イチロヲ

色情海女 ふんどし祭りのイチロヲのレビュー・感想・評価

色情海女 ふんどし祭り(1981年製作の映画)
3.3
絶滅の危機に貧している海女稼業を存続させるために、上京していた娘たちが生まれ故郷である房総の漁村に招聘されてくる。ギャグ路線に終始一貫しているエロバカロマンポルノ。海女シリーズ第7弾に数えられる。

寂れた村に若い娘がやって来てから行うことといえば、毎夜の宴会とアレしかない。ノホホンとした牧歌的ムードの中、村のあちこちで女優陣がオッピロゲー。古民家の畳部屋、お寺の境内、釜風呂の洗い場など、日本風情が感じられる場所でハッスルするのが、江戸時代の枕本のようで面白い。

ギャグ路線ロマンポルノの醍醐味である、「脳と下半身が直結している台詞回し」もまた全編に炸裂しており、めちゃくちゃ笑わせられる。赤ちゃんプレイのときに、射精行為のことを「水鉄砲遊びだー!」と叫ぶのには卒倒。こういう言葉選びをサラッとできてしまう大人になりたい。

タイトルの「ふんどし祭り」とは、村に伝わる子宝祈願の奇祭のこと。この手の祭りは、現在も全国各地にて開催されている。個人的には、神奈川県川崎市の「かなまら祭」に興味津々。生きているうちに一度は行ってみたい。