コングレス未来学会議の作品情報・感想・評価・動画配信

「コングレス未来学会議」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

中盤からのバッドトリップ感がすごすぎて体調に影響でた
50年後の映画を想像してみて。実名ロビン・ライトの熱演によって、彼女の役者人生を体験する?まさか!CGIキャラクターになるのは始まりに過ぎなかった化学薬品版マトリックスから楽品やアニメにまでなっちゃうのか。ミラマウント=ミラマックス+パラマウント。気づかなかったと言われ慣れた。夢と現実、虚構の世界に囚われている抜け出せなくなるように。技術の発展に伴う人の在り方にサイケデリックでドラッギーな一石を投じる。
いち麦

いち麦の感想・評価

3.0
シュールで冷たい感触のSFだった。所々に受け入れ難く引っ掛かる部分もあるしメインの展開にそれ程斬新さは感じないが良い映像シーンが幾つもあった。また実写での難しさをアニメでカバーする演出が説得力あり独特。
mymit

mymitの感想・評価

4.0
バーチャルではフィジカルには会えなかった人に会えることもあるけれど、
それよりも、バーチャルな世界はいくつにも分かれていって永遠に会えない人が増えていくといことだと分かった
saebotron

saebotronの感想・評価

4.5
社会学的な現象が描かれているけど一回見るだけじゃ分からなくて、何度も見ないといけないような作品。
アニメのクオリティも高くて見応えあり。
cov

covの感想・評価

3.9
どんなふうにアニメになるのか気になって。けっこう好きかも!
ハーヴェイカイテルが🤏伊東四朗にみえた。
みみ

みみの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

め〜〜ちゃ良かった……。導入の、役者をスキャンしてすべてCGが演技をし作品を作るというロビンに持ちかけられた契約。技術発展がどんどん進む中、役者が芝居をする意味について考えることが多々あるのでとても身につまされた。この部分、最後に人々が現実を捨てて幻想の中で生きていることと同じ様に感じる。人が人間として現実を感じながら生きていく意味ってなんだろう。
最初にネタバレを聞いてから見ていたけど、アニメと現実の切り替えにギョッとしちゃった。ぬるっと変わるじゃん……。
今でも全部は言語化出来ないけど、アニメーションのシーンがとにかく怖くて苦しくて、めちゃめちゃ不安だった。息が詰まる感じ。現実と幻想の境界がわからない。生きているのか死んでいるのかすらわからない気がした。
ずっとドキドキしながら見ていたけど、唯一、アーロンと同じになりたいって薬を吸ったシーン、あの後、空に飛び立つのがとても綺麗で。
あれだけ地上に様々なフォルムの住人たちがひしめいているのに、誰一人空を飛んでいる人がいないところも、アーロンはこの幻想が始まるずっと前から彼だけの美しい幻想の世界を生きていたのだと言われている様に感じて、余計に綺麗だと思ったのかも。
最後にアニメーションに戻って、アーロンに、彼が生きている場所に辿り着くシーン。やっぱりちょっと苦しかったけど、やっと彼に追い付けた気がしてとても愛おしく思えた。
>|

あなたにおすすめの記事