ハングリー・ハーツの作品情報・感想・評価

ハングリー・ハーツ2014年製作の映画)

Hungry Hearts

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:109分

3.4

あらすじ

ニューヨークで運命的に出会い、恋に落ちたジュードとミナ。やがて結婚し、2人の間には可愛い男の子が産まれる。それは幸せな人生の輝かしい始まり――のはずだった。しかし息子の誕生後、独自の育て方にこだわり神経質になってゆくミナは、息子が口にするもの、触れるものに対して次第に敵意と恐怖心を露わにし始める。やがてその攻撃の矛先は、医者や友人そしてジュードの母親、更にはジュード本人にまで向けられてゆくが、彼…

ニューヨークで運命的に出会い、恋に落ちたジュードとミナ。やがて結婚し、2人の間には可愛い男の子が産まれる。それは幸せな人生の輝かしい始まり――のはずだった。しかし息子の誕生後、独自の育て方にこだわり神経質になってゆくミナは、息子が口にするもの、触れるものに対して次第に敵意と恐怖心を露わにし始める。やがてその攻撃の矛先は、医者や友人そしてジュードの母親、更にはジュード本人にまで向けられてゆくが、彼はそんな妻の異常とも取れる頑なな愛情を、何とか理解し、支えようとする。しかしその結果、息子の体が徐々に変調をきたし始めたことで、 ジュードは遂にある決断を迫られる。果たして、その答えの先に、彼らを待ち受けるものとは―。

「ハングリー・ハーツ」に投稿された感想・評価

これはやりきれん。子育てでうつになるのはわかるけど何とかならんかったかなぁと。
子供も夫もかわいそう。そして妻も姑も皆んながね。みんなの立場に立って見ると仕方がないと思うけれど。
でもま、きちんと避妊してたらよかった話だけどね。男性諸君、快楽に溺れるなかれ。あとのことまで考えましょう。

このレビューはネタバレを含みます


図らずも妊娠した為、仕事を辞め家庭に入った妻。
同時期夫は仕事で多忙。
新妻は心の穴を埋めるかのようにフラリと占い師を訪れ、お腹の子は、インディゴ(特別な子?)と告げられ
失った仕事の代替として、生まれた我が子に対し独自の食育・育児に盲信して行く…

アダム・ドライバーが妻の怪しげな言動を疎ましく思いながらも、何とか家族を守ろうと努める健気な姿と息子を抱く優しいパパの姿は素敵(*´˘`*)♡

ただ、あの状態の奥さんから、子どもを引き離して預けた先が姑の所というのが
やっぱり余計に状態を悪化させてしまったのではないかしら?
嫁姑のバトルは怖かったし、何も殺さなくても(。-_-。)

子どもにとって、最善を考えるなら
おばあちゃんがママを撃ち殺して刑務所行きより、
ママの心の病を治すべく、然るべき処置をとるのが最優先だったはず❗️

あと、ちゃんと避妊する❗️

女優さん綺麗で、使命感に取り憑かれたような鬼気迫る演技が素晴らしかった👏
torakage

torakageの感想・評価

3.4
つかみはオッケー!楽しげな映画と思いきや、
ヘタなホラー映画よりよっぽど怖かった。
深い愛情の話ではある。
meran

meranの感想・評価

3.4
ラストが意外な結末でした(^^;

コレ実際にも有り得る話なので面白かったです^ ^

夫婦での考え方の相違って恐ろしい展開を迎える事もありますね(^^;
Mii

Miiの感想・評価

3.2
正しいと思い込むことはこわいと思った。
その矛先が自分だけならまだしも。
赤ちゃんは自分で自分を守れない。
しゃべることも食べることも。
何も自分ではできない。
私はこの旦那さんはすごいと思う。
根気強くて、優しい。
話の通じない相手にここまで冷静に対応するなんて。
なかなかできないと思う。
こういう場合。
どうしたらいいの?
相手は自分の主張をするだけで。
何も聞いてはくれないし。
母親ってだけで法に守られちゃう。
証拠だ、記録だとか言うけど。
確かにそんなこと言ってる間にも事態は悪化する。
結局。
誰かしらが不幸になることでしか
解決できない気がしちゃう。
だってどう考えたって話し合いで解決できるような状態じゃない。
でも助けてくれる人もいない。
かと言って母親に愛情がないわけでもなくて。
でも子育てが楽しそうでもない。
難しい…
こういうこと。
日本でもあるんじゃないかと思う。
親子関係だけじゃなくても。
深刻な問題だ。
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

2.4
誰にでも起こりうる可能性のある出来事。
何からどこまで子供を守ろうと思うのか、
自分自身その時になってみないと分からない気がするなーと思った。
パッケージからは想定していなかったクラシックな映像とアート映画的な撮り方にまず驚いた。

サスペンスと謳っているが、現実的に普通にありそうで怖い。

夫婦なんだから少しでも意見を交換したり互いに歩み寄るべきでは、、?奥様頑固すぎ。自分の考えばかり。何のための夫婦だよ。

皆愛があるのに、方向が違っててやるせない。とりあえず言えるのは、公共機関のシステムは改善した方がいい。

何度も見返したいとか楽しいという作品ではないが、一度は観る価値はある。
ぺこ

ぺこの感想・評価

3.5
子育ての難しさは永遠のテーマ
でもこの結末は予想外でした
のめり込む事、思い込む事の恐さを痛感
親含め、夫婦どちらも子供を愛しているのは同じなのに、なんと悲しい映画。

嫁さんの心配してしまう気持ち少し共感。異常やけど。

夫の母親のしたことも共感。だって誰かがやらなければ、ってなるやろし。

夫にはほぼ全面的に共感。


これは2回目は見ることはないだろう。

なんだかなぁー、あーあ。

って気持ちになりました。

あと映画にはないが、信仰宗教にどハマりの人もこんぐらい徹底したりしてるんかなってなぜか恐くなりました。
自然派(´∀`)いき過ぎはやばい。
>|