人生は小説よりも奇なりの作品情報・感想・評価

人生は小説よりも奇なり2014年製作の映画)

Love Is Strange

上映日:2016年03月12日

製作国:

上映時間:94分

3.5

あらすじ

ぼくらは結婚して、家もお金も仕事も失った。それでもまるごと愛おしい、我らが人生! ニューヨーク、マンハッタン。39年来連れ添ってきた画家のベンと音楽教師のジョージは念願かなって結婚した。周囲の祝 福を受けて、二人の新たな生活は順調に始まるはずだったが――。同性同士の入籍が理由でジョージは仕事をクビにな り、これまで絶妙なバランスで保たれていた生活はいとも簡単…

ぼくらは結婚して、家もお金も仕事も失った。それでもまるごと愛おしい、我らが人生! ニューヨーク、マンハッタン。39年来連れ添ってきた画家のベンと音楽教師のジョージは念願かなって結婚した。周囲の祝 福を受けて、二人の新たな生活は順調に始まるはずだったが――。同性同士の入籍が理由でジョージは仕事をクビにな り、これまで絶妙なバランスで保たれていた生活はいとも簡単に崩れてしまう。保険、年金、不動産......現実問題が次々と 押し寄せ、二人は長年暮らしたアパートメントを離れ、新婚早々に別居を余儀なくされる。社会からの根強い差別と肩身の 狭い居候生活に心が押しつぶされそうになりながら、ベンとジョージはありのままの自分を理解してくれる人がいることの幸 福に改めて気づく。そんな矢先、予期せぬ出来事が訪れる・・・

「人生は小説よりも奇なり」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

おじさんゲイカップルが結婚したことで職を失い、住む場所を失い離ればなれになってしまうが…という話。

面白かった。丁寧な演出しますね、この監督。初めてアイラサックス監督の作品を見たのですが、冒頭数分で「あ、これは好きな映画だ!」と小さく心の中でガッツポーズしました。

ポリコレなんてクソ喰らえ、みたいな時代の流れを感じるニュースをよく目にするこの頃、マイノリティの問題を考える時、
ただ単純に「正しさ」を主張することで差別や偏見がなくなって行くのかな?どういうスタンスで向き合って行くべきなんだろう?と最近考えていました。

この映画も一応マイノリティの恋愛を描いているのだけど、アプローチは自然体そのもの。

声高にマイノリティの権利を主張したりしないし、彼らを追い詰める側の人間を過剰に悪者に仕立てたりもしない。
ただただ「そばにいたいと思う人のそばにいること」について、「人生の美しさ」について語りかけてくるような作品。


愛というわけのわからない、不思議な、だけどやたら優しい光が照らしてくれているお陰で私たちはどうにか生きていける。

そんなことを感じさせてくれるラストシーンに、見とれてしまった。
Marin

Marinの感想・評価

3.0
大好きな人と結婚できた途端に、離れ離れに生活しなきゃいけないなんて悲しすぎる。だけど、パートナー39年で、あんなに愛しあえるって凄いな、、。尊敬。

なんかもう、同性愛とかわざわざそんな言葉いらなくなった気がする
kazya1129

kazya1129の感想・評価

3.3
20170817鑑賞。
奥さんセレクトの一本。ジャケットできめたようですがコメディと思って借りてきたみたいでした。
ヒューマンストーリーだとあるのかもしれませんがゲイをメインの題材としてあつかったものははじめてみました。まずこれが世間的に認知というか受け入れられている環境が驚き。主人公の一人がパートナーとの結婚が原因でクビになってますが、これはキリスト教的なものが要因だろうしパートナーが男性であることはそんなに特異ではない感じ。
親戚や友人の家での居心地の悪さとか年よりの鈍感さとかが見ていてわかるーとなりました。でも全体とおして悪人は出てこないなぁ。なんか優しい街なのかなニューヨークって。
ラストは何となく想像できてましたが音楽と合間って良い雰囲気でした。あの絵は好きだなぁ。
Kozue

Kozueの感想・評価

3.2
愛とは何か。
2011年に同性婚が法律で認められるようになったニューヨーク。39年間連れ添ってきた画家のベンと音楽教師のジョージは、これを機に入籍を果たすが、結婚によって新たな問題が起こる。
他人の偏見と身内の理解や支え、身内との間の問題、人生を取り巻く問題。
同性愛だけでなく、夫婦愛や、若者の愛も描く。いろいろな、愛と形。
長年連れ添ったパートナーとの結婚。
幸せな日常が一変する。
それでも二人は仲睦まじく生きた。
音楽も映像も二人の関係も美しかった。
ただ、このタイトルは合っているのか?
奇なり?
ジョーイがいい。
ゆったり映画なのに展開が早い
あや

あやの感想・評価

3.6
ショパン
>|