あも

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLDのあものレビュー・感想・評価

2.0
途中までしか見てないけれど。

まず、原作どおりのストーリーを期待していると痛い目みます。前編がわりと忠実に原作に沿っていたからこそ、後編の展開に「なんじゃこりゃ」って言うしかない。

もうシキシマ、無理。なんであんな厨二病なオリキャラ作ったの。かっこよくないってば。

どこか残念臭が漂う作品になってしまってる。
まあ映画を別物として作るにあたり、巨人の正体に独自の設定をつけたり、あれの正体が◯◯でしたみたいな展開にしたのは悪くないと思うよ。初見の人もすっきりするし、あまりややこしくする時間はないだろう。

ただ、言いたいのは、
原作未読のこの映画を観た人が「ふーん進撃の巨人ってこんな話なんだ。こんな感じね。」ってなるのが嫌だ。
全く別物だから。
原作の魅力1mmも伝わってないと思う。
そこの誤解を招きかねない今作品は、やはりバッシングを受けて当然かなぁ。