バティ

キャロルのバティのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
3.4
自分はこの作品はセクシュアリティをテーマにしたものではないように見えた。疑いを持ちながらも何かに従い、拒まれることを恐れて服従のように他者/恋人にミラーリングするテレーズはあの1950年代の女たちの象徴であるように見える。

自分を信じることが出来ず好きな写真を趣味のまま留めているテレーズがキャロルという中年女性に出会い、認証されていくことで、少しずつ、他者や社会に従うだけであった自分から抜け出していく物語と思えた。

「ブロークバックマウンテン」や「ベルベットゴールドマイン」のような同性愛者の純愛を意識せずに想像、期待していたが半分は色んな意味で裏切られた。

キャロルは奔放というよりは主婦として夫/家に従事することに限界のきていた精神疾患を患った女であり、どこかしら関係なく喫煙を嗜み、決めるや否や他者の同意を確かめることなく突き進む中々に勝手な女性である。

このキャロルにハマれるかどうかが、観客にとってこの作品が特別なものとなるかの分かれ目だ。私にはいくらか支配的な人物に見えた。自分に魅力があることを知っているような老獪ささえ感じた。

「バードピープル」でも現実世界に窒息しそうな人々が喫煙するシーンが印象的だったが、本作での喫煙もそうだ。あの50年代の男は男でなければ、女は妻でなければならない時代ならばより閉塞的に見える。

展開が平坦だったり、冒頭の時間軸が交差する演出がそれほど効いていないところなどはあるが、テレーズが象徴する自分を少しずつ獲得してラストにキャロルと対峙するシーンというのは涙は誘わないものの、まるで我々がキャロルの目線でテレーズを眺めるような感覚に陥り静かな感慨に耽っていた。

衣装もとても可愛い。