おんなのこきらいの作品情報・感想・評価

おんなのこきらい2014年製作の映画)

上映日:2015年02月14日

製作国:

上映時間:80分

3.2

あらすじ

とにかくかわいい事だけが取り柄のOLキリコ(森川葵)はかわいい食べ物を過剰摂取しては吐く、過食症の女の子。職場の男達にはちやほやされ、女の子には嫌われているが、女の子の価値は可愛いことがすべてと信じて日々を送るキリコには何も怖い物はない。 そんなキリコには、好きな人・バーで働くユウトがいる。ユウトとは友達以上、恋人未満の煮え切らない関係が続いていた。 ある日、仕事でアクセサリー作家のコウタと出会…

とにかくかわいい事だけが取り柄のOLキリコ(森川葵)はかわいい食べ物を過剰摂取しては吐く、過食症の女の子。職場の男達にはちやほやされ、女の子には嫌われているが、女の子の価値は可愛いことがすべてと信じて日々を送るキリコには何も怖い物はない。 そんなキリコには、好きな人・バーで働くユウトがいる。ユウトとは友達以上、恋人未満の煮え切らない関係が続いていた。 ある日、仕事でアクセサリー作家のコウタと出会う。いつも通り、媚びを売って仕事を得ようとするキリコのことをお見通しのコウタ。 最初は険悪だったキリコとコウタだったが、次第に本音をさらけ出せるような友達になっていく。 一方、ユウトの働くバーに新しく来たバイトのサヤカ。始めて会った時から、キリコはサヤカのことが気に入らない。 ユウトともぎこちない空気が流れ始めていた。そんな時、バーで働いていたケンジから「サヤカがユウトさんと付き合っていると言っている」と聞かされる。キリコは自尊心を傷つけられ、怒りと悔しさはついに爆発。そんな最悪の時に、駆けつけてくれたのはコウタだった。コウタの飾らない優しさに触れ、自分を取り戻していくキリコ。今度こそ、本当の幸せを掴みに行こうとするが…。

「おんなのこきらい」に投稿された感想・評価

君はそのモンチッチみたいな髪型が似合うね
ShihoOkano

ShihoOkanoの感想・評価

2.8
森川葵ちゃんのショートヘアーはやっぱり可愛い。木口さん、最初会った時の女性に慣れてない感はどこへ…実は彼女いるし、演技だったの?その辺もやっとした。
なんにも残らなかったけど、主役の子が可愛かったので良かった。
ほんとそれだけ笑

過食症的なとこは全然わからんだった。
もっとドン引きする感じをイメージしてたけど、全体的に可愛らしくまとまってました。
食事中でも観れる系です
ぽん太

ぽん太の感想・評価

2.0
全体的にふわふわした感じで、良い感じですが何も残らない微笑ましい作品です。
何かいいことがあった時に、甘いお酒でも飲みながら、ニコニコ観るのにいいかもしれません。
過食症の大変さとかは全く描いていないので綺麗に観れます。
エンディングがピッタリで良かったです。
MaoOmata

MaoOmataの感想・評価

3.1
森川葵ちゃんは演技上手いなあ。
特に性格悪い女の子の演技がうまいなあ。

「自分のことは世界一かわいい」
そう自分がいくら思っていても
本気で自分のことを愛してくれる人が現れないと、それは「おんなのこ」の中ではただの虚栄にしかならないんだなあって。
Izumi

Izumiの感想・評価

3.4
森川葵、小顔すぎてずっと画面の遠近感狂ってた。

あと木口健太、ずっと溝端淳平だと思ってた、、、
nnh

nnhの感想・評価

4.0
現実世界のリアルな問題がいろいろ見えた。。
ユリ

ユリの感想・評価

-
公園で泣くシーンが残酷で苦しかった森川葵の鬱感がうつくしい
>|