KEIKO

世界一キライなあなたにのKEIKOのレビュー・感想・評価

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)
3.8
恥ずかしながら「ディグニタス」の存在を知らず、検索した。スイスにそんな団体があるとは…。

自分がウィルの立場だったら、ウィルと同じ選択をすると思う。でも、最愛の人がウィルの立場だったら、ルイーザのように全力で止めようとするだろう。
予想以上に重いテーマだった。

取り敢えず、こんなにひどい邦題に出会ったことない!全然違う!

ルイーザ役のエミリア・クラークが、あのターミネーターに出演していた女の子だったとは!!とにかく、かわいかったー💕