おんなのこきらいの作品情報・感想・評価

「おんなのこきらい」に投稿された感想・評価

さ

さの感想・評価

4.0
「ありがとう」の辛さはたぶん言われた人しかわからない。
そっちを選ぶのもわかるし、自分でもそう思うし、でもどうしようもない自分のめんどくさいところとか、なんで?って思うこととか、ほんとわかってるんだけど、どうしてもめんどくさくなってしまうんだよな。
たぶん女の子は全員こんなかんじ。
辛くて、しんどくて、心臓がギュってなって死ぬかと思いました。
はたして「かわいい」は武器なのか、毒なのか。
あ

あの感想・評価

-
これは痛快!女ならわかるわかる〜って部分がたくさんあった。森川葵可愛かったな。
可愛いだけではうまくいかないという話だった。
高校のとき、Nちゃんがこの映画の半券をスマホケースに入れていた

ぶっとばすぞ
かわいいだけじゃ勝てないんだよ

優しいのが一番強いんだよ

笑ってごまかしてラーメン行こうとする流れ、これする女の子よくないね
忠告してくれる男の子は大切!
キキ

キキの感想・評価

4.2
ふぇのたすの音楽がとってもよかった!
nao

naoの感想・評価

-
アマプラで。

必要最低限でも"かわいい"を維持するのは実は相当な労力だ。

だから大抵の人は"そこそこのかわいさ"を維持していると思うけど、うっかりかわいい顔で生まれてきてしまったキリコにはそれが足枷になってしまっていたんだろう。

「女なんてかわいくなければ見てもらうことすらできないんだから」っていうキリコの主張は(極端だけど)間違ってはいない。好きな人に彼女ができたことを知って 結局顔か って思ったことだって何度もある。だけど大人になるほど相手も後腐れのなさだったり家庭的な存在だったりいろんなことを求めてくる。
そんなときに"かわいい"に注ぎ込んできた労力が水の泡になってしまうこともあって、恋愛って本当にわからない。

あの人とはタイプが合わなかったんですね、で片付けられればそれでいいけど好きになってしまった後でそんなに割りきれる人はそうそういないと思うし。
"かわいい"しか武器がないキリコも、ぶりっ子を敵視してしまうサバサバ系の女上司も、彼女がいるのにキリコを構ってしまう高山も、みんな不器用でかわいいし、なに考えてるかわからないところが人間らしかった。


ただひとつわかるのはキリコ行きつけのバーのアルバイトの女みたいなヘラヘラ笑ってのらりくらりと生きてる女が実はいちばんうまくやるってこと。
nemuiko

nemuikoの感想・評価

3.0
挿入歌が可愛くて作品とベストマッチしてた。
とてもリアリテイがあって、まるで同じクラスの女の子の恋愛をみているような気分になった。

すっかり高山と付き合える!て思ってたのに、まさか相手がいるとは思わなかった。女子の私からしたら高山が公園で言ってた「言いたいことがあるなら言えよ」的なセリフを聞いて「高山も相手がいるなら言えよー!」て思ってしまった。
高山は友達としてのつきあいだとしても、キリコが好意を持ってたのわかってたはずなのに…
お互い様だなぁ、としか…。

この後のキリコには、素の自分で恋愛してほしいな。
ずみ

ずみの感想・評価

3.0
なんとなく観たくなる映画。面白いんだけど突然始まるミュージカルみたいなのがちょっと好きじゃない
たなべ

たなべの感想・評価

3.1
りりこは共感できないけどキリコには共感してしまう、おんなのこです。
>|