こけとーこ

クリムゾン・ピークのこけとーこのレビュー・感想・評価

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)
3.8
幻想的なグロさとホラー混じりの悲恋モノで、怖いというよりビビりましたw

日常から離れたシチュエーションがすんなりハマるのに浮足立たない、いつものミアの魅力はバッチリ生きてました〜。
トムヒが、古典的な乙女の憧れをキッチキチに詰め込まれた激甘トムヒと化してて、その甘さをうっとり頬張ってたら、急にオス化してきて脇腹にパンチ喰らった気分でした…。なぜデル・トロ先生は、我々が求めているトムヒ配合を知り得てるのか不思議でなりません。

1番目を見張ったのはジェシカ・チャステインね…。激甘の弟に対してお姉様はスパイス効きすぎ…。ホラー通り越して根性論みたいな方向性に振り切れてて、終盤堪えきれず笑ってしまった…。あと、今さらながらチャーリーハナムってチャニング・テイタムと似てるな〜、と思いました。