pear

キャロルのpearのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
4.3
とにかくオシャレ。
曇った車の窓からキャロルを探すシーン、二人がはじめて会い目を合わせるシーンなど、ひとつひとつがとにかくお洒落です。テレーズの可愛さもキャロルの魅力も素敵で、二人共演技がうまい!テレーズが緊張してるシーンなんてこっちもドキドキしました。キャロルが名前を何度も言うシーン、そこそこ冒頭だったと思いますが引き込まれてしまいます。
一見キャロルの夫も嫌な奴にみえてしまうけど最終的に本当に嫌なやつはこの映画にはいないなと。
テレーズが我慢できなく、電話をかけるシーンも今にでも名前を呼びたい声を出したいそんなキャロルの気持ちが手に取るようにわかり、少しだけでいいから声を聞きたいテレーズの気持ちもとにかく切なくて…
キャロルが娘の親権について最終的な話し合いをするシーンはカッコよく、母の強さを感じました。部屋から出ていくときのあの台詞は忘れないな〜。
こういうたぐいの映画の終わり方はいつも寂しく報われないようなのが多い気がするだけにラストシーンがとても良かったです。
良い作品だと思います。