トドさん

キャロルのトドさんのネタバレレビュー・内容・結末

キャロル(2015年製作の映画)
4.2

このレビューはネタバレを含みます

フィルマークスの試写会にて。

まず一言、ケイト・ブランシェットが素晴らしかった。
若い女性と人生の酸いも甘いも噛みしめた熟年女性の秘められた同性愛ドラマ。
簡単に「同性愛」と言ってしまったが、同性との親愛や情事という一つの見方だけに留まらず、今まで気づかなかった自分の側面を認めてそれと共に生きていくヒューマンドラマとしてもとても深い映画だと思います。

華々しい印象というよりは真逆で、登場人物たちや映像そのものにどことなく陰りがあって、表層的な華やかさのその奥に「何があるんだろう、何を考えてるんだろう」と考えながら見るのが楽しかったです。
終始かすかに感じるさりげない重圧感。
同性愛という題材も国際的に関心が高まっている中で、「恋愛の対象は個々の自由だ」と思う一方、それに振り回されたり、嫌悪感を示す人がいるのも現実で、興味がある人は一見の価値ありだと思います。
しかし個人的には男同士の同性愛モノに比べると、今回の女同士を扱ったモノは重々しいというか、より心情的に複雑なものを感じました。

音楽の効果もとても良かった。
特にエンドロール。ハッピーなようで根底にある複雑さ、浮き足立てない、地に足をついてないと崩壊しそうな悲壮感、でもそれでも揺らぐ理性、止まらない情熱、この映画をとても良く表現してると思いました。
音楽だけでなくエンドロールの文字の色までこだわってるなーと感心しました。



以下私なりの感想&若干ネタバレ少々。


まずケイト・ブランシェット演じる役名がいいなーと思いました。
Carroll Aird キャロル・エアード。
儚い、つかの間の幸せ、みたいなイメージ。この映画での彼女、もっと広く言うと彼女と恋仲になった人たちとの関係の終焉など、この作品を語る上で欠かせない要素を含んでるはず。

面白かったのは、「この人、もしかして...?」と自分と同じかもしれないという匂いを察知して、一気に間合いを詰めるのではなく様子を伺いながら徐々にミリ単位で距離を狭めながら濃厚さを増す関係をお互いに踏んでるところ。
なんだかやっぱり異性関での関係構築とはちょっと違うと思いました。
この過程にジリジリしつつ、心中わーきゃーしながら見てた人もいるはず 笑

もうじっくりじっくり、トロトロの弱火で煮込むような関係に引き込まれて、主人公のちょっとした表情に涙したり、シーンのひとつひとつが愛おしくて仕方がなかったです。
繊細な題材、関係性だからこそ、見てるこちらも繊細にならざるを得ないというか。
実際二人の車での西部旅、始まりの明るいトーンのクリスマスの曲の挿入は反則でした...切なすぎる。

あとケイト・ブランシェットの複雑な美。
きりっとしたクールビューティーの一面と、母親の顔、ベッドでの全てを委ねられるような包容力、統括すると男性も女性も惹かれる不思議な魅力を持った女性を好演してました。凄かった。

これは映画館でもう一度見たいです。