人生は小説よりも奇なり(2014年製作の映画)

Love Is Strange

上映日:2016年03月12日

製作国:
  • アメリカ
  • フランス
  • / 上映時間:94分
    監督
    アイラ・サックス
    脚本
    アイラ・サックス
    マウリシオ・ザカリーアス
    キャスト
    ジョン・リスゴー
    アルフレッド・モリナ
    マリサ・トメイ
    シャイアン・ジャクソン
    ダーレン・E・バロウズ
    チャーリー・ターハン
    クリスチャン・コールソン
    ハリエット・サンソム・ハリス
    ジョン・カラム
    マニー・ペレス
    マイケル・J・バーグ
    クリスティナ・カーク
    アンドリュー・ホークス
    あらすじ
    ぼくらは結婚して、家もお金も仕事も失った。それでもまるごと愛おしい、我らが人生! ニューヨーク、マンハッタン。39年来連れ添ってきた画家のベンと音楽教師のジョージは念願かなって結婚した。周囲の祝 福を受けて、二人の新たな生活は順調に始まるはずだったが――。同性同士の入籍が理由でジョージは仕事をクビにな り、これまで絶妙なバランスで保たれていた生活はいとも簡単に崩れてしまう。保険、年金、不動産......現実問題が次々と 押し寄せ、二人は長年暮らしたアパートメントを離れ、新婚早々に別居を余儀なくされる。社会からの根強い差別と肩身の 狭い居候生活に心が押しつぶされそうになりながら、ベンとジョージはありのままの自分を理解してくれる人がいることの幸 福に改めて気づく。そんな矢先、予期せぬ出来事が訪れる・・・

    「人生は小説よりも奇なり」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/11/16
    4.1

    このレビューはネタバレを含みます

    おじさんゲイカップルが結婚したことで職を失い、住む場所を失い離ればなれになってしまうが…という話。

    面白かった。丁寧な演出しますね、この監督。初めてアイラサックス監督の作品を見たのですが、冒頭数分で「あ、これは好きな映画だ!」と小さく心の中でガッツポーズしました。

    ポリコレなんてクソ喰らえ、みたいな時代の流れを感じるニュースをよく目にするこの頃、マイノリティの問題を考える時、
    ただ単純に「正しさ」を主張することで差別や偏見がなくなって行くのかな?どういうスタンスで向き合って行くべきなんだろう?と最近考えていました。

    この映画も一応マイノリティの恋愛を描いているのだけど、アプローチは自然体そのもの。

    声高にマイノリティの権利を主張したりしないし、彼らを追い詰める側の人間を過剰に悪者に仕立てたりもしない。
    ただただ「そばにいたいと思う人のそばにいること」について、「人生の美しさ」について語りかけてくるような作品。


    愛というわけのわからない、不思議な、だけどやたら優しい光が照らしてくれているお陰で私たちはどうにか生きていける。

    そんなことを感じさせてくれるラストシーンに、見とれてしまった。
    s
    sの感想・レビュー
    10時間
    4.0
    よくわからんけど5回くらい泣いた
    よぬ
    よぬの感想・レビュー
    18時間
    3.5
    ゲイのカップルが結婚をしたことで周囲の環境が変わり、色々なものを失くしてしまいます。同性婚が少しずつ広まりつつある世の中だけど、結婚したからって周囲の偏見がなくなるわけじゃないんですよね。それでも互いを想い合う2人はみていて優しい気持ちになれました。
    よしえ
    よしえの感想・レビュー
    1日
    3.6
    時折入ってくる綺麗な景色の映像と、クラシック音楽と、登場人物それぞれの複雑な心境とが交わって、アメリカっぽくない、繊細さを感じた映画。
    パピリア
    パピリアの感想・レビュー
    2日
    1.5
    うぅーん・・面白くなかった。
    でも、二人の愛はとってもステキだったな。
    KAZU
    KAZUの感想・レビュー
    3日
    3.5
    同性婚の難しさ
    クレイグかぁちゃん
    クレイグかぁちゃんの感想・レビュー
    6日
    3.2
    同性婚をして 幸せになるはずだったのに 数々の試練が待っていた。
    同性婚はまだまだ 認められてないんだなぁ。
    ERI
    ERIの感想・レビュー
    6日
    3.0
    カフェのBGMみたいな作品だなぁ。アメリカとフランスの合作映画で、39年連れ添った絵描きのベンと教会で音楽を教えてるジョージの2人のゲイカップルの結婚式から物語は始まる。

    祝福されていたはずなのに、結婚をきっかけにジョージは教会での仕事をなくしてしまう。そこから2人の愛おしい生活は少しずつバランスを崩して行き、その周囲との違和感や窮屈さの中で、ありのままの自分を受け入れてくれる居場所の尊さと愛を描いています。

    舞台はアメリカなんだけど、少しフランス的な間の文化が融合されて、とても詩的な作品でした。

    ベンがお世話になった甥の息子が、気になってるあの子と光の中でスケボーをエンディングはきれい。

    少し晴れた日の朝に、ゆっくり朝ごはんでも食べながらぼーっと流す映画に良いのでは。原題は、Love is Strangeだそう。
    おじくん
    おじくんの感想・レビュー
    2017/03/18
    1.8
    【あらすじ】
    NYのマンハッタン。39年間仲良く連れ添った末、同性婚の合法化を受けて晴れて結婚した、ベンとジョージのゲイの熟年カップル。幸せな新婚生活をエンジョイするはずの2人だったが、同性婚を理由に、ジョージはカトリックの学校の音楽教師の仕事を失職。経済的に追い込まれた2人は、長年一緒に住み慣れたアパートの部屋からの立ち退きを余儀なくされ、各自別々によその家に居候となって、離れ離れの日々を送るはめとなる。

    【感想】
    社会がゲイを受け入れない葛藤や苦悩がテーマかと思いましたが、周囲を巻き込んで親戚のお世話になって問題ばかり起こします。そこで被害者意識が見える態度が気に入りません。

    イイ歳したおっさんなんだから、自分達の身くらい護れる経済力がある上で結婚しろよ。笑

    何を伝えたいのか僕には理解できませんでした。
    mgmgmg
    mgmgmgの感想・レビュー
    2017/03/18
    -
    2017年3月
    >|