アカツキ

世界一キライなあなたにのアカツキのレビュー・感想・評価

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)
4.1
【賛否両論が分かれる恋愛映画】
恋愛映画で賛否両論が分かれるものは多くありますがこの映画に関しては尊厳死にフォーカスを当てているので人それぞれの意見になりそうです。

また、あんまり必要ないだろうと個人的には思うエミリア・クラークの元彼のハリポタで大活躍だったネビルことマシュールイスの存在。

この2点でこの映画の評価はがらっと変わりますねー( ´ー`)


自分的にはこの映画の明るい雰囲気やエミリア・クラークの気さくさも好きでしたね✨
劇中歌のエド・シーランのThinking out loudは良かったですね(´∀`*)


ただ!ただ!!!
私はこのラストで
『あー!最高な映画だー!申し分ない!』
とはいきませんでした😭

ネビルに関しても腑に落ちませんでしたが、もうそもそもこの映画にネビルの立ち位置はいらなかっただろうと思います笑


フィルマークスでなかなか良い評価で気になり観たのですがエミリア・クラークの魅力とサム・クラフリンのかっこよさを発見できて良かったです( ̄▽ ̄)