。
    今回の映画だって、破壊して見つけたのは自分の本当の心ではなくて、実は隠されてた事実だったから、精神性に起因する行為に身を預けてみたところで、本当の自分が見つかるわけじゃない。
    けれど、本当の自分を出したときに作られる絆みたいなものがこの映画にあって、それが今回の映画では光になっている。
    だから僕も帰って扇風機に細い棒を突っ込んでやろうと思う。

    こういう疑似家族ものは基本的に好物なので、今回も泣かされました。
    愛していなかった妻を亡くしたデストロイヤーの話。
    涙が出ない代わりに破壊する。
    でもそれがディヴィスの悲しみの表現だったのかもしれない。
    こんな映画はあまり観たことがないなあ。笑
    最初は精神的にやばいな、怖いな、おかしくなっちゃったんだなとしか思わなかったけど…。
    最後まで観て、理解は出来ないけど、こちらも納得出来るというかね。
    これが破壊と再生か。
    終わってから色々考えてしまって深い映画だ。
    観た人とぜひぜひぜひ話したい!
    仕事も結婚を傍目は幸せな生活を送っていたデイヴィスが、事故で妻を失うも喪失感を感じず妻を本当に愛していたのか?と自問自答する。

    原題【demolition】の通り、身の回りの破壊を始めるのは、デイヴィスが今まで気にもしていなかった周りのことに気づきリセットする為の【破壊】であって、最後には立ち直り【再生】する。

    とてもファッキンな映画(笑)
    男の心の再生物語。
    少年との会話がいい。
    一度じっくりと自分の心を整理してみる機会を与えられた気がする。
    「Demolition/雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」


    Demolition=解体、破壊

    I.N.Mという曲がある。
    僕の好きなバンド、Syrup16gの曲。

    君がなりたいというなら
    君でいれないというのなら
    無視しきれない戸惑いに
    転がされてけよ もう一生

    次の問いのまた後の
    決してほどけない知恵の輪の
    語り尽くされた物語
    書き写すだけはもうしんどい

    逃げたいキレたい時もある
    別れを告げたい時もくる
    逃げたい消えたい時もある
    俺は俺でいるために
    ただ戦っている精一杯

    I.N.Mは、I need to be myselfの略。
    この歌を聴いている時、なぜだろう?涙が溢れてくる。
    この歌だけが、唯一のぼくの残りわずかなHPに、少しの回復を与えてくれてる。

    そんなの、当たり前にやってるってことだって、胸を張って言えない僕になってしまうことがある。
    僕は空っぽだと自分を責め、死にたい気持ちに苛まれてるんだ、毎日。
    映画のレビューで書くことではないかもしれない、だけど、ここは僕の引き出しだから書くね。


    何かをしているとき...例えば、ちゃんとした役割を与えられた仕事をしている時や、家族や友人と会っている時、好きな人とご飯を食べている時、相変わらず僕は、生きている実感を持てるし、満足もしている。

    だけど、それ以外の時、お世辞にもポジティブなコトが頭を満たすことはない、ここ最近は。
    はっきり言って、気が付けばネガティヴが思考を支配している、常に。

    仕事のストレスやこの先の不安なんて誰にでもあることだし、それだけが原因じゃない。
    周りの人に比べれる必要がないくらい、人間関係に苦しんでもいないし、給料は低いけれど、それ以外の面で言えば、僕は奴らが口々にする"リア充"に属する人間かもしれない、あるいは。
    だけどダメなんだ。

    みんな優しくあろうとし合ってる
    みんな気を遣い合ってくれる
    みんな存在の価値を認め合おうとしてくれる

    目の前で美味しそうにごはんを食べてくれる人がいる
    美味しいものに連れてってくれる祖母がいる
    帰れば、めんどくがりながらも迎えてくれる家族がいる
    とんでもない映画に付き合ってくれる友人もいる

    消えて欲しくないって思ってくれる人がいる

    そんな想いに気付いているし、感謝もしている。

    だけど、そんな想いやりに溢れた人生を、どこかで強烈にOFFってしまいたい自分がいる。それが、みんな申し訳なさすぎて、苦しくて仕方なかった。

    感情には、行動というエネルギーの発散の場所がある。
    だけど行動には、そのエネルギーの理由を説明してくれるような、但し書きは存在しない。
    どうしてそういう行動を取ったのか?という、他者の汲み取りがあってはじめて、その行動の意味を、自分以外の誰かが知ることが出来る。
    だから、誤解されたままなら、ずっと永遠に、何を考えてるのかわからない、意味不明、基地の外、とかいろいろな言われ方をするかもしれない。

    でも行動にはかならず感情が存在するものでしょ?
    確かに生きていると、行動しか見られないことばかりだし、自覚なくその社会生活が身につくから、本当の感情の外側には、まるで極北の地を生きる人の重ね着のような鎧が身に纏われて行く、行動という名の鎧が呪いのように。

    感情を表に出す

    それはオトナとして、ダメなことだという。
    僕も同じ、節度はいると思うし、いい歳したオッサンやババアが、駅やら道やらありとあらゆるところでブチギレてるのをみると、ほんとにみっともないと思う。

    だけど、ふと思う時もある。
    なぜそうなったか?を知らない僕に、彼らを見下す権利はないんじゃないかって。
    人間、生きていればいろいろあるんだから。
    それが、自分で自分を保つための行動だとしたら、それを誰が非難できるんだろう?

    いや、引くけどね。

    自分が何を感じたのか?
    自分が今、何を求めているのか?

    その本質に迫るために必要なことは、行動という名の呪い・鎧を破壊する他ないんじゃないのか。
    壁、窓、家具、家電、その全てを一枚ずつ解体して行く毎に、自分の感情に近づいていけるかのように。
    そんな、生活とか人生とか社会とかそういう楔を取り払わないと見えない景色もきっとあるはず。
    汚らわしくて、荒っぽくて、美しい。

    雨の日は会えないし、
    晴れの日は思うことしか出来ない。

    もう2度と会うことも出来ないし、どうしたらいいのか、その答えを知ることさえ出来ない。

    だから、破壊しよう。
    本当の自分を知るために。

    繰り返す人生を回遊魚のような苦しみと取るか、メリーゴーランドのような煌びやかな閃光と受け止めるかは、きっと奥底の僕だけが知っているのだから。

    FucKはいい言葉だけど、使いすぎると価値が下がる。

    I need to be FucKn' myself.
    ストーリーは単純なのに、すごいエンタメ系とかでもないのに、好みの映画でもないのに。なんかすごい楽しめた。すっきりする。ジェイクギレンホールの俳優としての様々な顔が堪能できる。美少年が生意気なのに最後には茶目っ気てるの最高。
    プリズナーズ見てから気になってたジェイクギレンホール!
    そんなにイケメンじゃないんだけどカッコいいな〜
    妻の話が少ない。
    息子役の子がなかなかよかった。
    自分も色々ぶっ壊してみたくなった。
    家はもったいなーい
    ジェイクギレン・ホール、この人の作品選びは凄いな、間違いないよね。(エベレスト3Dは、う〜ん..
    音楽と美しい映像がリンクしている。