りょんりょん

ディーン、君がいた瞬間のりょんりょんのレビュー・感想・評価

ディーン、君がいた瞬間(2015年製作の映画)
2.8
テアトル梅田にて鑑賞


映画自体も、映画の中の人物も、ずっとぎこちないまま終わってしまったって感じです。一体何を描こうとしていたのか、さっぱりわかりませんでした。

デハーンの演技は素晴らしいのですが、ジェームズ・ディーン自体に近付けようという努力はしてなかったように思います。それが悪かったということではありません。個人的には、もうちょっと体全体を絞っててほしかったですね。

パティンソンは、段々と自分の見せ方がうまくなってきているように思います。ここまで化けるとは。トワイライトのときは、???な演技力だったのに(笑)。