きぬきぬ

シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語のきぬきぬのレビュー・感想・評価

3.5
う~ん、邦題の副題長過ぎる(苦笑)
アスラン(ライオン)という名前の10歳くらいの頑固で意志の強い眼差しが印象的。学校の白雪姫の舞台で、好きな女の子の王子様に選ばれず拗ねてるなんて子どもらしくて可愛いが、トルコ東部の彼の住む村は、決して生易しくない環境。傷ついたシ-ヴァスを助けたアスランの優しい心は、シ-ヴァスが闘犬で傷つく度に痛むかもしれないが、いずれ兄や大人たちのように、闘犬が食うために生きるには闘犬として闘うしかないという道理を受け入れたら、シビアな現実なれどやりきれなく悲しいな。

アスランが喫煙する場面で煙草にボカシ入ったみたいで、それが非常に気になる(苦笑)