さやか

キャロルのさやかのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
3.8
クリスマスらしい映画でした。
キャロルの憂いを帯びた表情、振る舞いとは対照的なテレーズの少し幼く少女のような雰囲気が印象的でした。キャロルは幼い娘をテレーズに重ねていたのかもしれないと思います。

特にテレーズがYES, NOをきちんと使い分けて自分の主張を示さないために、どんどんずるずるとした、お互いに依存し合っていく関係になっていく様子が見ていて切なかったです。二人のすごく強い精神的な結びつきが感じられました。

劇中のクラシカルなファッションもとてもすてきで、それぞれの登場人物を異なる服のテイストで表現していたのも見応えがありました!いろんな面から楽しめる映画なので、見るたびに違う発見がありそうです:)