GASS

予告犯のGASSのレビュー・感想・評価

予告犯(2015年製作の映画)
3.7
ここでの評価はあまり良く無いようですが、私は好きです。
SNS、ネット被害、ブラック企業、ニート、ネカフェ、就職難、政治家の不正、会社の不正隠しといった、現代を象徴するような問題を上手く物語に絡め、犯人の真の目的に迫っていきます。
こういった社会の問題が、映画で過剰に表現されているのか、それとも現実はもっと恐ろしいものなのかは私には分かりませんが、強烈な風刺映画になっていることは間違いありません。
この映画の続編が東山紀之の主演でWOWOWで放送されていましたが、こちらも面白いのでオススメです。