いくら

キャロルのいくらのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
3.5
同性愛ではなく、自己の確立をテーマにした作品だと感じました。

自分らしくいられないパートナーとの付き合いに嫌気がさしていて、それを受け止めてくれた相手が女性だったってだけなんだなあと思いました。私もありのままの自分を受け入れてくれる誰かと一緒にいたいなあと強く感じました。

お化粧するとことか、ハンドルを変わるとことか可愛くて微笑ましかったです。欲を言うならもう少し盛り上がりがあったら見やすかったかもしれないですね。