西木寸

わたしに会うまでの1600キロの西木寸のレビュー・感想・評価

3.7
主人公シェリルには裏切りの過去があった...
母が好きだった私を取り戻す為、たった一人で3ヵ月間、1600キロの山道と砂漠を踏破するという無謀な旅で、人生のリセットに試みる。

色んな人と出会い、色んな光景を目にし、色んな苦難に落ち入り、色んな幸せに気づく。
そして自分の大切さにも..
あらゆる旅映画がそうであるように、この映画も旅映画たる所以、一定の面白さを担保され得る要素は盛りだくさん。
過去に何が...で興味をしっかり持続させてくれるのもグー!

しかし少し見飽きた話なのかな...というのは否めない。