ハングリー・ハーツの作品情報・感想・評価

ハングリー・ハーツ2014年製作の映画)

Hungry Hearts

上映日:2016年10月15日

製作国:

上映時間:109分

3.4

あらすじ

ニューヨークで運命的に出会い、恋に落ちたジュードとミナ。やがて結婚し、2人の間には可愛い男の子が産まれる。それは幸せな人生の輝かしい始まり――のはずだった。しかし息子の誕生後、独自の育て方にこだわり神経質になってゆくミナは、息子が口にするもの、触れるものに対して次第に敵意と恐怖心を露わにし始める。やがてその攻撃の矛先は、医者や友人そしてジュードの母親、更にはジュード本人にまで向けられてゆくが、彼…

ニューヨークで運命的に出会い、恋に落ちたジュードとミナ。やがて結婚し、2人の間には可愛い男の子が産まれる。それは幸せな人生の輝かしい始まり――のはずだった。しかし息子の誕生後、独自の育て方にこだわり神経質になってゆくミナは、息子が口にするもの、触れるものに対して次第に敵意と恐怖心を露わにし始める。やがてその攻撃の矛先は、医者や友人そしてジュードの母親、更にはジュード本人にまで向けられてゆくが、彼はそんな妻の異常とも取れる頑なな愛情を、何とか理解し、支えようとする。しかしその結果、息子の体が徐々に変調をきたし始めたことで、 ジュードは遂にある決断を迫られる。果たして、その答えの先に、彼らを待ち受けるものとは―。

「ハングリー・ハーツ」に投稿された感想・評価

yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.3
子は鎹にならず 釘抜きとなってしまった。愛するあまりに 悲劇となるキツイお話し。一括りに育児ノイローゼには したくない。みんなが子を思う親心で行動しただけ。冒頭から男と女の主導権バトルで始まり それぞれがどこか病んでいた。そんな中 めちゃくちゃ可愛い赤ちゃんに和む。なのに ラストまで名前がわからないまま。赤ちゃんが中心かと思っていたが どうやら大人達のエゴイズム合戦。魚眼レンズのような映像に危ない空気と緊張感を感じて 怖かった。
マキ

マキの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

日常に潜む恐怖を描いた映画だとは思いますが、私は「人はどのようにして殺人を犯すのか」という過程が気になる映画でした。もちろん、純粋なサイコパスも存在すると思いますが、9割くらいは、こういった、止むに止まれぬ事情で殺人にまで追い込まれるのではないかと、考えさせられる映画でした。もちろん、肯定ではありません。
重い

感動的なものと思ってたら、予想外に重い
Canape

Canapeの感想・評価

3.0
記録 教育方針。強迫観念。歪み。あんなにキラッキラしてたのに、子供が産まれた途端に闇を這うような毎日。みんな一生懸命で大切で守りたいだけなのに。産後の気持ちの変化や不安定さをどう家族でバランスとるかが大切なんだと思った。アルバ・ロルヴァケルが生々しくて痛々しかった。海のシーンもなんか幸せの中に寂しさが感じられて辛かった。
あのこ

あのこの感想・評価

3.4
淡々と生々しく。冒頭のキラキラさが…。ミナが別人かのようにやつれて見えて悲しくなった。誰も悪くはないけど間違えてしまった。
親の愛情は狂気に変わりうる。
母親ミナによる潔癖と菜食主義な育児が子供が餓死する可能性があるまでの悪影響を与えてしまうが、父親ジュードは子供を救うことができるのか。

ミナのような静かに狂ったキャラってあまり他の映画で見たことないですね。しかも彼女自身母親な印象が全く感じられないんです、まるで殻に閉じこもってる小さな少女のような。誰にも触られたくないぬいぐるみを抱いているよう。

そして最後の結末が意外でしたね。
ここにもテーマの繋がりがありました。

冒頭の二人のトイレに閉じ込められた馴れ初めも面白いですね。どんな意味があるのかわかりませんが笑笑

魚眼での映像もいい味出てました。

そしてwhat a feeling笑笑
なぜにこの曲笑笑
>|