nanocheese

キャロルのnanocheeseのレビュー・感想・評価

キャロル(2015年製作の映画)
3.9
ラストシーンは胸にきました。感動でもなく、胸が苦しくなるわけでもなく…この映画を観た時にしか湧かないであろう感情です。
2人の強さと弱さ、お互いにとっての尊さが丁寧に描かれていました。2人のcircleは、一体どれだったんだろう。
そしてキャロルもテレーズも美しいです。まるで女神と天使を観ているようで、絵的にも退屈しませんでした。
ケイトブランジェットはどうしてこうも弱い女性をうまく演じる女優さんなのでしょう。。