ハングリー・ハーツの作品情報・感想・評価

ハングリー・ハーツ2014年製作の映画)

Hungry Hearts

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:109分

3.4

あらすじ

ニューヨークで運命的に出会い、恋に落ちたジュードとミナ。やがて結婚し、2人の間には可愛い男の子が産まれる。それは幸せな人生の輝かしい始まり――のはずだった。しかし息子の誕生後、独自の育て方にこだわり神経質になってゆくミナは、息子が口にするもの、触れるものに対して次第に敵意と恐怖心を露わにし始める。やがてその攻撃の矛先は、医者や友人そしてジュードの母親、更にはジュード本人にまで向けられてゆくが、彼…

ニューヨークで運命的に出会い、恋に落ちたジュードとミナ。やがて結婚し、2人の間には可愛い男の子が産まれる。それは幸せな人生の輝かしい始まり――のはずだった。しかし息子の誕生後、独自の育て方にこだわり神経質になってゆくミナは、息子が口にするもの、触れるものに対して次第に敵意と恐怖心を露わにし始める。やがてその攻撃の矛先は、医者や友人そしてジュードの母親、更にはジュード本人にまで向けられてゆくが、彼はそんな妻の異常とも取れる頑なな愛情を、何とか理解し、支えようとする。しかしその結果、息子の体が徐々に変調をきたし始めたことで、 ジュードは遂にある決断を迫られる。果たして、その答えの先に、彼らを待ち受けるものとは―。

「ハングリー・ハーツ」に投稿された感想・評価

sorararara

sorarararaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

息子への愛情が間違った方向へ行ってしまう。その母親の愛情から息子を守ろうとする父親。愛があるのにねじれていってしまう。母親を変えてしまったのは何だったのかなと思いました。
ラストはなんだか切ないです。
母親の行動を怖いなと思わせる映像(魚眼でしょうか)がマッチしていました。
アルバ・ロルヴァケルがとてもはまり役でした。
Erika

Erikaの感想・評価

3.3
冒頭の
明るいBGMと
2人のラブストーリーっぷりから
容赦なく 重苦しくなり、
他に手段はなかったのかと
胸がぎゅっとなったラスト…

狂気的に見えるミナの想いは
愛情がないわけではなく
むしろ、溢れていたからこそ
強迫観念に繋がったのかと
なんとも切なかった。
2018.05.29
#1063
え、なになに、どうしたん?と言いながら見てた。
やっほ

やっほの感想・評価

4.0
変わった?私たち家族なのよ。だったら話ぐらい…“害”を与えているのは誰だ⁉︎信じ合う前に“出来ちゃった”結婚し彼女は存在意義を見失った⁈“愛の証”が信頼を得るため計るためのまるで“道具”と化し…渇いた心が“家庭”の一線を越えた。
“銃声”を聴くしかなかったのか…。苦悩する表情を大きく映すため余計に気味が悪い印象を受けた。
カケル

カケルの感想・評価

3.8
始まりのシークエンスから考えられないほどの救いのない映画。
決して愛情がなくなっているわけでないからこその重さ、やるせなさを感じる。

カットの創り方は変化があっておもしろいがあまり好みではなかった。
それでも、中盤の赤ちゃんがお肉を吐いたを伝えるシーンは効果的で怖すぎて笑ってしまった。
75点
206

ミナがどうしてあんな風になってしまったか、もう少し観たい気がした。
yuna

yunaの感想・評価

3.5
とにかく重かった…本当に想像以上に暗い(笑)報われない話ってあるんだなって思った。ストーリーは置いておいて、アダムと赤ちゃんという組み合わせはいいね笑。それに限る。マジで重い😌
子育てのやり方、子供の成長をめぐった葛藤のお話。母の変貌を狂気と見るかどうかで感想も変わると思う。

テーマは、初めて子育てをするときに直面する、結構よくある壁だと思う。この映画の場合、とっても極端だけど。大抵は夫婦で落とし所を見つけていくんだけど、周りの人とどう繋がるかで良くも悪くもなる。

この母は孤立しすぎたね。そもそも、立派な仕事を持っていたのに辞めさせたのは夫だし、予定外の妊娠を強いたのも夫。だから、私はこの母を責められないな。姑も悪い人ではないのだろうけど、もう少し違ったサポートの仕方はなかったかなと思う。

赤ちゃんがもっとガリガリで衰弱してて、不機嫌そうだったりぐったりしてたら、また感想は変わったのかもしれない。映画のなかの赤ちゃんは結構太ってたし、元気もあったから、夫側の方が過敏になりすぎなんじゃ?って思ってしまった。

この姑役の人、「ブロークバックマウンテン」の隠れた名女優、ジャックの母でした😳
に

にの感想・評価

3.6
✔️
>|