おんなのこきらいの作品情報・感想・評価

おんなのこきらい2014年製作の映画)

上映日:2015年02月14日

製作国:

上映時間:80分

3.2

あらすじ

とにかくかわいい事だけが取り柄のOLキリコ(森川葵)はかわいい食べ物を過剰摂取しては吐く、過食症の女の子。職場の男達にはちやほやされ、女の子には嫌われているが、女の子の価値は可愛いことがすべてと信じて日々を送るキリコには何も怖い物はない。 そんなキリコには、好きな人・バーで働くユウトがいる。ユウトとは友達以上、恋人未満の煮え切らない関係が続いていた。 ある日、仕事でアクセサリー作家のコウタと…

とにかくかわいい事だけが取り柄のOLキリコ(森川葵)はかわいい食べ物を過剰摂取しては吐く、過食症の女の子。職場の男達にはちやほやされ、女の子には嫌われているが、女の子の価値は可愛いことがすべてと信じて日々を送るキリコには何も怖い物はない。 そんなキリコには、好きな人・バーで働くユウトがいる。ユウトとは友達以上、恋人未満の煮え切らない関係が続いていた。 ある日、仕事でアクセサリー作家のコウタと出会う。いつも通り、媚びを売って仕事を得ようとするキリコのことをお見通しのコウタ。 最初は険悪だったキリコとコウタだったが、次第に本音をさらけ出せるような友達になっていく。 一方、ユウトの働くバーに新しく来たバイトのサヤカ。始めて会った時から、キリコはサヤカのことが気に入らない。 ユウトともぎこちない空気が流れ始めていた。そんな時、バーで働いていたケンジから「サヤカがユウトさんと付き合っていると言っている」と聞かされる。キリコは自尊心を傷つけられ、怒りと悔しさはついに爆発。そんな最悪の時に、駆けつけてくれたのはコウタだった。コウタの飾らない優しさに触れ、自分を取り戻していくキリコ。今度こそ、本当の幸せを掴みに行こうとするが…。

「おんなのこきらい」に投稿された感想・評価

君はそのモンチッチみたいな髪型が似合うね
しんご

しんごの感想・評価

4.0
ハイクオリティのメンヘラ
ラストがまじか。ってなるけど。

寝てる相手に一声かけちゃうとことかそこで好きって言っちゃうとことか。
隙あらば好きっていっちゃうところとか。
好きな人を責める前の躊躇、ごまかされたあとの引きのはやさ。

「なにもわかんないくせに」とか
自分でもわかってないのに。

「こんなに好きなのにどうして」って相手を悪く言っちゃう

笑うときの手の位置、話してるときの顔つき、眉の上がりかたとかめちゃめちゃ見たことある。森川葵すごい。

かわいい人ってかわいいのためになんかを犠牲にしてると思ってて
同性にどっかでださいとか厳しいとか思われないと異性に傾いてもらえない人は絶対にいて
そういう人はふりまわす側だって非難されがちだけどその人もふりまわされてるのになー

ブスの人はいつも攻撃されてて
かわいい人に嫉妬してるけど
諦めてるブスより削られながらかわいいやってる人の方がダメージ大きいよ絶対。

メンヘラvsメンヘラのガチバトルが見れたのでこれはもう名作です。

メンヘラの子には
優しくて甘やかさないぜったい一線こえないこいつは俺が救うんだとか思わないあたしにはこの人しかいないとか思わせない男友達が必要。
そんなやついない。そうなりたい。
すん

すんの感想・評価

-
内容がないなと思いながら見てたけど最後の森川葵に感情移入し過ぎて泣いた、カレー鍋女は帰ってくることわかってああ言ったんやもんなあ
ちたか

ちたかの感想・評価

2.5
このくらい狂ってる女の子って大抵可愛いよな
タナカ

タナカの感想・評価

3.1
「かわいい」「かわいい」「かわいい」
女の子はそれだけで生きていけるのです
生きる価値があるのです
Maru

Maruの感想・評価

2.9
過食症とか女の子の汚いとこがリアルだった!
けどそれ以外のストーリーが特にぱっとしなかった。
朋子

朋子の感想・評価

2.5
こういう子いるよな
リアルだった笑
jury

juryの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

かわいそう。可愛いじゃなくて?

元からある程度可愛くてモテるための努力をして、思惑通りチヤホヤされてきた人には共感できるんじゃなかろうか。
逆に生まれつき美人にはわかるまい。

見下してた男にあんな風に気安くされてムカつくんだけどでもその程度の女だった自分に一番ムカつくよね。

みんな好きだけど、みんなきらい。
器用に見えて不器用。

かわいい、は使い捨ての消費物?
溢れかえってるファストフード、おいしいものだらけ代わりなんていくらでもあるのよ、だとしたらなにになれば、どうすれば、特別 なんでしょう。

最後。あの男のカレー鍋彼女。追いかけなくていいの?の後。女だから、の一言。
彼が自分の元に戻ってくること全てをわかったあの余裕の一言が、おそろしい。
一見主人公に寄り添った言葉に聞こえる事がより一層、女。
…その通り男は彼女が待ってるからと、帰るのだ。

私は、カレー鍋彼女になりたい。
まあ…生まれつきの美人でないから、願望でしかないのだけどね。
frOm

frOmの感想・評価

3.9
ふぇのたす目当て楽曲いっぱい使われててうれし!!
森川葵可愛いけどかつらっぽい短い方が好き、上目遣いがっつりしてんなあ
キリコこわい風だけど実は周りの女の方がこわい気もする
可愛い子も悩みがあるんだな
私はキリコよりさやか寄りの人間だなと思いましたね
森川葵って演技上手いよな泣く演技たまんないわ、、
木口の彼女の女だからって言葉超いい
いちご

いちごの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

森川葵ちゃんがこの作品の主人公にぴったりでした。
「わたしかわいいんで」と言ってしまうようなザ・女に嫌われるオンナ。
過食して吐いてしまう。過食症の女の子は結構どこにでもいるんじゃないかなと思います。
女の子の嫌で汚い部分を見事に表現してくれていました。
最後に男と結ばれなかったところも嘘っぽくなく、いいと思いました。最後のシーンはひとりで強く生きていくという印象を感じました。
>|