人生は小説よりも奇なりの作品情報・感想・評価

人生は小説よりも奇なり2014年製作の映画)

Love Is Strange

上映日:2016年03月12日

製作国:

上映時間:94分

3.5

あらすじ

ぼくらは結婚して、家もお金も仕事も失った。それでもまるごと愛おしい、我らが人生! ニューヨーク、マンハッタン。39年来連れ添ってきた画家のベンと音楽教師のジョージは念願かなって結婚した。周囲の祝 福を受けて、二人の新たな生活は順調に始まるはずだったが――。同性同士の入籍が理由でジョージは仕事をクビにな り、これまで絶妙なバランスで保たれていた生活はいとも簡単…

ぼくらは結婚して、家もお金も仕事も失った。それでもまるごと愛おしい、我らが人生! ニューヨーク、マンハッタン。39年来連れ添ってきた画家のベンと音楽教師のジョージは念願かなって結婚した。周囲の祝 福を受けて、二人の新たな生活は順調に始まるはずだったが――。同性同士の入籍が理由でジョージは仕事をクビにな り、これまで絶妙なバランスで保たれていた生活はいとも簡単に崩れてしまう。保険、年金、不動産......現実問題が次々と 押し寄せ、二人は長年暮らしたアパートメントを離れ、新婚早々に別居を余儀なくされる。社会からの根強い差別と肩身の 狭い居候生活に心が押しつぶされそうになりながら、ベンとジョージはありのままの自分を理解してくれる人がいることの幸 福に改めて気づく。そんな矢先、予期せぬ出来事が訪れる・・・

「人生は小説よりも奇なり」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

おじさんゲイカップルが結婚したことで職を失い、住む場所を失い離ればなれになってしまうが…という話。

面白かった。丁寧な演出しますね、この監督。初めてアイラサックス監督の作品を見たのですが、冒頭数分で「あ、これは好きな映画だ!」と小さく心の中でガッツポーズしました。

ポリコレなんてクソ喰らえ、みたいな時代の流れを感じるニュースをよく目にするこの頃、マイノリティの問題を考える時、
ただ単純に「正しさ」を主張することで差別や偏見がなくなって行くのかな?どういうスタンスで向き合って行くべきなんだろう?と最近考えていました。

この映画も一応マイノリティの恋愛を描いているのだけど、アプローチは自然体そのもの。

声高にマイノリティの権利を主張したりしないし、彼らを追い詰める側の人間を過剰に悪者に仕立てたりもしない。
ただただ「そばにいたいと思う人のそばにいること」について、「人生の美しさ」について語りかけてくるような作品。


愛というわけのわからない、不思議な、だけどやたら優しい光が照らしてくれているお陰で私たちはどうにか生きていける。

そんなことを感じさせてくれるラストシーンに、見とれてしまった。
長年連れ添ってた初老の男性二人で結婚したのに職を失い別々に暮らすようになるお話
割と好きな感じだった。ジョーイがちゃんとおじさんの言うこと聞いてたのが最後に分かってよかったな。
はる

はるの感想・評価

2.5
無料レンタル
YT

YTの感想・評価

3.1
記録
kana

kanaの感想・評価

3.7
39年間連れ添った初老のベンとジョージ。
同性婚の合法化を受けて周囲の祝福の中、
晴れて結婚することになったのに、同性婚を
理由に仕事がクビになり2人で暮らしていた
アパートも出ていかないといけなくなる。
新しい部屋が見つかるまでそれぞれ別々に
親戚の家に居候することに…

親戚みんな優しくしてくれる…
でも居候するほうもさせてあげる方もいつも生活ペースとはやっぱり違って難しい…
でもみんな優しくて悪気はない。
71歳のベンが優しさ溢れてて居候させてもらってる立場からの、気の使い方、気配りが泣けた…
そんなに気を使わなくてもいいよ。
ご飯ゆっくり食べてね。って言ってあげたい。
ジョージも同じように暮らしてたけど、
耐えきれずベンのところに来て安心からの涙に
もらい泣き…

幸せになるための制度であったはずなのに…

去年、映画館の予告ではコメディ調だったのに全くコメディではなく優しく純粋なラブストーリーでした。ラストにびっくりで、ちょい嗚咽級でした…

ピアノで始まりピアノで終わる
ステキな映画🎹
二人のおじいちゃんの奇妙な暮らしぶりが滑稽で面白かった。
最後の展開には思わず息をのんだ。老後の生き方考えさせられた。ただ、タイトルとの関連性がよくわからなかった……
koharu

koharuの感想・評価

2.9
タイトルと内容の関連性がわからない…
Bhader

Bhaderの感想・評価

3.5
ジョン・リスゴーとアルフレッド・モリナがとてもかわいくて素敵でした。「愛についてのキンゼイ・レポート」の人と「ブギーナイツ」の人とは思えないくらい。深く愛し合っていて温かい二人の雰囲気とか、見つめ合う眼差しの優しさとか、本当に素敵でした。
ななこ

ななこの感想・評価

3.5
主人公二人の肌と感性が馴染んだ穏やかな雰囲気がとても心地よいだけに、彼らが違う環境で別居することになるのを見るのは辛かった。
通い婚とか事実婚とか夫婦の形は色々あるけど、彼らの理想の距離感と現実はすれ違った。
お互いの存在とふたりで生きていくことがかけがえのないことだと彼らと共に実感したからこそ、結末はどうしてもハッピーエンドに捉えられない
それでも自分が良いと思ったこと(彼らの場合は結婚だった)をしようという前向きなメッセージが二段ベッドで甥っ子に語りかけるシーンからラストシーンの繋がりで表される

それにしても切ないけど
>|