クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

Crimson Peak

上映日:2016年01月08日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    ギレルモ・デル・トロ
    脚本
    ギレルモ・デル・トロ
    マシュー・ロビンス
    キャスト
    チャーリー・ハナム
    トム・ヒドルストン
    ジェシカ・チャステイン
    ミア・ワシコウスカ
    ダグ・ジョーンズ
    バーン・ゴーマン
    レスリー・ホープ
    ジム・ビーヴァー
    ハビエル・ボテット
    ブルース・グレイ
    ロン・ボッティータ
    あらすじ
    深紅に染まる山頂(クリムゾン・ピーク)にそびえ立つ屋敷の、怖ろしくも美しい秘密とは…? イーディスは、幽霊を見ることができる。初めて見たのは10歳、死んだ母親だった… やがてイーディスはトーマスと恋に落ちる。彼女の父親の不可解な死をきっかけに二人は結婚、 トーマスの姉ルシールと一緒に屋敷で暮らすことに。 冬になると地表に露出した赤粘土が雪を赤く染めることから、 【クリムゾン・ピーク】と名付けられた山頂にある広大な屋敷。 イーディスが新たな生活に慣れるにつれ、深紅の亡霊たちが姿を現し、彼女に警告する。 「クリムゾン・ピークに気をつけろ。」 果たして、その言葉の意味とは?そして、この屋敷に隠された秘密とは?

    「クリムゾン・ピーク」に投稿された感想・評価

    なんかもうね、色んな意味で面白い。デル・トロ作品随一と言っていい映像美、メロドラマからのオカルト、怖さ少なめ痛さちょい出し、なぜか押される笑いのツボ、RPGのような武器レベルアップなど、ゴージャスでダークなゴシックホラーでありながらそれだけじゃないのです。話の流れとあまり関係ないところで「そうくるか!」「それ見せるか!」ってのが色々あってね、もうね、面白い。ニヤニヤしちゃう。

    ミア・ワシコウスカの色んな成長とか、ジェシカ・チャステインの闇の迫力とか、トム・ヒドルストンの弱ロキな感じとか、チャーリー・ハナムの醸し出すおかしさとか、世界観にハマってる以上に意外な魅力を見せる役者陣が最高すぎる。『パシリム』のあの人には笑った。

    怖かったけど服とか可愛かった
    トムヒの美しさを教えてくれる映画
    女は恐ろしいぞぉ…
    多少怖い場面はあったけれど、ホラー要素はそこまで強くなかった。思ってたよりロマンス強め。終盤でグロテスクなシーンがあるので、苦手な人は注意したほうがいいかも。

    トム・ヒドルストン、最初は何も思わなかったのに観終わる頃には冷たい美しさに惹かれてしまっている自分がいた。
    綺麗だけど怖い…
    ゴシックホラーど真ん中って感じだった
    姉の愛が怖すぎた
    怖かったなぁーけっこう。デルトロさんだもの。

    このレビューはネタバレを含みます

    タイトルのかっこよさに惹かれて観た映画。

    トム・ヒドルストン、ジェシカ・チャスティン、ミア・ワシコウスカなど美形と言うよりかはシックな顔の人達が共演した、素っ頓狂な映画。


    丘の上のでっかいお屋敷に住んでるトムヒとチャスティン姉弟。

    そこに越してくるワシコウスカ。

    屋敷の天井にどでかい穴開いてもうてて、全然雨風凌げてない家。。。家の床に雪積もってますやん…
    お前らそんな薄着でよくもまあ……よく寝巻きで廊下歩けるなぁ…寒そう。。

    案の定、体調を崩したワシコウスカ。最初から悪かった顔色がどんどん悪くなっていく…




    ラスト。なんやかんやで、殺し合いに発展した彼ら。

    包丁やナイフによる、雪景色の中での女の流血デスマッチ。


    最終的に、チャスティンをKOするワシコウスカの武器がシャベルというところには拘りを感じる。


    ストーリーは取るに足らないが、美術や映像美、トムヒの生ケツなど見所は随所にある映画。

    このレビューはネタバレを含みます

    目で見て楽しむ映画 美術や映像は気合い入ってんのに話がぼやっとしていて印象に残らない
    衣装や屋敷内部ももっと真っ黒でゴスなのを期待してたので美術面でもそこまで好みじゃなかった
    トムヒを刺すシーンが良かった 幼い頃から鎖で繋がれているかのような二人のはずが、皆で自由になろうとか言われて裏切られたショックのあまり刺してしまうなんてメンヘラかよ
    でも視野の狭いお姉さんの気持ちがわかってしまう自分へのなんだかなぁという気持ち
    クリムゾンの名の通り深紅色が印象的。
    パンズ ラビリンスも手掛けたギレルモ・デル・トロの作品だけあってセット、衣装、細やかな道具まで美しい。屋敷の屋根の穴から降る落ち葉や雪が幻想的。オチは単純だったが、幽霊より生きている人間の方が怖いという感じだった。

    グロテスクな描写が多く、耐性がない方は注意が必要。ホラー作品でもあるが、ゴシックロマンスを中心に物語が進んでいく。『アリスインワンダーランド』で有名になったミア・ワシコウスカの新たな一面が見られたのは、思わぬ発見だった。
    『パンズ ラビリンス』のギレルモ デル トロの作品。。。

    ゴシック ホラーらしい。。。

    ミアちゃんの服装などは確かに、ゴシックで、屋敷、家具など、まぁ、凝ってました。。。
    内容は、さほど怖くなかったが、まがまがしい話で、ホラーと言えば、ホラーなのかも…

    ジェシカ チャスティン…って、良い役やるよりも、こんな感じの役の方が真価を発揮するような気がするのは、ワタシの思い込み???
    魔女的な役がホントに似合うんやけど…
    『ヘルプ』のイメージが強くて、『インターステラ』や『オデッセイ』や『ラブストーリーズ』見ても、あの『ヘルプ』のイケズなヒトやんなぁ〜💦
    って思ったてしまうのは、ワタシだけ???
    >|