きぬきぬ

クリムゾン・ピークのきぬきぬのネタバレレビュー・内容・結末

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)
3.3

このレビューはネタバレを含みます

個人的にクロノスからパンズ・ラビリンス辺りのゴシック調な仄暗い光や映像を期待していたのだが、映像がクリア過ぎたのは残念。確かに時代や廃墟に近い屋敷はゴシックで、クリムゾン・ピークは魅力的だが、全く想定内(ジェシカ・チャスティンから解る(笑)禁断の関係と青髭的展開) に終始するのなら、ゴシック倒錯猟奇でもあるから、ゴ-ストの表現も怪物的過ぎずにもっと古典的に撮って頂きたかったなあと残念さ半端ない。大変魅力的なキャスティングであるだけに。
そりゃあチャーリ-・ハナムよりトム・ヒドルストンを選びます(笑)
ミア・ワシコウスカ、チャーミングだった。
雪が赤土の地盤で赤く染まる様を描写したかったのね。