Hawkwind

キャロルのHawkwindのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
3.0
どんな役でもやりまっせと言いたげな、ケイト・ブランシェットの役者根性が垣間見える作品。
女性同士恋愛という少し特殊な世界観が伝わったかというと疑問。テレーズが若い男性でも、このまま普通の恋愛映画で成り立ってしまう気がする。
ちなみに原作は『見知らぬ乗客』『太陽がいっぱい』のサスペンスの達人パトリシア・ハイスミスが、別名義で書いた長編第二作目。