猫又ぽん次郎

クリムゾン・ピークの猫又ぽん次郎のレビュー・感想・評価

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)
3.8
ギレルモ・デル・トロ監督の最新作です(´∀`)

僕個人としては「パシフィック・リム」よりも「パンズ・ラビリンス」や「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」路線の方が好きだったので(もちろんパシリムも大好きっす)、今回の作品にも期待してたのですが、なんか色々と惜しい作品でしたな(´・ω・`)

好きな部分ももちろんあるのですが、その好きな部分が作品の「惜しい」部分に直結してるといいますか。例えば、本編に出てくる屋敷の美術なんかは超綺麗で、実際に建設したという気合の入れようなんですが、正直そこまで魅力的に撮られてなかったのが惜しいし、幽霊のデザインも不気味で良かったのですが、本編での幽霊の役回りが「えっそれだけ?(;゚Д゚)」って感じで薄いし、クライマックスのバトルも好きなのですが、映画の雰囲気と全然合ってないというね(;´∀`)オウフ…しかもまさかこんなゴシック映画で「志村後ろー!」を見られるとは…

惜しい部分をあげたら結構キリがない感じで、個々の素材は良いのに、あまり活かしきれてない印象でした( ´3`)

ただ、主演の3人は非常に魅力的で素晴らしかったです。トムさんのケツがキレイでしたな(´∀`*)ウフフ

そういえば、パシリムのチャーリー・ハナムが医者役で出てたけど、全く医者に見えなかったです。・゚・(ノ∀`)・゚・。