雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

Ri

Riの感想・評価

3.4
交通事故で妻を亡くしたのに悲しい寂しいという感情が出てこないが、以降色んな物を破壊したり分解したり無意識におかしくなっていった男の再生物語。

内容や雰囲気的には面白かったけど正直1週目ではまだ主人公の心情は理解できなかった。けど色んな方のレビューをみたら2週目で見方が変わるというか伏線みたいなものが分かってくるとのことだから2週目も時間あったら見よ。
色んな手紙を軸に男の弱さが全面的に出ている映画だと思った。本当に突然すぎていったい自分の悲しみがどこにあるんだろう?とわかんなくなる時があって、色んなものを壊したくなってしまうことなんて結構あって、特に今の自分がそうだから、なんかすごくいい映画に思えた。雨の日も晴れの日も君を想えてなかった自分を壊して作り直す話。
hono

honoの感想・評価

4.0
後から考えれば考えるほど、いい映画だったなあとじわじわくる。

毛繕いをするように、愛もこまめに手を加えないと、忘れてしまう。
自分を磨くことばかりでなく、愛を磨くことも忘れずに。いつしか自分が愛されてきたことも忘れてしまうから。

主人公は破壊を通して気づくことができた。最後はあの表情(+ポーズ)である。
突然の交通事故で妻を亡くしたデイヴィス。空虚な時間を過ごす中、泣けもしない自分が本当に妻を愛していたのか疑問を持ち始める。

デイヴィス役のジェイク・ギレンホールがすごい良かった。妻を亡くして自分すらわからなくなる難しい役をおかしな人と思わせることなく悲しみ溢れる演技だった。
心が壊れた時にどう立て直すか。デイヴィスはきっと他の人とは違うし、かなり遠回りしたけれど少しずつ立ち直っていけてよかった。題名にもなっている「雨の日は会えない、晴れた日は君を思う」の言葉が、見終わった後にしっくりくる。
SODA03

SODA03の感想・評価

3.6
雰囲気は満点!

妻に先立たれ、トチ狂ったかのように人間関係、仕事、家など全てを破壊する主人公。
破壊がテーマで、そこからの再生が物語のキーポイント。

しかし、現代文の授業のような自分で理解しましょうスタンスの為1度の視聴では理解が及ばず、いい映画っぽいという感想にとどまる。

作りは上質、ジェイクの演技も素晴らしく、もう一度見たいと思えた。

バリバリ働く仕事人間が全てを破壊する、仕事に疲れた人を癒す処方箋のような作品。
下っ端

下っ端の感想・評価

3.8
心の収束とは自動車を修理するようなもの
Crazy On You
女性の下着には居場所があった方がいい
なぜ君じゃなかった?
クソ楽しんで
チセ

チセの感想・評価

5.0
愛はちゃんとあった、疎かにしてただけで、掘り起こすのに時間がかかっただけでちゃんとあった
典型的なアイデンティティの破壊と再構築
この再構築でやっと人と繋がれる自分になれたと思う
だいすきになりました
キャストの演技はそれぞれ素晴らしい。雰囲気も素晴らしい。が、観てる人を置いてけぼりにしすぎかなと。誰にもさして感情移入出来なかった。惜しい。

愛する人を失って混乱する男の再生を描いてるという意味では「君が生きた証」の方が、主人公の想いが繊細に伝わって来て、僕には響いた。
大好きなジェイク・ギレンホールとナオミ・ワッツ、そして意味ありげなタイトル、こりゃー観なきゃだね!な作品。

言わずもがな2人の演技は素晴らしかったが、ノーマークだった息子役の美少年ジュダ・ルイスくん♥が、イケメンで色気もあって、演技も超絶良かった~( ́•ૢ⌔•ૢ ̀)♡

【見どころ】
☺︎ジェイクのぶっ壊れたダンス₍₍ ◝(•̀ㅂ•́)◟ ⁾⁾
☺︎ジュダ・ルイスくんのくわえタバコ姿( ´͈ ᵕ `͈ )♡
☺︎音楽...♪*゚
yokopi

yokopiの感想・評価

4.0
レイク・ギレンホール、好き。

ただ流されて感情もなく生きてたおじさんの、実はめんどくさいおじさんだったお話。
>|