おんなのこきらいの作品情報・感想・評価

おんなのこきらい2014年製作の映画)

上映日:2015年02月14日

製作国:

上映時間:80分

3.2

あらすじ

とにかくかわいい事だけが取り柄のOLキリコ(森川葵)はかわいい食べ物を過剰摂取しては吐く、過食症の女の子。職場の男達にはちやほやされ、女の子には嫌われているが、女の子の価値は可愛いことがすべてと信じて日々を送るキリコには何も怖い物はない。 そんなキリコには、好きな人・バーで働くユウトがいる。ユウトとは友達以上、恋人未満の煮え切らない関係が続いていた。 ある日、仕事でアクセサリー作家のコウタと出会…

とにかくかわいい事だけが取り柄のOLキリコ(森川葵)はかわいい食べ物を過剰摂取しては吐く、過食症の女の子。職場の男達にはちやほやされ、女の子には嫌われているが、女の子の価値は可愛いことがすべてと信じて日々を送るキリコには何も怖い物はない。 そんなキリコには、好きな人・バーで働くユウトがいる。ユウトとは友達以上、恋人未満の煮え切らない関係が続いていた。 ある日、仕事でアクセサリー作家のコウタと出会う。いつも通り、媚びを売って仕事を得ようとするキリコのことをお見通しのコウタ。 最初は険悪だったキリコとコウタだったが、次第に本音をさらけ出せるような友達になっていく。 一方、ユウトの働くバーに新しく来たバイトのサヤカ。始めて会った時から、キリコはサヤカのことが気に入らない。 ユウトともぎこちない空気が流れ始めていた。そんな時、バーで働いていたケンジから「サヤカがユウトさんと付き合っていると言っている」と聞かされる。キリコは自尊心を傷つけられ、怒りと悔しさはついに爆発。そんな最悪の時に、駆けつけてくれたのはコウタだった。コウタの飾らない優しさに触れ、自分を取り戻していくキリコ。今度こそ、本当の幸せを掴みに行こうとするが…。

「おんなのこきらい」に投稿された感想・評価

君はそのモンチッチみたいな髪型が似合うね
たなか

たなかの感想・評価

3.2
最初はキリコに感情移入出来ひんかったけど、コウタ好きになったキリコに感情移入して辛くなった、、、。
彼女いるなら辛い時に優しくしないで!!!!!
キリコ性悪じゃない!素直でいい子!頑張れ!キリコ!!!
「可愛くて、最悪。」のキャッチコピーの割にキリコがそんなに性悪でもなかった

「わたし可愛いんで」って口に出しちゃうキリコよりも周りの女達の方が全然最悪だった
自己愛強いのはキリコに限らずみんな同じだから、それを表に出さずに攻撃する分タチ悪い感じ
キリコは性格悪いと言うより素直すぎて生きるの下手だなって感じ

ショートよりロングの方が可愛かったので、成長の表れとしての断髪だったとしても許せんかった、、、

ふぇのたすのかわいいだけじゃダメみたい、が可愛い
まぁ、、、メンヘラ映画ですかね。
最近恋してないから全然感情移入できなかったや☆
Jun

Junの感想・評価

3.2
音楽 1.5
内容 2.8
映像 3.5
森川葵 5.0
(1.5+2.8+3.5+5.0)÷4=3.2
薇纚

薇纚の感想・評価

2.8
現実によくいる女の子。

中身がなきゃほんとに愛されない

けど、こういう子は悩みが多いいんだなって思った
より

よりの感想・評価

4.0
森川葵ちゃんのキッチンで泣くシーンが凄かった。加えてずっと可愛い。女の子が、女の子であることが、好きになった。
「おんなのこきらい」
全 音楽ふぇのたすがとってもイイ!

「女の子は可愛くないとまず見てももらえないの!」って言ってる本人の人生が台無しにされて、壊し壊され
でも前向きな姿勢で今後生きてくれそうで安心しました。
Twitterで話題になっていたため見た作品だったが、ただの我儘な女の子が引っ掻き回して、最終的にしっぺ返しを食らうお話にしか見えなかった。
所謂自業自得なのでは…?
内容が薄いのに時間があるから引き伸ばしているように見える。
>|