ローズの秘密の頁(ページ)の作品情報・感想・評価

「ローズの秘密の頁(ページ)」に投稿された感想・評価

Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.2
6/16 富山のほとり座と云うシネマ・カフェでローズの秘密の頁を観た。

映画は現代のアイルランドの精神病院で赤ん坊殺しの罪で収容されている老女を転院させるかどうかの再診の判断で精神科医が派遣され、主人公の老女が第二次世界大戦頃の若かった時代を回想する形式で語られる。

以前、アイルランドのマグダレン精神病院事件の事を知ったのだが、カトリックのアイルランドでは当時、婚外子を産んだ女性は堕落した女性と見なされ、精神病院に隔離される事が少なくなかったと云う。当時、女性の保護・収容を大義名分としてカトリック教会の名の下で運営された保護施設で母子に対する虐待が在った。第二次世界大戦当時のカトリックの女性の貞操観念というのは酷いもので男性に色目を使う女性も告発されて同等の取り扱いを受けたと云う。

アイルランドはカトリックの国だが、北アイルランドの住民の裕福な支配層にはプロテスタントも多く、主人公はプロテスタントだった。美貌に恵まれた若き日の主人公は、カトリックの神父と酒屋を営むプロテスタント系アイルランド人の二人の男性に出会うが、結婚が許されない神父は主人公のストーカーの様に付きまとい、英国空軍に志願し勲章を授かった酒屋の男性と結婚する事になる。その夫は英国空軍に志願した事でカトリック系住民から恨みを買い、殺される。

この映画はアイルランドの暗い歴史と当時の宗教的な背景や英国との外交関係を組み合わせて作られた映画で、在り得ないような絵空事のサスペンスミステリーのドラマでは無い。

以前、北海道の稚内丘陵を訪ねた事があるが、青い海の近くに緩やかな緑の草原の丘陵地帯が広がっていて、晴れた日の稚内丘陵は美しかった。稚内丘陵はアイルランドの丘陵地帯によく似ていると云うが、雨が降って海が荒れて暗くなってくると寒々として寂しさを感じる場所でも在り、アイルランド民謡のロンドンデリーの歌を想い出した。

第二次世界大戦当時の複雑なアイルランドの社会背景の中で、プロテスタントの牧師の下で結婚した二人が、アイルランド丘陵や穏やかなアイルランドの海辺を幸せそうに過ごす一瞬が美しく、アイルランドの寒々とした曇り空で海が荒れる中、主人公がカトリックの神父一派に追われ、打ち上げられた海岸で子供を産んでしまう二つの場面が美しいアイルランドの国土と悲しいアイルランドの歴史の対比の様で印象に残った。

映画の最後の方で、主人公の子供が産まれたのはラッパ水仙が咲いて、リンゴの花が咲いた頃だったと云う会話があるのだが、今年は地元の富山の実家の近くで4月に水仙の花を観て、GW頃にリンゴが特産の魚津でリンゴの花を観た。遠くに思えるアイルランドだが、富山の自然もアイルランドの自然もそんなに変わらないと思うと親近感が湧いて来る。
emily

emilyの感想・評価

3.5
赤ちゃんを殺した罪で精神犯罪者として40年もの間病院に収容されているローズ。ローズは自分の罪を容認しておらず、聖書の中に日記を書き続けている。そんな彼女の元に医師が訪れ、人生を語り始める。


美しい音楽、陰影から浮かび上がるローズの表情。若い時のローズを演じたのはルーニー・マーラー。純真な女性の中に見え隠れする色気、美しさが仇となり次々襲いかかる不運の中、見事に不幸な女を演じきっている。

時代を感じさせる風景、文字と交差していく過去、浮かび上がっていく、真実と純真な愛。ルーニー・マーラーのファッションも可愛く、瞬間で終わるしあわせな時間は永遠に響き続けている。

ストーリーはシンプルだが、ルーニー・マーラーの美しさが罪となり、巻き込まれていく不運の中で翻弄されていく姿が見事だ。だからこそ物語に深みがもたらされ、引き込まれる。


幸せはたった一瞬。しかしその一瞬は永遠になる。その後の人生が辛ければ辛いほどその一瞬は永遠になるのだ。一瞬であっても幸せを感じれる時間があったから、人は生きていける。
らぎ

らぎの感想・評価

-
美しいルーニーマーラと音楽に酔いしれる作品。

今風の言葉で片付けると所謂メンヘラとなるのでしょうけども、つらいけど、こういう恋したいよね、だって人生だもの…はぁ…

オチはうーんって感じだけど、ルーニーが美しすぎるため何も言うことなし
エイジ

エイジの感想・評価

3.6
原作とは違う部分があるらしい。
だから不評でもあるみたいだが、原作を知らない者にとっては、なかなかの作品になるんじゃないかな。

ドラマチックな半生みたいな映画は好きやし(^o^)/
ベタ好きやから(笑)

ただ、原作を読んでいるのが前提のような作りだな。大筋くらいは理解してないと最初は混乱するかも😅


戦争で引き裂かれた恋。
宗教紛争で引き裂かれた恋。
嫉妬で引き裂かれた恋。


嫉妬が1番の罪や…
thebeatles

thebeatlesの感想・評価

4.1
まずルーニー・マーラがひたすら美しい。
瞳に強い意思と美しさを持つ適役だった。

戦時中という背景と宗教の影響もあり、
愛し合う人と結ばれることができず、
そして殺人者・精神病として監視されながら夫と息子を想う苦しさが心に響いた。
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

3.8
ラストはともあれ…。
ルーニーマーラの美しさと可愛さの両立された輝かしさが凄い。
そしてマイケル役のジャックレイナー抜群に好きすぎる。
シングストリートの時もそう。すっごい包容力と紳士さがたまらない。
記憶の聖書のページを重ねる毎に愛が溢れすぎて震えたわ。
ラストの走馬灯のように幸せなときを思い出すシーン。良かったわぁ。
ardant

ardantの感想・評価

4.9
この物語は深い哀しみに満ちている。

良質な英国映画にみられる淀んだ空気が満ちた暗い映像の中で、第二次世界大戦時の忌まわしい事件が、壊されることになった精神病院の中で、老婆の回想の形で描かれる。聖書の余白に書き続けてきた日記、それは、病院で受ける電気ショックなどの治療と称する虐待により、失いそうな思いを書きとどめたものだった。

彼女に恋した若い神父の嫉妬から、「色情狂」として、精神病院に閉じ込められ、その時、妊娠していた子供を逃亡時に殺したかどで、何十年もの間、世の中から隔離されていた老婆。
さすがに、ヴァネッサ・レッドグレイヴだ、その重みを演じきる。

もちろん、本作品は英国映画ではなく、アイルランド映画だ。
だから、そこには英国とアイルランドという国自体の確執、というよりは、英国の恥部であるアイルランドへの植民地支配が及ぼす暗い影、アイルランドにとっては屈辱の英国との桎梏が、深い影を差している。

そして、この物語のラストは出来すぎではない。このラスト、そのことを願っていたのは、ずっと罪に苛まれた神父の思いが結実したものなのだ。

この作品で、若い時代の主人公を演じたルーニー・マーラを観ながら、デビッド・リーンが『ライアンの娘』(1970,英)で描いた、英国将校と恋に落ちたことにより、丸坊主にされたアイルランド人妻、サラ・マイルズの哀しい姿が、思い出されてしかたがなかった。
それは、敵対するものからの暴力よりも、味方の側からの仕打ちのほうがより重く、耐え難い痛みを伴うからだ。

本作品の日本公開は、2018年02月03日だ。また、本年のベストワン候補に巡り合った。
若かりしローズの思い出に胸を掴まれた。
ルーニー・マーラの清廉で妖艶な美しさに息を呑む。
ラストはあってもなくても良かったと思います。
とにかく揺れ動く壮年期は、思い出写真を一枚一枚めくるような高鳴りとほろ苦く甘い煌めきに満ちていた。
やはりラストが残念…。
ゆにけ

ゆにけの感想・評価

3.6
当時のアイルランドの情勢、宗教的背景を私が理解できていたなら、もっと切なくも感動的なストーリーとして胸に迫ったはずなのだ。
そして、もう少しローズの日記を読み解く場面を丁寧に描いて欲しかった。

問題は神父!感情を拗らせすぎだろ。
聖職者なら女の瞳に囚われてなどいないで高潔に生きろ!
あんたのせいで、ローズが老女になってしまったじゃないか😫
>|