えいがドゥロヴァウ

消えた声が、その名を呼ぶのえいがドゥロヴァウのレビュー・感想・評価

消えた声が、その名を呼ぶ(2014年製作の映画)
3.9
ファティ・アキン監督
『愛より強く』『そして、私たちは愛に帰る』とあわせて「愛・死・悪の三部作」なのだそうです
間に挟まれた『ソウル・キッチン』は息抜き的な役割を果たしたというのも頷ける、濃厚な作品群ですね

1915年第一次世界大戦中のオスマン帝国で起こったとされるトルコ人によるアルメニア人の虐殺事件を背景に、憲兵に連れ去られ家族と引き裂かれた男の受難と、双子の娘たちを探す途方のない旅を描いたロードムービー

戦時の悲惨な状況が克明に写実されていくなかで
(難民キャンプ?収容所?の描写は特に凄惨です)
アルメニア人の主人公ナザレットは何度も命の危険に晒されますが
その都度、彼は人の善意によって助けられ支えられます
しかし映画は弱者として搾取されるアルメニア人の善、強者として奪うトルコ人の悪といった極性の単純化を避け
生存の危機によって剥き出しにされた人間の本質、善悪の価値判断の揺らぎやすさを捉えます
ナザレットとて例外ではなく
そこに民族や宗教、歴史を超えた業のようなものを感じ取らずにはいられません

ナザレットは首を切られたことによって声を失いながら、オスマン帝国からキューバ、アメリカへと渡ります
これは歴史の証人として声を上げられぬまま世界を転々としたアルメニア人難民たちの姿でもあります
今でもアルメニア人とトルコ人との間で虐殺の認識に差異が生じているそうですが
トルコ系ドイツ人のファティ・アキンがこの映画を撮ったという事実は、とても意義深いことのように思えますね

膨大な資料を元に製作されたとても太い骨格を持った映画ではありますが、アートフィルムのような気難しさもなく、ストーリーテリングは至極シンプルですんなりと入っていけます

ナザレットがチャップリンの『キッド』を観るシーン
これはニクいですねぇ
泣いてしまったんですが、完全にチャップリンの息子の演技に泣かされました
迫真の演技!(違う映画だけど)
また劇場は年配の方が多く、「50ドルと1年間髭剃り無料」では笑い声が上がっていました