おんなのこきらいの作品情報・感想・評価

おんなのこきらい2014年製作の映画)

上映日:2015年02月14日

製作国:

上映時間:80分

3.2

あらすじ

とにかくかわいい事だけが取り柄のOLキリコ(森川葵)はかわいい食べ物を過剰摂取しては吐く、過食症の女の子。職場の男達にはちやほやされ、女の子には嫌われているが、女の子の価値は可愛いことがすべてと信じて日々を送るキリコには何も怖い物はない。 そんなキリコには、好きな人・バーで働くユウトがいる。ユウトとは友達以上、恋人未満の煮え切らない関係が続いていた。 ある日、仕事でアクセサリー作家のコウタと…

とにかくかわいい事だけが取り柄のOLキリコ(森川葵)はかわいい食べ物を過剰摂取しては吐く、過食症の女の子。職場の男達にはちやほやされ、女の子には嫌われているが、女の子の価値は可愛いことがすべてと信じて日々を送るキリコには何も怖い物はない。 そんなキリコには、好きな人・バーで働くユウトがいる。ユウトとは友達以上、恋人未満の煮え切らない関係が続いていた。 ある日、仕事でアクセサリー作家のコウタと出会う。いつも通り、媚びを売って仕事を得ようとするキリコのことをお見通しのコウタ。 最初は険悪だったキリコとコウタだったが、次第に本音をさらけ出せるような友達になっていく。 一方、ユウトの働くバーに新しく来たバイトのサヤカ。始めて会った時から、キリコはサヤカのことが気に入らない。 ユウトともぎこちない空気が流れ始めていた。そんな時、バーで働いていたケンジから「サヤカがユウトさんと付き合っていると言っている」と聞かされる。キリコは自尊心を傷つけられ、怒りと悔しさはついに爆発。そんな最悪の時に、駆けつけてくれたのはコウタだった。コウタの飾らない優しさに触れ、自分を取り戻していくキリコ。今度こそ、本当の幸せを掴みに行こうとするが…。

「おんなのこきらい」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

1.5
ショートの森川葵の可愛さ だけにこの星を捧げる
カル金

カル金の感想・評価

4.1
この映画はヤバイ、ヤバイ。
この娘に出会ったことがあるか無いかで
作品性が桁違いに変わってくる
心にドスドスくるか
まったくピンとこないか

わかってるんだけど、沼にハマってく
男も辛いだろうし

わかんないんだよ!っていう
女も辛いと思う

男女の本質をエグリ描くのが巧みな監督。

森川葵が可愛いってところが
メインのようでメインでないのがいい。
自分ツラだけです!じゃないと怖いんです!
っていってるようなもんだもんな
靴下

靴下の感想・評価

3.1
思ったより地獄みたいな映画だった
シイナ

シイナの感想・評価

3.1
チョコレート、アイスクリーム、マカロン、イチゴのショートケーキ
かわいいものみんなみんな溶けて
私の一部になればいい

ちょっと共感できるとこもあったり。
女の子って恋愛するとメンヘラになる
はる

はるの感想・評価

2.7
食べては吐き出す過食症という割にあんまりそういう描写なかったのでは…
あらすじとか見なきゃもう少し楽しめたのかも。
あとかわいい至上主義という割には同じ服が何度も見られたりカバンも常に大きいもので、もっとこだわりがある子なのでは?と思ったり。
個人的にはバンドメインで爪が甘いというか…なんだかなって感じてしまいました。
森川葵かわいい映画でした。
バンドを紹介するだけの映画かな…
そうなのかな……
衣装管理のずさんさたるや…
キャラ的にも毎日同じバッグ持ってんのはどうなん……?
デザイナーか雑誌の編集なんか分からんけど、ファイル入れるからって毎日大きい同じカバン持つ?自分が一番可愛いって前半ずっと思ってたくせに、仕事頑張っちゃう系の人なん?仕事帰りと言えど、バーとか飲み屋とか行くねんからカバン変えたくない?絶対自分が可愛いならカバンも毎日変えたくない?


18.06.22
yuta

yutaの感想・評価

3.9
かわゆすな映画
nu

nuの感想・評価

4.2
この狂い具合は最高!森川葵ちゃんのメンヘラ具合いいよ〜〜
森川葵がただただ可愛い。
そして嫌な女をやらせたらピカイチ。

個人的に『勝手にふるえてろ』の主人公より
『おんなのこきらい』の主人公の方が私は
感情移入できてみれた。

お気に入りの作品。
>|