えり子

キャロルのえり子のレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
3.8
まず、音楽がわたしの好みすぎて。あれを思い返しただけでも泣けてしまう

細かい描写がすごくよかった。
わたしは同性愛のはなしとしてというよりはひとりの女性の生き方と、人を愛することみたいな大きなテーマとして観てる感覚があったかな。

最後に思ったことは、「愛する人を手放してはいけない」。こうやって言葉にするとなんか陳腐なかんじがするけど、映画を観たあとは本当に素直にこの言葉がでてきた。

大事だと思う気持ちとかこの人が必要なだとか思う気持ちは、やっぱり大事なことなんだ。これは恋愛に限らずに。その点キャロルは強い。きちんと自分と思いを、伝えたから。愛するということは、その人に対して責任をもつこと。それを怖がっていては相手も自分も幸せにはなれない

とまあ、わたしも愛とかそんな大きすぎることについては、まだぜんぜんわからないしこれからも答えが出るとも思えない。でも、今日はとりあえずこんなことを思った。し、ちょっと大事なことに気付けた気分。