まつこ

ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男のまつこのレビュー・感想・評価

3.5
アルトマネスクとはで始まる冒頭のシーンや、タイトルまでの彼の作品の題名が出てくる始まり方が何ともお洒落。

アルトマンらしさについて聞かれ答える俳優陣の顔は今も尚彼を愛し信頼し尊敬している。言葉のひとつひとつに絆を感じた。

天才はいつの時代も一歩間違えれば変人だと淘汰されるが、ホームビデオの彼はどの場面もチャーミングで素敵なおじ様だ。
このドキュメンタリーを見てから彼の作品をみると何故だかより一層愛おしく感じてしまう。他の作品を観てからまた見直したいな。


彼は映画を「砂の城」に例えた。
本気で大人が夢を形にし、いつの間にか波がそれをさらう。大地と一体化しても夢の残像は私の心に刻まれる。心地よい至福に今日も感謝でいっぱいだ。