高慢と偏見とゾンビの作品情報・感想・評価

高慢と偏見とゾンビ2015年製作の映画)

Pride and Prejudice and Zombies

上映日:2016年09月30日

製作国:

上映時間:108分

3.5

あらすじ

18世紀イギリス、謎のウィルスが蔓延、感染したものはゾンビとなって人々を襲っていた。片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、裕福な人との結婚を夢見ながら得意のカンフーでゾンビと戦う日々を送っていた。そんなある日、屋敷の隣に、大富豪の騎士ダーシーが引っ越してくる。狂喜乱舞する姉妹だったが、次女エリザベスだけは、初対面でみせたダーシーの高慢な態度に嫌悪感を抱いていたのだ。だが、人類とゾンビの最終戦争が…

18世紀イギリス、謎のウィルスが蔓延、感染したものはゾンビとなって人々を襲っていた。片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、裕福な人との結婚を夢見ながら得意のカンフーでゾンビと戦う日々を送っていた。そんなある日、屋敷の隣に、大富豪の騎士ダーシーが引っ越してくる。狂喜乱舞する姉妹だったが、次女エリザベスだけは、初対面でみせたダーシーの高慢な態度に嫌悪感を抱いていたのだ。だが、人類とゾンビの最終戦争が勃発し、共に戦うことになった二人は、互いの偏見に徐々に気づきはじめ、やがて――。 恋愛小説の金字塔『高慢と偏見』の舞台を謎のウィルスに感染した終末世界に置き換えるという大胆な試みで話題を呼んだ、200万部を越える大ベストセラー小説が、遂に映画化!

「高慢と偏見とゾンビ」に投稿された感想・評価

よしだ

よしだの感想・評価

3.4
『高慢と偏見』読んだことないのに『高慢と偏見とゾンビ』というタイトルに惹かれて観賞。なんだこれは…予想外に面白かったです!

美人姉妹がドレスを翻して得意の武術や剣術でゾンビをバッタバッタと倒しまくるシーンにハートを撃ち抜かれました。これは爽快!強い美女+ゾンビ=100点!

原作を尊重してかちゃんと恋愛要素をあったけど、逆にそれが不必要に感じる。いっそゾンビアクションだけの方が面白かったのに。でもそれじゃ『高慢と偏見とゾンビ』じゃなくなるか…本末転倒😅
rodegin

rodeginの感想・評価

3.3
タイトルにひかれて鑑賞。
B級期待で見ると失敗でした。
普通に見る分にはそこそこでした。
NAO

NAOの感想・評価

4.0
2018.02.23 on dvd
-----------------------------------
ツンツンなリリージェームズが◎
-----------------------------------
原作未読

面白!物語、世界観、衣装、アクション見所満載、そして、リリージェームズがキュート。ゾンビ系もう飽き飽きだけど、これは前面に押し出してるわけじゃないし、逆に物語に必然性を生み出しているので◎
ハッピーエンドかつ、次に繋がるラストも良かった。
mei

meiの感想・評価

3.6
よかった!これはこれで面白い!
けろ

けろの感想・評価

3.6
原作未視聴だがキーラ・ナイトレイのプライドと偏見は以前見た。

貴族のおねーさんたちがゾンビとカンフーで戦う異色のぞんぞん映画。

この映画のゾンビは喋るしなんか知能ある?しちょっと他とは違う感じ。

エリザベスがダウントン・アビーのローズ役の人だった。

ダーシーも叔母も日本刀で戦うし怪しい日本語出てくるし謎。

ゾンビ映画の中では予算も有って良い出来だったかと思う。

最後のシーンで笑った、ハッピーエンドかと思ったら更に続きそうだ。
高慢と偏見なのか?
ゾンビを足しちゃった映画。
女性が強い。
soy

soyの感想・評価

4.0
タイトルに惹かれて見た映画。初っ端からストーリー展開がはやく驚いた。また、姉妹たちは個性があり魅力的だった。イギリスが舞台で、求婚や舞踏会など時代背景も素敵だった。(ドレスの下に武器を隠し持つのも私の好みだった。)最後の結末に驚嘆したがやはり映画はこうでなくては。と思った。
この映画は人間とゾンビが対立して戦争をしているイメージだった。ゾンビにも頭脳があり、人間と真っ向に対立しているのも面白かった。男女間の人間関係も淡々と切り替わっていき見ていてハラハラした。最後の結末からどう物語が続くのか想像するのも楽しいと思う。
ゾンビ映画だからグロ描写があるのは一般的だかこの映画はグロ描写がとても少なく誰でも見れると思う。少しゾンビ映画に興味がある。怖いのは苦手だけど挑戦してみたい。といった女性におすすめしてみたい。
まな

まなの感想・評価

3.5
ゾンビだから見た。

ナイフで切られるのは見るの苦手だけど、エリザベスは銃より剣の方が映えるので…

続編あると良いな。
>|