aikido

予告犯のaikidoのレビュー・感想・評価

予告犯(2015年製作の映画)
3.8
この生きにくい世の中、どんなに頑張っても這い上がれない人たち。そんな彼らでさえ、一度は希望を抱いていた。絶望した彼らが暗闇の中で見つけたのはそう、「仲間」だった
個人的にこの映画の中で窪田正孝君演じる青山が言っていた「人は誰かのためになると思えば、大きなことじゃなくても動く」というセリフに共感を覚えたね。そのセリフがこの映画の中でもキーになるわけなんだけど
あんまり言うとネタバレになるからアレなんだけど、ラストが切なすぎた。仲間のためにあそこまでやるかと(おっとっと…)最後は思わずホロリと涙がこぼれました…/ _ ;
あと、キャスティングがいいね!生田斗真をはじめ、戸田恵梨香、鈴木亮平、荒川良々、濱田岳など実力派が名を連ねている。脇役も前述の窪田君や小松菜奈ちゃん、坂口健太郎など注目の若手俳優で固めている(個人的には「東京セレソンデラックス」の宅間さんが出てるのが嬉しかった…かっこよかったし(#^.^#))
この映画にはまさに「今」が映し出されていると思った。自分のことに必死になりすぎて、みんな大事なことを忘れて毎日を過ごしている。(ほんの小さな)愛情とか、友情とか。今のような効率重視な社会だからこそ、そのようなことが見過ごされている傾向にあるのではないか。そんな世の中にこの映画は警告を呼びかけているように思えた
イケメン俳優目的でかるーい気持ちであまりこの映画を観ることはおすすめしない。それだけメッセージ性が高い映画なのだ