KUBO

キャロルのKUBOのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
3.8
ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ主演で話題の「キャロル」。妖しい魅力の貴婦人キャロル(ケイト・ブランシェット)と恋に落ちる若い女性テレーズ(ルーニー・マーラ)の物語。

まず感じたのは「ルーニー・マーラって、こんなに可愛かったっけ?」。1950年代のファッションに身を包んだ彼女はオードリー・ヘップバーンのよう! 撮影も凝っていて、雨に濡れたタクシーの窓越しに覗くルーニー・マーラの美しいこと! 惚れ惚れと見つめちゃいました。

また、ベッドシーンにも挑んだケイト・ブランシェットの妖艶な演技も、ゴールデン・グローブ賞では惜しくも受賞は逃したものの、主演女優賞にノミネートされたのも頷ける。ただ、同性愛を扱った上に、キャロルは離婚と子供の親権争いと、かなりのドロドロな状態の割には、画面はあくまで美しく、いやらしさはない。

1950年代のファッションは一回りして今の最新流行のよう。登場人物たちのそれぞれの衣装がかっこいい! 美術も、音楽も、全てがパーフェクト。2大女優の美しき共演が楽しめる作品です。