クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

Crimson Peak

上映日:2016年01月08日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    ギレルモ・デル・トロ
    脚本
    ギレルモ・デル・トロ
    マシュー・ロビンス
    キャスト
    チャーリー・ハナム
    トム・ヒドルストン
    ジェシカ・チャステイン
    ミア・ワシコウスカ
    ダグ・ジョーンズ
    バーン・ゴーマン
    レスリー・ホープ
    ジム・ビーヴァー
    ハビエル・ボテット
    ブルース・グレイ
    ロン・ボッティータ
    あらすじ
    深紅に染まる山頂(クリムゾン・ピーク)にそびえ立つ屋敷の、怖ろしくも美しい秘密とは…? イーディスは、幽霊を見ることができる。初めて見たのは10歳、死んだ母親だった… やがてイーディスはトーマスと恋に落ちる。彼女の父親の不可解な死をきっかけに二人は結婚、 トーマスの姉ルシールと一緒に屋敷で暮らすことに。 冬になると地表に露出した赤粘土が雪を赤く染めることから、 【クリムゾン・ピーク】と名付けられた山頂にある広大な屋敷。 イーディスが新たな生活に慣れるにつれ、深紅の亡霊たちが姿を現し、彼女に警告する。 「クリムゾン・ピークに気をつけろ。」 果たして、その言葉の意味とは?そして、この屋敷に隠された秘密とは?

    「クリムゾン・ピーク」に投稿された感想・レビュー

    てくのすけ
    てくのすけの感想・レビュー
    2016/01/17
    4.0
    なんかもうね、色んな意味で面白い。デル・トロ作品随一と言っていい映像美、メロドラマからのオカルト、怖さ少なめ痛さちょい出し、なぜか押される笑いのツボ、RPGのような武器レベルアップなど、ゴージャスでダークなゴシックホラーでありながらそれだけじゃないのです。話の流れとあまり関係ないところで「そうくるか!」「それ見せるか!」ってのが色々あってね、もうね、面白い。ニヤニヤしちゃう。

    ミア・ワシコウスカの色んな成長とか、ジェシカ・チャステインの闇の迫力とか、トム・ヒドルストンの弱ロキな感じとか、チャーリー・ハナムの醸し出すおかしさとか、世界観にハマってる以上に意外な魅力を見せる役者陣が最高すぎる。『パシリム』のあの人には笑った。
    Okn
    Oknの感想・レビュー
    10時間
    3.1

    このレビューはネタバレを含みます

    思ってたんと違ったけど
    最後の肉弾戦バトルが結構楽しく見れた
    衣装等美術が良かった
    Naoka
    Naokaの感想・レビュー
    16時間
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    ストーリーは微妙。もう理解できたことをもう一度聞かされてる気分になる。

    でもビジュアルが美しくてよかった。久しぶりにいい動きをするお化けが見れて満足。白に赤がにじむ様子も綺麗。
    レオパルド
    レオパルドの感想・レビュー
    18時間
    2.7

    このレビューはネタバレを含みます

    どこかで見たことあるようなストーリー。

    恋は盲目といいたいのか、知れば知るほど怪しさしか無いあんな男にほいほいついていくのがそもそもよくわからなかった。

    加えて片親の父が死んで即結婚するとか神経疑うし、そのお金を使いたいからよこせって言われて渡すとかどんだけいい人なのかと。ストーリーとはわかっているけどちょっとは疑うとかしないのかな、終始違和感しかなかった。

    極めつけは終盤足が折れたって言ってたよね?なんで普通に追いかけっこしてるの?聞き間違いかな?って1番シビアな場面だったのに苦笑状態でした

    よくあるストーリーをホラータッチで表現しただけの映画。恋したら人間めちゃくちゃなことでもやるんですね。

    教訓をありがとう。
    Rabi
    Rabiの感想・レビュー
    21時間
    3.2
    ストーリは ありがちな感じ。
    ただなんと言ってもトムヒ!カッコ可愛い(*´˘`*)♡
    この作品は美術面を凝ってるらしく、ドレスやスーツ 屋敷などどれもこだわりがすごい。特にイーディスのドレスに注文しながら観るとより楽しめるかも。
    姉弟愛がドロドロと溢れ出てる。
    ダミアン君に恋してる
    ダミアン君に恋してるの感想・レビュー
    3日
    4.0
    赤色が残酷で綺麗で…トム様が素敵♡

    今度は吹替えでも観てみよう。平川さん♡
    中庭
    中庭の感想・レビュー
    3日
    2.4
    ギレルモ・デル・トロ映画の人体損壊描写の偏執的な美学について考える。『パシフィック・リム』を経て、より「痛み」は遠くへと追いやられ、映画的な単なる視覚装置として見せかけの固定化を施されていく。
    マホーミー
    マホーミーの感想・レビュー
    5日
    3.5
    ルシールが1番怖い笑

    ストーリーはありがちな感じ
    fox
    foxの感想・レビュー
    5日
    3.0
    記録
    Ayaka
    Ayakaの感想・レビュー
    5日
    3.5
    21.04.17 ようやく観れた〜!まずそれだけでよかった!公開当時や最近も「トムヒの美尻」が拝めると多くの人から聞いていたので本当に観るのを楽しみにしていて。まだかまだかと前のめり気味に観てしまうほど。しかし来た!と思ったらあっという間に終了〜!あっさりと終わりすぎて、え?終わり???となってしまった。まぁこれは私が楽しみにしすぎていた結果で、拝めただけで有難いと思わないといけないですよね。うん。とっても美しかったです。私もあのお尻に触れたい(変態)

    観る前にホラーってことを知ったのだけど()これはホラーというより何だかサスペンス?とかラブロマンス?に分類されてる方がしっくりくるかも。幽霊って言われてたけどあの描き方はモンスターって呼ばれてる方がいいよね。あの血のように真っ赤に染まってふと現れる”幽霊”は苦手な人にはとことん苦手な気がした。それほど不気味というか怖い!
    終盤の姉とトムヒとミアのシーンはもう泣いた!(え?おかしい?) トムヒの美しい顔面にナイフがぶっ刺さるなんて画、観たことないよ!姉は胸元にナイフ突き刺されたのにキョロっとしててミアを苦しめるしもう精神的に狂ってる人が一番怖いよ... ミアちゃんの真っ白な美しい顔面にも傷ができて血が。
    とにかく映像が美しくて、タイトル通りに深紅(赤)ももちろん不気味で美しいんだけど、ミアが着てる鮮やかな黄色のドレスだったり屋敷のダークな黒もトムヒの白い肌、黒い衣装も出てくるもの全てが色にこだわっているようだった。

    うまくまとまっていないレビューとなったが、トムヒの美尻が拝めるので苦手じゃない人は観てみましょう。
    >|