人生は小説よりも奇なりの作品情報・感想・評価

人生は小説よりも奇なり2014年製作の映画)

Love Is Strange

上映日:2016年03月12日

製作国:

上映時間:94分

3.4

あらすじ

ぼくらは結婚して、家もお金も仕事も失った。それでもまるごと愛おしい、我らが人生! ニューヨーク、マンハッタン。39年来連れ添ってきた画家のベンと音楽教師のジョージは念願かなって結婚した。周囲の祝 福を受けて、二人の新たな生活は順調に始まるはずだったが――。同性同士の入籍が理由でジョージは仕事をクビにな り、これまで絶妙なバランスで保たれていた生活はいとも簡単…

ぼくらは結婚して、家もお金も仕事も失った。それでもまるごと愛おしい、我らが人生! ニューヨーク、マンハッタン。39年来連れ添ってきた画家のベンと音楽教師のジョージは念願かなって結婚した。周囲の祝 福を受けて、二人の新たな生活は順調に始まるはずだったが――。同性同士の入籍が理由でジョージは仕事をクビにな り、これまで絶妙なバランスで保たれていた生活はいとも簡単に崩れてしまう。保険、年金、不動産......現実問題が次々と 押し寄せ、二人は長年暮らしたアパートメントを離れ、新婚早々に別居を余儀なくされる。社会からの根強い差別と肩身の 狭い居候生活に心が押しつぶされそうになりながら、ベンとジョージはありのままの自分を理解してくれる人がいることの幸 福に改めて気づく。そんな矢先、予期せぬ出来事が訪れる・・・

「人生は小説よりも奇なり」に投稿された感想・評価

machida

machidaの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

おじさんゲイカップルが結婚したことで職を失い、住む場所を失い離ればなれになってしまうが…という話。

面白かった。丁寧な演出しますね、この監督。初めてアイラサックス監督の作品を見たのですが、冒頭数分で「あ、これは好きな映画だ!」と小さく心の中でガッツポーズしました。

ポリコレなんてクソ喰らえ、みたいな時代の流れを感じるニュースをよく目にするこの頃、マイノリティの問題を考える時、
ただ単純に「正しさ」を主張することで差別や偏見がなくなって行くのかな?どういうスタンスで向き合って行くべきなんだろう?と最近考えていました。

この映画も一応マイノリティの恋愛を描いているのだけど、アプローチは自然体そのもの。

声高にマイノリティの権利を主張したりしないし、彼らを追い詰める側の人間を過剰に悪者に仕立てたりもしない。
ただただ「そばにいたいと思う人のそばにいること」について、「人生の美しさ」について語りかけてくるような作品。


愛というわけのわからない、不思議な、だけどやたら優しい光が照らしてくれているお陰で私たちはどうにか生きていける。

そんなことを感じさせてくれるラストシーンに、見とれてしまった。
きゃん

きゃんの感想・評価

3.2
2011年に同性婚が合法となったニューヨークを舞台に、念願の結婚式を挙げたゲイカップルが、結婚が原因で長年安定していた生活に変化が生じていく様子を描いた作品。もっとコメディな感じかと思ったけど、意外とシビアな内容だった。

39年連れ添ってきた画家のベンと音楽教師のジョージは念願叶って結婚する。新たな人生は順調に始まるはずだったが、同性婚が理由でジョージは勤務先をクビになってしまう。問題が次々と押し寄せ、2人は長年暮らしたアパートを離れることになり、新婚早々に別居を余儀なくされてしまう…

同性婚が法制化されたからと言って、差別や偏見が一気に減るわけではない。周囲の風当たりの冷たさにも負けずお互いを思いやり、愛し続けるベンとジョージの姿に人を愛することの素晴らしさを感じた。居候先での肩身の狭さや、離れて暮らすことの寂しさに耐えきれなくなって雨の中会いに行く姿や、小さいベットで抱き合うシーンなどラブラブすぎて可愛らしかった。39年間も一緒にいて今もあんなに仲良しって羨ましい。
親戚の男の子のラストの表情がすごい良かった。温かいラストだった。
性別なんて関係ないしおじいちゃん同士のゲイカップルでも愛があればもちろんいいと思うけどさすがに自分が寝てるベッドで寝られるのは嫌だなあwwww

この映画さ、おじいカップルの話っていうよりは周りの人たちの話だと思った。
おじいたちは偏見あったり仕事消えたりしたものの、ただ愛し合ってる幸せなやつらだよね。

ベンの「俺さ周りに人がいると仕事集中できないんだよね」は笑った、じゃあどっか行って~~~~笑

ジョーイかっこよかった、思春期。
無くして分かることとか、好きな人ができたから思うこととかあるんだろう。
ラストの彼には心惹かれました、成長。
老年ゲイカップルが親戚の家にしばらく居候する話。

ゲイカップルの居候先である長男クンの部屋がゲイゲイしい愛の巣と化してしまい、長男クンが気の毒で仕方がなかったです。笑

差別・偏見の意識は一切無いけど、ゲイカップルが自分のベッドでチュッチュイチャイチャしてたら絶対嫌だなぁ…。

長男クンの母親役は「スパイダーマン:ホームカミング」にてピーター・パーカーのおばさん役を演じたマリサ・トメイ。中年ママという役所でも超セクシー。

2年ほど前に観たもんですから、今となってはどうしてレンタルしてまで観たのか全くの謎。何ひとつ印象に残らない作品。

もっと良いLGBT映画は沢山あります。
75点
171

静かに想い合う感じが素敵だった。
ひ

ひの感想・評価

3.6
ショパンの子守唄のようなやさしいお話
お互いを思いやって愛にあふれているベンとジョージは理想のカップルだな
最後の絵もグッときた
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📀✒️📑
beallright

beallrightの感想・評価

3.7
2018年66本目
2018.04.09
#1034 記録
>|